アコード-セダン自動車比較と評価

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 ホンダ アコードセダン
著:ヒラリー男爵)

本田技研
  • グレード:“TLアドバンスP”
  • 型式:CU1
  • 車両価格:270万円
  • デビュー年:-

ホンダ・アコード(CU系)・試乗インプレッション

今回の辛口比較・評価評論の試乗ターゲット車は、CU系アコードセダン、2000ccモデル。グレードはTLアドバンスパッケージ。丸みを帯びた前モデルのアコードから一新、一クラス車格が上がったような外観デザインと立派な横幅を備えています。

※当サイトは辛口の試乗評価が特徴です。評論家が口に出来ないような点を強調して記載しています。


  1. このpage - アコード試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - アコード試乗「1-2」・車高調の話題や比較総評

アコードセダン&ワゴン

本田技研

「CU1&CU2」、CU系という車両型式が与えられたこのアコード。今回もセダン&ワゴンが用意され、ワゴンのサブネームはツアラー。ツアラーと言えば40歳代以上の方には惹かれる響きかもしれません。ちょっと昔にツアラーとかいうネーミングが流行りましたね〜。40歳まではまだまだ時間がありますが、なにより私も好きでした。

横幅がグッと大きくなり、室内も立派になったCU系アコードですが、ご存じの通り価格も大幅レベルアップ。デビュー当初(前期モデル)は2400ccでデビューしましたが、価格はベースグレードで270万円というプライスでした。そして売れ筋グレードで300万円級と、従来のアコードというクルマのポジションからすれば上級方向にシフトしたわけです。

その後マイナーチェンジで、多少安価となる2000ccがデビューしました。こちらの車両価格は250万円ということで前期モデルより20万円ダウンして登場。さらに値引きは十分拡大し、まあ納得の価格といえるようになりました。

今回試乗したのは、知人が購入したこの2000ccのアコードセダン。いろいろと走り回っての試乗レポートです。

アコードのポジション

アコードはミドルクラスセダンとして代々続くホンダの基幹車種。しかし小さいセダン&ワゴンのユーザーはお歳を召された方がメインのため、将来はありません。そのためかどうか知りませんが、モデルチェンジのごとに上級にシフト。ボディサイズは今回、横幅が大きくなりましたが次世代は全長だって長くなることが予想されます。

で、簡単に言えばこのアコードやスカイラインというのは、マークXになりたいクルマ。キャラクターこそ違えど黙っていても売れるアッパーミドルセダンを目指していると思われます。
(トヨタの営業は全く相手にしていませんが)
スカイラインは今やマークXを越える走りの品質感を持つほどで、レクサスISと競うようなポジションにレベルアップ。スカイラインは立派な外装に非常に高いボディ剛性感。大きいエンジンなどなどこちらも200万円級ではなくなっています。

一方アコードは、マツダのアテンザがライバルやろ?といった感じの欧州車ライクな内容で、日本人の好みは完全無視。間違ってもゆったりしたセダンじゃありません。サイズとポジションも欧州でいうところのDセグメント級というやや大きめミドルクラス。どちらかといえば日本で売る気はないような道に進んだのかもしれません(アコードが欧州で販売されているかは未確認)。

ということもあってディメンションも欧州車的。全長はやや短め。でも横幅は広め。デザイン的には優雅ではなく質実剛健そうなデザインからは余裕は感じられません。好みでなければ無駄に大きなだけとも感じられる。
華やかさより端正さ?こんな感じですがなんだかんだ言ってそんなに車格感は低くない。やはりデザインの為だけのスペースって貴重なモノだと再確認。実際に見ると格好良く見えると思います。
こんな感じ&アコードは販売されている台数が少ないから外車といえば通じてしまうかもしれません。

内装を見てみると・・・

アコード内装1

ドアを開けて乗り込めば、ドアの厚みが安心感を誘います。今まで小さいクルマに乗っていたならなおさら。そしてドアを閉める音も文句なし。いい感じです。

内装質感は250万円以上のセダンとしてみれば標準的ながらも、オデッセイなどと比較すれば質感は上。やはりミニバンとは違います。これは、相手がエスティマになってもセレナになっても一緒。

アコード灰皿

スイッチなども特別安っぽい部分はありません。グローブボックスのしっかり感はまるで欧州車のよう。

さらに、今や貴重な灰皿も付いています

インパネ液晶部

センター上部のディスプレイは、純正ナビなしタイプで付くものですが、表示されるのはエアコンの情報のみと寂しい。

マルチインフォメーションディスプレイが流行っているので、ここには燃費情報などを表示してくれれば良かったんですが、もったいないことこの上なし。ホンダのいつもの企画力からすればもっとぶっ飛んだ使いまで期待しちゃうから二重に残念。

内装色について、アコードは最廉価グレードからブラック基調。デザインは手数多く派手目ですが目障りな部分をなくている感じ。日本風にいえば、地味とか精悍とか好みによって評価が変わる部分。
他のセダンで内装色といえば、グレーやベージュがメインカラーだったりします。マークXやスカイラインと比較すれば、アコードの内装はベースグレードからブラックになのはうれしい人もいるはず。比較的多くのセダンでは、ブラック内装を選ぼうとすれば価格の高いスポーティグレードを選ばなくてはなりません。

サスペンションと乗り心地、快適性

試乗すればまず気になるのが乗り心地。乗り心地ですが、流石に引き締まっています。といっても、基本的にアタリは柔らかめ、というかショックが動いているので、振動は伝わってきますが不快感は少なめ。
ただしコレは小さいボコボコの話で、大きい段差ではかなり揺すられます。クルマが壊れないか不安になるほど、バンバン跳ねます。

このCUアコードは2台乗ったのですが、乗り心地に関して、新車の状態はアタリが強すぎ。走行距離2000キロ位のアコードツアラー(こちらはセダンではなくワゴン)ではアタリの強さが多少マイルドに。小さいボコボコではユルユルと優しく揺すられます。「タンタンタンタン」ではなく、「ヒュルヒュルヒュルヒュル」と越えていきます。段差に合わせてサスが上下する感じでしょうか。
ちなみにこれ、安っぽいクルマだと「ドコドコドコドコ」になります(笑)。同世代のオデッセイだと、「ピョコピョコピョコ」かな(笑)。

前席と後席で大きな差

フロントシートの画像

アコードはフロントシートとリアシートでまた評価が異なります。まずはフロント、スペースもあって広々なフロント席。足を放り出して楽な姿勢で座れます。シートも大きくしっかり、最近のホンダ車らしく背骨のサポートもとてもいい。さらに座面は長時間乗っても変形しにくい良いシートです。クッションはとても固いですが。

運転席および助手席、つまりフロントシートに座っていると、やっぱりハイトワゴン系とは違うね〜。クルマはやっぱりセダンだよ!なんて笑みがこぼれること間違いなし。自然に座れて長距離も苦にならず。道中きついボコボコさえなければ特に不快な面はありません。

リアシートの画像

次にリアシート、フロントシートでの満足感が一転。リアシートに乗るとコレが辛い。クルマが揺れるどころかガツンガツンときます。ちょっとのボコボコでも通過して欲しくない。リアサス固すぎ!ゆっくり走ってねってドライバーに念を飛ばします。

どれだけ跳ねるかと言えば、大きめの盛り上がりを越えようものなら、頭上に頭をぶつけます。リアシートは足下スペースも足りず、天井もいっぱいいっぱい。しかしこれは決して悪い事ではありません。アコードはフロント2人の為のクルマなんです。

全長4730ミリもあって、リアドアもリアシートもあって、余裕の2人乗り。リッチですね。

エンジンのフィール

エンジンルームエンジンは「R20A」というホンダの実用エンジン。4気筒です。特別な何かを持っているエンジンではないですが、長所として高回転の振動はほとんど感じず、流石ホンダの4気筒と感心させられます。高回転を使いたくないと感じるトヨタの4気筒エンジンとは全く違います。多分コレ、バランサーシャフト付きでしょう。

欠点は、遅い。加速力に期待してはいけません。アコードのしっかりしたボディとイメージを持って乗るからなおさらそう感じる。そして2000回転〜3000回転の間でコトコトと振動が出ます。希薄燃焼のせいかもしれませんが、常時使う回転域のため、非常に気になります。

ちなみに、助手席に乗っている分には気になりませんので、シートに伝わってくるほどの振動ではなさそうです。ペダルか、ハンドルか、フットレストか、センターコンソールか、どこか硬い部分から体に振動を感じます。

アイドリング時は、かすかに振動が伝わってきます。リアシートにも振動があります。これはトヨタ車ではもっと振動少ない場合もあり、マツダのアテンザでは同程度の振動。もしかしたら、エンジンマウントが固いのかもしれません。

結論からして、アコードを買うのはクルマに興味をお持ちの方でしょうから、せっかくアコードを買うなら2400ccのタイプSがいいでしょう。2000cc+5ATだとアクセル全開の度にため息ハフハフ。2400ccモデルだと価格は100万円アップの360万円。うほほぉと驚いてしまうコレ輸入車並みに高いので、中古で前期型の2400ccを狙う方法もありかと。

アコードのインパネアコードのメーターパネル

静粛性

静粛性はいい路面でも悪い路面でも、とりあえず静かな方と評価出来る。このクルマの所有車によれば、前期型はもっとうるさく感じたらしい。マイナーチェンジで何か変わった可能性もあるのでご注意を。
エンジン音も4気筒としては耳障りな音じゃない。ミッションもATだからCVTの嫌な音もない。ただしこれ、アコードをミドルクラスとして見た場合の評価。価格に合わせてアッパーミドルと考えると普通レベル。間違ってもクラウンのように静かじゃない

うるさいと感じる部分といえばだいたいどのクルマでもそうだが、リアシートでのタイヤの音はやはり騒音(ノイズ)といえるレベルで残っている。パターンノイズ、ロードノイズ。。。

このあたり、上質感をウリにしているアコードだけに少々残念。フロントシートではまずまずといっていい静粛性があるので、基本的にはリアシートは荷物置き場と考えてもいいかもしれない。
(忘れてました、アコードは2人乗りのクルマでした)

ディーラーで試乗される場合の試乗タイムは極小。短期決戦。リアシートは大切なゲストをお迎えする場所。後から後悔することの無いように、できればリアシートのチェックを。家族・お知り合いとディーラーを訪れてもよいですし、営業の方に運転して貰ってもいいでしょう。こうすれば、自然に試乗コースを2周できる(笑)

リアシートの静粛性をライバル他車と比較すれば、マークXクラウンはリアシートのチェックをしないで買ってもそこまで文句のないレベルといってよさそう。静粛性にプラスして広さも十分。

ホンダ アコード

本田技研

accord (アコード)セダン

  • テストグレード:“TLアドバンスP”
  • 型式:CU1
  • ミッション:5AT
  • 新車時価格:270万円

概要

  • 排気量:2000cc
  • エンジン型式:R20A
  • 車重:1490kg
  • ボディサイズ:4730/1840/1440mm
  • 発売時期:-

車両型式

  • CU1 - 2000cc
  • CU2 - 2400cc
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

アコードセダン・バッテリー詳細

アコードワゴン(ツアラー)バッテリー詳細


アコードセダン

CU1 - K24A 2400cc 2008年〜
55B24L

アコードツアラー

CW2 - R20A 2400cc 2008年〜
55B24L


アコードワゴン

CH9 - H23A 2300cc 2001年〜
55B24L

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

4気筒としてはまずまず。満点じゃないのは試乗すればわかると思います

駆動系質感 5段階評価

5ATをバカにしてはいけません。最低限許せるレベルはキープ。

足回りの質感 5段階評価

良いんだけど固すぎ。

内装の質感 5段階評価

価格なりの質感はある。

外装の質感 5段階評価

うまく品質感を出している。

快適性 5段階評価

フロントは十分快適、リアは不快。

パッケージング 5段階評価

ボディサイズの割にリアシート狭い。

欧州車感覚 5段階評価

ホントにアコード?

お買い得度 5段階評価

良いけど高い。これで200万円なら手放しで褒められた。



インパネ中央部は純正ナビがない場合はエアコンの動作表示部となる。しょうしょう寂しい。


背骨を支える部分(ランバーサポート)が張り出していて、座ると少し沈んで体にフィット。


身長172センチの筆者が運転席&助手席に座ると、リアシートの足下はこんな感じ。シートがでかいからしょうがない?


灰皿が標準装備。これだけで高級車のように感じる。サイズは小さめで入る吸い殻は7,8本くらい。


カバーが何もない。タワーバーは座面しっかり、ボルト4本でかっちり止まっている。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。