ジュリエッタ-19014試乗記P3・TCTやリアシート評価など

自動車購入のための評価評論・中古車購入の比較ガイド
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2012年記事 アルファ・ジュリエッタ
著:ヒラリー男爵)

アルファロメオ ジュリエッタ・試乗インプレ「3」

辛口比較・評価評論の試乗レポート、インプレッション。アルファロメオ(イタリア)のCセグメント「ジュリエッタ」。独特のデザインが大きな魅力のアッパーコンパクトです。車両価格は318〜388万円。スポーティテイストも備え、3ペダルMTモデルもラインナップ。前ページからの続きです。

当ページは3ページ目です。「リアシートやラゲッジ比較、総評」などを掲載中。

アルファロメオ
  • グレード:2グレード試乗
  • 型式:94014
  • 車両価格:318万円&388万円
  • デビュー年:2012年2月
  1. 分割page - ジュリエッタ試乗「1-1」・スプリントと内装
  2. 分割page - ジュリエッタ試乗「1-2」・クアドリフォリオ ヴェルデ
  3. このpage - ジュリエッタ試乗「1-2」・リアシートやラゲッジ比較、総評
このページは簡単な試乗による簡単な試乗レポート、プチインプレッションです

試乗内容は限定的。第一印象重視でフレッシュな、より一般的な印象を言葉に出来るよう心がけています。

試乗:リアシートとラゲッジ

リアシートの居住性について、足下のスペースはあまり問題なし。ちょうど人が集まり、男4人でドライブしてみました。当然ビッグセダンのような広さはないが、大人4人でもそれなりにドライブを楽しめる。
気になる点と言えば、頭上のスペース。リアシートに座ると車体上部がけっこう絞られている事に気付く。乗り降りの際も頭をぶつけないか注意する必要がある。ジュリエッタとはできればまあ、パーソナルな間柄でいた方がいいみたいだけど、ジュリエッタの名誉のためにいえば頭の部分の内装がえぐられており、日本車のような気配りがされている。

シートに関しては座面が柔らかめで、ドイツ車のような硬さはない。例えばゴルフなどはパンパンのパンパンだが、それと比較するまでもなく、スゥーと体の中心が沈み込む。
乗り心地に関してもシートと同じ傾向で、柔らかめ。4人乗ればフルバンプしたような感覚さえ味わえるほど。柔らかさからくる快適さはスポーティグレードのクアドリフォリオ ヴェルデでも一緒。ちょっとした段差を越えただけで不快な日本のスポーティグレードとは全然違い、またゴルフGTIにない乗り味は、リアシートに大切なゲストをお迎えする際にも問題になることはなさそうだ。

Bセグ/Cセグメントの欧州車と比較すれば

※VWも7型ゴルフではだいぶフレンドリーなシートになりました。ポロはあんまり座れない。

※BMW1シリーズ、狭いけど座りやすい。ご参考にどうぞ。

ラゲッジスペースについて

リアドア(ハッチ)は電磁式。VWのように中央のエンブレムの部分がスイッチ。知っていればなんてことないんだけど私、数回ジュリエッタのハッチにアタックしているが、スマートに開けられたことは一度もなし。いつも知人に開けて貰っています。このハッチを開けるノブはちょっと使いにくいので、試乗時アレ?と思ったらディーラーマンに開けて貰うのが吉。

めでたくハッチを開けられれば、まずまずの奥行きを持つラゲッジスペースが出てくる。奥行きは手寸で80センチくらい(ものすご〜く不確実)。横幅については若干サスペンションの張り出しが大きいのと、内張の隙間に余裕があることもあり、国産車でいえば5ナンバー車くらいの感覚。

それからもう一つ。開けるのに躓いたハッチだけど、実は閉めるのにも問題がある。ジュリエッタのハッチはあまりに高く上がる。まるでフルサイズSUVのよう。だから手が届きにくく閉めにくい。走行距離1000キロくらいのクルマだと重さと反力もけっこうある。つまり、高さがある上に反力が強いんです。
身長172センチの筆者でなんとか問題ない程度で、贅沢言えば「シークレットブーツ」が欲しくなる。もしくは「背が伸びるパンツ」とか身長168センチの男性だと内側の取っ手を使う必要がある。

ミト、アルファならこちらも

せっかくアルファロメオを試乗しに行くなら、一回りコンパクトな「ミト」もぜひチェックを。こちらは全長4メートルのリアシートを使わない人向けコンパクトカー。

エクステリアに関してこのミトもジュリエッタと一緒で、写真ではなく実物を見ると全然違う。写真で気に入らなくても実際に見れば気に入る可能性も大。ジュリエッタほどセクシーな広がりはなくとも、ミトの方がより自然にまとまっており、それでいてパッと見のインパクトもなかなかのもの。

わかりやすいグレード名

ジュリエッタと比較すれば各部の質感は落ちるので、大きい方が立派なのはイタリア車も一緒。ただしこのミト、車両価格的には278万円〜となっており、意外と割安感はない。ジュリエッタとはざっと40万円差だから、どちらでもお好みで選べるといっていい価格設定。ただお得感という面で見ればジュリエッタの方が若干オトクかな。

ミトのグレード名はジュリエッタと共通でベーシックグレードから「スプリント」、「コンペティツィオーネ」、「クアドリフォリオ ヴェルデ」となっており、クアドリフォリオ ヴェルデがMT仕様になるのも一緒。このわかりやすさは初めての輸入車試乗でもわかりやすくて良いですね。

電装品は日本ブランド多数か

とても密度の濃いカー用品のテストを行っているHPで、「fireroadster」というHPがあります。当サイトは2000年〜公開ですが、こちらはもっと長いかもというほど歴史もあるHP。
そんな「fireroadster」の管理者様はツイッターを公開していて、貴重な知識を掲載されています。

そこでミトの電装品について、筆者も勉強させて頂きました。エアコン-日本電装、発電機-日本電装、スターター、エンジン制御-BOSCH。らしいです。イタリア車すごいじゃないですか。これなら信頼性だって安心できます。
注:私などよりよほど信用出来る管理者様です。

ミッションのTCT、エンジンのマルチエアについて

アルファを始めFIATグループでいわれる固有名称。馴染みが薄い方もいらっしゃると思いますので簡単に。

TCTについて

ミッションのTCT、「Twin Clutch Technology」の略。ツインクラッチテクノロジー。お馴染みのある単語の組み合わせですね。いわゆるDCT、デュアルクラッチと呼ばれる仲間で、2ペダルMTの新しいタイプ。自動でクラッチが動作するマニュアルトランスミッションで、クラッチペダルもありません。
ドライバーは状況に応じて自動変速モードと、手動変速モードが選択できる。

面白いハナシとして、ミッションの形式名称からも中身はMTだということがわかる。なんとTCTもMTもミッション単体の形式が同じらしい。変速段数と許容最大トルクを組み合わせた名称とのこと。生産性の面からも同じラインを利用できればコスト削減に貢献か。アルファといえどコストは重要ですね。

ジュリエッタは6速。試乗した印象としては発進時にガツンとショックがくることがある。VWの7速DSGと比較しても半クラッチが短めのような印象。詳しくは別項目にて。

マルチエアについて

マルチエアとは、エンジンに関するシステムの名称。ロスを減らして効率をアップさせる注目の技術で、他メーカーでも燃費向上のために行っている技術のFIATバージョンです。

筆者が認識しているメリットとしては、カムシャフトを1本にしてロス削減。スロットルの開閉時間を増やしてボンピングロスの低減
昔はアクセル全開にするとスロットルバラフライも全開で、中間域ではスロットルバラフライは単に抵抗を作っているだけでした。マルチエアでは出力の調整に電子制御スロットルとバルブの開閉タイミング、開く量、さらに開く時間を変化させることが可能でコントロールしているらしい。

技術はどれもカタログスペックでは素晴らしく感じてしまいます。映画の予告編が期待を抱かせるのと一緒かな。しかしユーザーからすれば大事なのは走行性能や経済性の高さという実感出来るメリット。これが重要だと思います。
ジュリエッタのエンジン、昔のアルファのエンジンのような独特な感じは影を潜めた。上記TCTと合わせ運転しやすくなった。脳天まで突き上げるようなノイズもなく、マフラーの方がうるさいくらい。それこそ色気と評価されるような何かは、唐突ともいえるようなアクセレーションによって表現されていると感じる。


総評

イタリア車としてのイメージを覆すような質感を持つジュリエッタ。300万円級のクルマとしてどこもそれなりに良くできていると感じます。
エクステリアのデザインについては好みはあるにせよ、実車を見れば想像以上の優雅さを感じさせてくれます。柔らかく複雑な面構成は、カタログ上のボディサイズ重視の日本車とは違った美しさを持ち、アルファロメオというブランドを抜きにしても「いいデザインだね」と感じます。注目はフロントマスクではなく、ボディ全体の優雅な曲線美。きりっとシャープで質感を感じるフランス車も良いけど、アルファならセクシーさを感じることができちゃう

ボディデザインについてはぜひ実車を見て評価して下さい。出来れば自然光の下がベスト。そうすると、写真を見たときには「変わり者」としか感じなかったそれが全然違って見えてきます。
ジュリエッタに限らず立体感の強いデザインを持つクルマでは総じてそんな傾向が。

一言で表せば

総合すれば、ジュリエッタ最大の特徴と言えるスタイリング・デザインが気に入れば内容は文句なし。いやデザインの為に我慢することがないクルマ。それがジュリエッタ。何と言ってもクアドリだって、想像するよりよほど快適に走ってくれる。もちろん、クイックなギアレシオのステアリングとかクラッチとか、国産車とは違った文化も感じさせてくれるから、しばらく新鮮な気持ちで運転出来ると思う。

Cセグメントといえば基本はゴルフですが、ゴルフは例えGTIでも地味すぎ。いくら良いモノでも地味なモノはイヤという考え方は筆者も大賛成
クルマを実用品に限定して待ってはあまりにつまらない。毎日のお供でありつつファッションの一部でもあり、場合によっては趣味だったり生活の中心だったり。筆者はジュリエッタ購入したらサイバーなプロテクターで個性を出し、ホテルでお食事に。アルファが似合うのってスーツだけじゃないよね。楽しみ広がりますよコレ。

普通が一番!なんて考え方はぶっ倒れる直前までしまっておいて、思うがままのクルマ選び。最高に楽しいハズ。

アルファ ジュリエッタ

アルファロメオ

Giulietta (ジュリエッタ)

試乗モデル1 スプリント

  • グレード1:”スプリント”
  • ミッション:2ペダルMT
  • 車重:1400kg
  • 価格:318万円

試乗モデル2 クアドリ

  • グレード2:”クアドリフォリオ ヴェルデ”
  • ミッション:3ペダルMT
  • 車重:1440kg
  • 価格:388万円

当記事は「ヒラリー」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー



走行モード切替スイッチ。通称D.N.A.スイッチ。最大ブースト圧も変わる模様。扱いやすいのはノーマル。


ETC車載器にもアルファロメオのロゴが!価格は未確認。三菱製とのこと。



オプションで用意される純正エアロ。欧州のスポーティハッチの雰囲気。


質感はまずまず。扱いやすさ、アクセレーションは刺激的。クアドリフォリオ ヴェルデのパワーユニット。


同じアルファロメオのミト。よりコンパクトなモデルをお望みならこちら。リアドアはなし。価格は292万円〜328万円。単純にお買い得度で比較すれば、ジュリエッタの方が高い。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。