徹底試乗、ホンダCR-Z「1-3」車内スイッチ解説と快適性

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ホンダ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 ホンダ CR-Z
著:ヒラリー男爵)

ホンダ・CR-Z・試乗インプレ「3」

ホンダCR-Z(ZF1)の徹底試乗レポート。買ってみなけりゃわからないポイントや、ディーラーでの試乗の際にぜひともチェックしたいポイントなどを掲載中。前ページからの続きになります。

当ページは3ページ目です。当ページではハイブリッド比較や室内スイッチやスイッチだらけのコクピット周辺の解説をお届けしています。「コクピット解説、購入してみてわかった点」などを掲載中。


  1. 分割page - CR-Z試乗「1-1」・内装質感、売却関連など
  2. 分割page - CR-Z試乗「1-2」・エンジン、ハンドリング、ブレーキ
  3. このpage - CR-Z試乗「1-3」・コクピット解説、購入してみてわかった点
  4. 分割page - CR-Z試乗「1-4」・ハイブリッドなど比較総合
CR-Zの内装1CR-Zの内装2
ホンダ
  • グレード:“アルファ”
  • 型式:ZF1
  • 車両価格:250万円
  • デビュー年:2010年

スイッチがいっぱい、試乗前に機能を覚えるなら

CR-Zの運転席。コクピットにはスイッチがいっぱい。自動車の内装、気分を盛り上げてくれるという役割も重要です。スイッチが多いととりあえず高級に見えてしまうこの不思議。

運転席周辺のスイッチ解説

 

  • 1・走行モード切替スイッチ。上からSPORT、NORMAL、ECON。
  • 2・VSA解除スイッチ(長押し) 左隣に秘密のボタンbyガイヤの夜明け
  • 3・ドアミラーリモコンスイッチと開閉スイッチ
  • 4・照度調整(回す) 各種リセット(プッシュ)
  • 5・クルーズコントロールのスイッチ(クルーズ、キャンセル・加速・減速/セット)
  • 6・液晶表示部切り替えスイッチ(プッシュ-順送り、プッシュ-逆さ送り、プル-走行距離表示切り替え)
  • 7・マイク関連スイッチ(プッシュ-ハンズフリー出る&掛ける、プル-ナビマイク入力、プル-マイクキャンセル)
  • 8・オーディオコントロールスイッチ(プッシュx5 機能は見ればわかる)
  • 9・エアコンスイッチ
  • a・上からフロントデフォッガー、リアデフォッガー、内気外気切り替え
  • b・映像音声外部入力、12Vアクセサリーソケット

3つの走行モード

3つの走行モード最初に選べる走行モードについて。どこにでも載っているようなハナシですみません。
CR-Zには3つの走行モード(スポーツ・ノーマル・エコ)があって、インパネクラスター右側にある3つのスイッチで切り替えます。

  • ノーマルモード・・・一番基本であり走りやすいのがノーマル。パドルでマニュアルモードシフトをすると、一応固定されるが自動でも変わる。数秒触らなければ元に戻る。
  • スポーツモード・・・CVTの基本制御が500回転くらい高い回転数を利用するようになる。アクセルレスポンスが鋭くなる(気持ちだけ)。極端に早開きにはならないのでアクセル踏む感触は変わらず。加速力が若干良くなる。ステアリングが重くなる。低速では変わらぬ軽さ、60キロくらいから目に見えて重くなる。
  • エコモード・・・アクセルレスポンスが極端に悪くなる。無駄な加速が無くなるといえば無くなるが。CR-Zはノーマルの状態で十分扱いやすいので、あまり出番はなさそう。

乗り心地や快適性

バネとショックのバランスでいうと、ショックが固めなホンダらしいセッティング。ドライバーにとっては固すぎずちょうど良く、ロールスピードも遅めでまあ納得できるかもしれないが、助手席の同乗者はきついと感じると思う。そんなバランス、そんな乗り心地。

キャラクター的には、固くてストローク感がある。ちょうどサスペンション固めの欧州車のようだ。昔の欧州車ではなく最近の欧州車ね。
ストロークがあるからドタバタしづらく、またほどほどにアタリも角が取れてる。そして段差を越えるとボムッと揺すられる。胃がシェイクされる感触。筆者ヒラリー男爵、こうした乗り心地は不快に感じます。
不快だけど不思議と安っぽさはない。より高級な自動車が持ってるキャラクターに近いから

静粛性について。えっ?静粛性に関しては聞いてはいけません。アクセル踏んでいるとものすごいファンの音が聞こえてきて印象的。プロペラ戦闘機でエースを目指せ!そんな気分。

 

現代のクルマとは思えぬ弱点

CR-Z、君は昭和のクルマか!そう思えるほどどうしようもなくチープな点が2点。CR-Zを試乗しに行くときは絶対確認。できれば展示車含め複数のクルマで確認してみて下さい。

その1・ドアノブについて

ドアノブについて

ちょっとでもドアモール(ゴム)が固着していると、ドアノブがとれそうになる。強度的な不安感さえ感じる。

その2・ダッシュボード奥について

ダッシュボード奥

制振材や隙間テープで使われる「エプトシーラー」みたいな防音材が貼ってある。よく見える(視界に入る)ので減点。
さらに写真のように端は中途半端に切れている。

 

CR-Zの内装3CR-Zの内装4

実際に購入してみてわかった点

ここが良い、ここがちょっと。細かい部分でも実際に購入するとなると気になる点。気になるポイントがあったら、試乗時、実車チェック時に確認してみて下さい。

  1. 踏んでいくと、バッテリー冷却ファンか何かが、ガオ〜と回り出す。飛行機が風を切るような音だから、まるで戦闘機に乗ってるような気分に。
  2. アイドルストップは一度エンジンが止まれば、ブレーキは軽く踏んでいればいい。ハンドル動かしても鈍感。他メーカーのものよりラク
  3. バック連動でリアワイパーが動く。ワイパーゴムが切れていたらちょっと・・・。
  4. 低速時のアクセルオフはギクシャク。場合によってエンジンブレーキの効きも違う。年次改良があるので個体差かもしれないが、やっぱりホンダのCVTってちょっと・・・。
  5. センターコンソール、左足で踏ん張る部分のメッキはすぐに剥がれる。
  6. 燃費は郊外、山道、流れの良い幹線道路の距離120キロ走行で、燃費重視に走ると21キロ以上。同じ道を飛ばして走ると8キロ。どちらも車載の燃費計。
  7. 7.燃費情報の追加掲載。お台場周辺から国道357を千葉方面に走り、同じ道で帰ってくること距離60キロ走行。夜間、時速80kmペースで走ってリッター22km/L

ホンダ CR-Z

本田技研

CR-Z

  • 試乗グレード:“アルファ”
  • ミッション:CVT
  • 年式:平成23年
  • 新車時価格:250万円

当記事は「元自動車整備士」「ヒラリー男爵」が お届けさせて頂きます。
元自動車整備士ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー


走行モードの切り替えはメーター右部分。エコノミー、ノーマル、スポーツモード。パワー感とCVTの制御違いだけでなく、パワーステアリングのアシスト量も変化する。

ドアノブについて
ダッシュボード奥

リア視界
リア視界。リアの視界は想像ほど悪くない。邪魔なフレームがあるが、ちょうど大きなリアウイングが付いている様な感じ。背丈のある荷物を積むのなら、ノッチバックの方が後ろは見やすい。

ゴルフバッグ
ゴルフバッグ
日常的なお買い物くらいはこなしてくれると表現したいラゲッジスペース。クーペらしくトランクフロアは高い。

ゴルフバッグ
リアシートをたたむとゴルフバッグを積むことができる。カタログには3つ入ると書いてあるが、練習用バッグなら2つが現実的なところ。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。