フィット「P2」/自動車比較・評価(ライバル比較)

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2007年記事 ホンダ フィット
著:ヒラリー男爵)

ホンダ
  • グレード:2グレード試乗
  • 型式:GD1
  • 車両価格:155万円
  • デビュー年:2001年6月

ホンダ・フィット・試乗インプレ「3」

初代ホンダ・フィット(GD型)の試乗レポート。グレードは1.3W(1300cc)がメインで一部1.5W(1500cc)が含まれています。

当ページは3ページ目です。 「実際に購入してわかった点や、ディーラーでの試乗の際にぜひともチェックしたいポイント」などを掲載中。前ページからの続きになります。


  1. 分割page - 初代フィット試乗「1-1」・試乗評価
  2. 分割page - 初代フィット試乗「1-2」・乗り心地とアフターパーツテスト
  3. このpage - 初代フィット試乗「1-3」・グレードとライバル比較
初代フィットのメーター(昼)初代フィットのメーター(夜)

他のコンパクトカーとの比較

多くの車種がある国産コンパクトカーを試乗評価してみると、コンパクトカー選びの中心になるのはやはりフィットとヴィッツ。まさに販売台数そのままです。
どの車種も長所があって大きな欠点がある。そんなコンパクトカーだから比較が面白い。以下、個人的な意見を簡単に。

ホンダホンダ・フィット :
車室内が広いしエンジンがいい。スタートでギクシャクするのと、間抜けでボテッとしたデザインが弱点。初期モデルは極悪な乗り心地もきつい。
また不自然な着座姿勢でハンドルを切るのは苦痛を感じる。トータルでは、価格と内容のバランスはもっともいい。


ホンダヴィッツ :
2代目ヴィッツは静粛性高く室内も上質。乗り心地も柔らかい。外装デザイン良し内装の質感も良し。走行性能は完全にご近所向け。スピード出すとか荒れた道を走る、飛ばすは苦手。
1000ccの3気筒モデルはエンジン厳しい。コンパクトカー選びではフィットと並び外せない選択肢。3代目ヴィッツもライバル。


ホンダマーチ :
3代目マーチはデザインが気に入れば指名買い。室内の使い勝手やクルマとしての洗練度では劣る。車重は軽く価格的にも安い。
4代目マーチはタイ生産というだけでなく、価格的にも内容的にも品質的にもちと厳しい。ボディデザインも思わず笑ってしまう事もあったり。


ホンダコルト : 
セダンライクな上質感を感じさせるデザインを持つ内装、これが一つの特徴。ノーブルな内装デザインでありながら質の高さを感じる。普遍的な上級感覚はコルトだけの特徴。
柔らかいサスはショックのフリクション大きいがゆったりしている。ターボの付いたコルトラリーアートもラインナップされる。


ホンダスイフト : 
2代目スイフトは基本的に昔ながらのコンパクトカー。至る所がチープで安さが取り柄のクルマだけど、フィットのような走りにくさはなし。デザインの似ている3代目スイフトと間違えないで下さいね。こちらのスイフト、2人乗り限定なら最高にお得。クラストップの上質感を持っています。


ホンダデミオ : 
3代目デミオはこの世代でのコンパクトカー選びの本命。意外です。私も驚いています。とにかく自然なステアフィーリング。キビキビ感では一番。それでいてフラフラしない足回りは田舎道を走る人に最適。さらにフロントシートの着座姿勢が良く圧倒的にコンパクト離れしている。
ミッションはMT、CVT、ATが選べる。車重は軽いとアピールされているほど軽くない。欠点はエンジンの静粛性が低いこととリアシートが狭いくらい。

5段階評価、注目点

エンジン質感

フィットのエンジンは1500cc、1300ccともにこのクラスでもっともスムーズ。そしてパワフル。海外のコンパクトカーを入れて比較しても文句なし。1気筒あたり2プラグといっても、片側は全然減らないので、ランニングコストは一緒。タイミングチェーン駆動で20万キロオーバーも大丈夫。エンジンは星5つ評価。

駆動系質感

ミッションはCVT、一部グレードでMTあり。CVTは基本的に人間の感覚とずれているが、ホンダのCVTは制御の感覚がまずまず良い。フィットは発進時にギクシャク、さらにもっさり変速、減速時もギクシャクするので、星2つ評価。一つは燃費の良さでオマケ。

外装質感

初代フィット最大の弱点がこのデザイン。見慣れてしまえばなんて事ないが締まりが無くて不格好。まさに人畜無害系。不格好だから愛嬌がある。それは質感という面では評価は低い。星1つ評価。

パッケージング

ボディサイズはコンパクトながら室内は広い。リアシート十分、シートアレンジも画期的。さらにはラゲッジスペースも広い。コンパクトカーで居住空間を比較すれば文句なしにフィット優勝。星5つ評価。

お買い得度

旧来的なコンパクトカーを感じさせない運転感覚、ライバルより広い車内。実用性を兼ね備えたコンパクトとして評価出来る。マイナーチェンジの度に価格は上がっていったが、それでも最大評価は変わらず。

下回りをリア側から。フィットならではの光景。 前の方にガソリンタンクが見える。

売れましたね、初代フィット

私、この記事を書いたのは2007年。しかしフィットは売れましたね。ホンダきっての大ヒットだったのではないでしょうか。やはり日本一コストパフォーマンスに優れた車だと思います。お得な買い物、これこそ買い物の楽しみを教えてくれます。

続く新型の2台目フィットは、早くも2代目プラットフォームに代わり、さらに高品質、高剛性、加速も燃費もよく、乗り心地もよくなり、駆動系もレベルアップ。初代と比較して大きく進化。早くも生まれ変わりました。こちら、2007年10月デビューです。

ホンダ2代目フィットはこちらでどうぞ。

ホンダ フィット (初代)

ホンダ

fit (フィット)

  • テストグレード:“1.3Wおよび1.5W”
  • 年式:2004y(中期)
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:155万円

当記事は「元自動車整備士」監修のもと、「ヒラリー男爵」がお届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


1500cc内装インパネ

ポテンザ
マニュアルエアコンの室内はこんな感じ。

ポテンザ

ポテンザ
リアシートステップ部分。経常的にできれば縦方向の余裕が欲しい。

全然うるさくないからご近所さまが気になることもない。メガネのガリ勉くんによく似合う、よい子ちゃんスタイル。

朝早くエンジン掛けるにしても、エンジン本体の音の方がうるさいほど。
注:イラストは系列サービスより。本文とは全く関係ありません。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。