フィット「P2」/自動車比較・乗り心地とアフターパーツ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2007年記事 ホンダ フィット
著:ヒラリー男爵)

ホンダ
  • グレード:2グレード試乗
  • 型式:GD1
  • 車両価格:155万円
  • デビュー年:2001年6月

ホンダ・フィット・試乗インプレ「2」

初代ホンダ・フィット(GD型)の試乗レポート。グレードは1.3W(1300cc)がメインで一部1.5W(1500cc)が含まれています。

当ページは2ページ目です。 「乗り心地とアフターパーツのサスペンション、ブレーキセット」などを掲載中。前ページからの続きになります。


  1. 分割page - 初代フィット試乗「1-1」・試乗評価とアフターパーツインプレ
  2. このpage - 初代フィット試乗「1-2」・乗り心地とアフターパーツテスト
  3. 分割page - 初代フィット試乗「1-3」・グレードとライバル比較
初代フィットのメーター(昼)初代フィットのメーター(夜)

コンパクトカーを忘れる内容

1クラス上のモデルと同じような車内スペースを持つフィット。「走行感覚もコンパクトカーらしさ」というよりは「上級指向」。コンパクトカーらしいご近所専用から長距離をこなせるような味付けに。

前期後期どちらのフィットに試乗しても、コンパクトカーというのを忘れるくらい不安感が少ない。クラス内で考えれば横剛性は高そうで、安心感あります。ちょっと飛ばしてみようかって気にもなります。
センタータンクレイアウトのために重心が高い?フロントより??なので、思ったほどスポーティ感はないですが、クルマは十分安定しています。多少速度を出して巡航しても問題なし。体調が悪い日でも大丈夫。適当に運転してもそれなりにまっすぐ走ってくれます。

そうそう、長距離をこなせるような味付けということで、シートは大きめ、サスペンションは固くピョコピョコ。気軽にそこまで!なんて従来のコンパクトカーらしい使い方では、ヴィッツの方が快適。とってもね。

ロゴから大きく進化

このフィット、 旧モデルとなるホンダ・ロゴとは完全に別物(ロゴはいかにも安心感なく、旧世代的コンパクト。あまり飛ばそうとは思わない)、ハンドリングに安っぽさもないです。これならばシビッククラスからの乗り換えもありではないんでしょうか。

ブレーキについて、下り坂でのブレーキングを除けば、ABSが効くようなブレーキをしても大丈夫。リアブレーキがドラムでも全く心配はいりません。

初代のトヨタ・ヴィッツを完全に凌駕してデビューした初代フィット。トヨタも負けずと後にデビューした2代目ヴィッツはそうとうがんばりましたという気概が感じられます。が、やはりフィットは凄い。内外装の演出感という部分を抜かせば、まだまだいい勝負できそうです。
特に、包まれ感、守られ感という部分では、フィットが上をいっているように感じます。

アフターパーツのダンパー比較

エナペタル・ビルシュタインフィット用として市販されている、アフターマーケットのダンパーやサスペンションキット。
ショックアブソーバー、スプリング、車高調、いくつか使ってみたのでその試乗レポートを。一部パーツは半オーダーの受注生産製品。

  • ビルシュタインOEMエナペタル製車高調・・・単筒式+ガス圧のショックアブソーバー。スムーズでありつつ初期から減衰力を発揮。こんなコンパクトカーでも質感を味わえる魔法のパーツ。3万キロでオーバーホールして性能回復(1本1万円〜2万円)。
  • クスコ車高調ZERO-1・・・上記オーバーホール期間中、乗り心地いいといわれてコレを買ってみた。減衰力は最初の2ミリはフカフカ、それ以上はカッチリ。街のり用じゃありません。
  • ショーワダンパー&バネ・・・ディーラーオプション。ホンダの営業がオススメということで、試しに付けてみた。お値段10万円くらい。まったくお話しになりません。車高もほぼ下がらず。
  • ズームローダウンバネ・・・ストローク感短いが意外と良かった。ホンダ車はショックが強すぎな事が多いので、多少バネが硬い方が動きが良く感じる。
  • ロールセンターアジャスター・・・全然変わります。
  • 無限ストラットタワーバー・・・違いわからず。
  • 無限ロアアームバー・・・違いを体感出来る。
  • その他、忘れましたので、思い出し次第...。

フィットのグレード・ベストバイ

フィットのグレードはエンジンが2種類。それぞれに装備の違うタイプが用意されます。また1500ccの「S」という特別グレードではMT仕様がラインナップ。

1300ccのグレード

  • Y 106万円 前期のみのグレード
  • A 114万円 前期のみのグレード
  • W 126万円 前期のみのグレード
  • 1.3Y 112万円 中期からのグレード
  • 1.3A 120万円 中期からのグレード
  • 1.3W 136万円 中期からのグレード
  • 1.3S 136万円 中期からのグレード

1500ccのグレード

  • 1.5T 135万円 前期のみのグレード
  • 1.5A 142万円 
  • 1.5S 151万円 MT仕様
  • 1.5W 155万円

詳しくはFITのモデル別の違いやマイナーチェンジを参照。

グレードY系は事実上の法人向け。A系がオススメ&人気グレード。キーレス&パワーウインド標準。電動格納式ミラーは付かない。1300ccのS系は外装違いだけで割高。W系はS系と同じ価格で装備充実系。オートエアコン。

フィットならではのお得感を味わいたいのならA系が一番。装備的に一般的な生活で困るようなことはないだろう。
次に、予算に問題はない。けど駐車場が狭いからコンパクトカーしか選べない。というのならW系。一クラス上のクルマと同じような快適装備が付く。

次、S系は1500ccならマニュアルミッションが選べる。しかし中途半端な印象。いわゆるなんちゃってスポーティに仕上げてはいるが所詮フィット。スポーティなクルマが欲しければ、まっとうに開発されたその手のクルマも候補に入れて考えた方がいいだろう。新車の場合は多少の予算の上積みは必要だが、中古車なら選び放題。

カードキーについて

フィットのカードキー

2003年10月の小変更で1500ccグレードにオプション設定された装備、「スマートカードキーシステム」。通常のスマートキーより便利に使えるラクラク装備です。
機能的には、愛車に近づくとドアロックが解除され、愛車から離れるとドアロックが掛かります。何の操作もいらず、自動で行われます。エンジンの始動はホンダタイプのスマートキーということで、ダミーのノブを回す仕組みです。

このカードキーは、差し込み式のキーのモデルに存在し、とても便利。形状は厚さ2ミリ位のカード型。がんばればお財布のカード入れにも何とかはいる大きさ。カードキーのデザインと質感もまずまず。

新しい装備なので多少の欠点も

  • 電池交換、工具など使わずに電池交換出来ますが、コツがいります。
  • タイトパンツのポケットに入れると、ポケットの中で折れてしまいそうな感じがします。
  • ドアロックされたのか不安になることがあります。
下回りをリア側から。フィットならではの光景。 前の方にガソリンタンクが見える。

ブレーキシステム、フロントだけ交換すると?

エンドレスのブレーキシステム

ハイグリップタイヤに交換したらブレーキシステムの交換も必須。タイヤのグリップ力を生かせなければ宝の持ち腐れですから。

しかしこのフィット、フロントディスクブレーキのリアドラムブレーキ。つまりチューニングパーツとしてのブレーキシステムに交換できるのは、フロントだけ。しょうがないんでフロントブレーキのみ、キャリパー、パッド、ローター、ブレーキホースの交換をしました。

結果、前につんのめるようになった(笑)。やっぱり、バランスの崩しすぎはいけません。FFのリアブレーキはほとんど使われていないといっても、姿勢制御という面では重要なんですね。一瞬早くリアブレーキが効いてくれることでリアが沈み込む。バイクにお乗りの方ならご存じあの感覚。

街乗りメインだと、デメリットの方が大きいからお気を付け下さい。例えば極低速時など、BMWのブレーキのようにガツンと食いつくようになります。停止直前で抜く動作が難しければ、ちょっとした急停止では同乗者がびっくりするように停止したり。日本車らしい扱いやすさはなくなります。
そのほかではランニングコスト。ブレーキパッドはすぐ減る上に高い。ローターをダメにしちゃわないように気を付けて下さいね。

ホンダ フィット (初代)

ホンダ

fit (フィット)

  • テストグレード:“1.3Wおよび1.5W”
  • 年式:2004y(中期)
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:155万円

当記事は「元自動車整備士」監修のもと、「ヒラリー男爵」がお届け致します。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



リアシートの広さはクラス1番。

イカリング
フィットのイカリング
イカリング&カーボンボンネット。フィットの定番。イカリングは何度も壊れた。

ポテンザ
ポテンザ履けばお山の大将!
なんだかんだ行ってエンドレスのブレーキシステムを生かしたくなると、このタイヤになってしまう。 価格は高いけどそれだけの価値はあると思います。


エンドレスのキャリパー。フロント強すぎ&パッドは専用品。寿命も1万キロとか。
リアがドラムブレーキのクルマは、ブレーキパッドを変えるのはフロントだけ。つまり前後でめちゃくちゃになる。
パッドをかえると非常にバランスが悪くなるのでオススメしません。

フィットに限らずコンパクトカーは全般的にリアブレーキが効いて欲しいものだから、フロントは純正が二重丸。
コルトのページにブレーキについての記事あり。

ビルシュタイン
エタペタルブランドのサスペンション。


無限のフェイクレザーシートカバー。あまりにフィッティングが良すぎるため、付けるのが大変。できればディーラーに任せる方がいい気がする。
力に自信のある男性なら問題なし。

無限のマフラー
コンパクトカーらしい軽い音が特徴。ペペペペーン。わらっちゃいけません。音量的には静か。純正に毛が生えた程度で、いわゆるアフターマーケットのマフラーとは全然違います。砲弾型のスタイルだが実際は静か。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。