FIAT500-31209試乗記・ツインエアスポーツ

メーカー「FIAT」評価と中古車購入の比較ガイド
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
 

(2013年記事 FIAT500
著:ヒラリー男爵)

FIAT
  • グレード:”ツインエアスポーツ”
  • 型式:31209
  • 車両価格:230万円
  • デビュー年:2011年3月

FIAT500・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。辛口比較・評価評論の試乗レポート、試乗車はFIAT(イタリア)のコンパクト「500」通称FIAT500です。車名=500=チンクエチェント。グレードはツインエアスポーツ

500は、実は発売当時に新車ディーラーで試乗。そして今回、知人から1週間ほどこの500を借りることができたので、試乗チェックを行いました。グレードは2気筒ツインエアのスポーツという特別仕様車です。


  1. このpage - FIAT500試乗「1-1」・クルマの特徴とエンジンフィール
  2. 分割page - FIAT500試乗「1-2」・ハンドリングや乗り心地
  3. 分割page - FIAT500試乗「1-3」・ミッションの印象と選択

※アバルト500はこちら!チューンドモデル・アバルト500試乗レポ お値段290万円。

FIAT500の室内1FIAT500の室内2

500の特徴を一言で言うと・・・

FIAT500内装

2013年初期の感覚で言うと、とにかく個性いっぱいなFIAT500。何がそんなに個性的かといえば、まずエンジン。そして着座位置などからくる走行感覚。そしてエクステリアデザイン

自動車評論家の皆様なんかはこのFIAT500の事を「味がある」なんて表現してますけど、平たく言えば個性的。味があるって言葉はダメだけど積極的にダメじゃない時なんかにも使われていると思います。

ではこんなFIAT500の特徴を一言でいうと、
「ポンコツなコンパクトカーの楽しみを、洗練された内外装の外車で楽しめる」

初めて試乗した時から、このポンコツ感が楽しい!とずっと思ってたわけですが、やっぱりそうなんです。着座姿勢は思いっきりアップライトで超コンパクト、見える景色には昭和のフィルターが掛かる。そしてハンドル切れば驚くほど早くからキーキーいうし、自動のシフトチェンジはがっこんがっこん。

思わず笑っちゃうこと間違いありません!ならではの特徴を満載した自動車で、発売後2年が経過しても同じようなクルマがほかにない、とっても個性的なクルマ。いやほんと、500が好きなら500しかないというほど個性溢れるクルマです。

ポンコツの楽しみあり、でも周りから見れば高価なクルマ

ラゲッジマット上記で触れたポンコツのコンパクトカー、昔ながらのコンパクトカーの楽しさ、それなりに長くクルマにお乗りの方なら、この意味がわかって頂けるでしょう。

ただしそんなポンコツを所有しても、所有する喜びはゼロ、ゴミと言われること間違いなし。つまり惨めな気持ち満点でポンコツを所有するしかないんですが、FIAT500はここが違います。

そうです、500なら、周りから見れば立派なセカンドカーに見え、内装も外装も十分立派。ポンコツと違って洗練されてます。これをゴミって言う人はまずいないでしょう。本国ではわかりませんが。

だから、多少の優越感を感じながらも、昭和のポンコツを味わえる。貴重な貴重な一台。

洗練されてる部分ってどこ?

外から見てわかる洗練と、ドライバーも感じる洗練された部分がある。具体的には下記の通り。

ボディデザインが優雅

具体的に言えば、無駄を承知の余裕あるボディデザイン。室内スペースよりデザインを優先しているのはパッと見でもわかり、ここに無駄があるから余裕を感じる。コンパクトだからときっぱり割り切って、だからこそのデザインは国産車ではなかなかない。ビンボー臭を感じません。この辺りが周囲に立派さを感じさせます。

国産車だと例えばフィット、また例えば軽自動車。そりゃ想像以上の室内スペースはコンパクト1台でどこでも行けちゃうお得さはあるけれど・・・。実際安いわけだからビンボー臭さ満点ですわ。これらは移動できればいいだけの電車と一緒。FIAT500を選べる余裕に憧れるはずです。

クラスを越えたリッチな内装

FIAT500の内装メーター2

写真で見る分にはなんてことないインパネに見えるけど、実際に見ればなぜか立派に見える。センタークラスターにはスイッチも多いが、品良く並び、ドア内張なんかは平面的にならないよう、内側にくぼませて立体感を演出。シートは一クラス上のクルマと間違えてしまいそうだ。

試乗する前は、まちがってもこんなにカッコンカッコンいうようなクルマは想像付かないと思う。

ステアフィールは現代的でしっとり、シートも余裕の座り心地

ハンドルを切った後の車体の動きはチープでも、ハンドルを回す感触はしっとりしていて現代的。現代のトヨタ車といった感じで落ち着きもある。イタリア車も電動パワステなのかな?路面から受ける衝撃も最小限で、ここもポンコツに乗っている感触はなし。

試乗レポ:内装について

500のインパネセンター500のインパネ(ホワイト基調)

FIAT500、内装の特徴について今回は箇条書きで。
  • 内装全体、写真で見るより実車は質感ある。とくにセンタークラスターの形状、スイッチの配置が良い。
  • シートの質感は好印象。コンパクトのレベルを超えている。そして弾力あって滑りにくい。アルファロメオを含むFIAT全般に言える事ながら、ドイツ車よりも好印象。
  • メーター、液晶表示部はかなり高機能(詳細は後述)。
  • ドアパネルは内側に向かって彫り込む形で立体感を出している。
  • パワーウインドのスイッチはセンターに配置。コストダウン&軽量化か?
  • ペダル配置はかなり内側より。外車だと標準的ながら、FIAT500に乗ってから国産車を運転するときは、ブレーキペダルを踏み外さないようにご注意を。
  • メーターパネルをばらしてみると、主要な配線にはノイズ防止のスポンジが巻かれている。

試乗レポ:エンジンについて

エンジンルーム2気筒+ターボ過給器となるこのエンジン。ツインエアなんて呼ばれている。エンジン型式は「312A2」。排気量は875cc。試乗すると、とにかく乗り物を操っている感じが凄い。

この感触、他にはナカナカないんじゃなくて?好みか好みじゃないか、評価は大きく分かれそうだが、とにかく試乗してみないことには始まらない。なんといっても文章じゃ感触を伝えられなそう。
原因の一つは筆者のボキャブラリー不足。それを差し引いても、とにかく個性的なエンジンです。

質感を評価すると・・・

質感という面では、ダメダメなミッションとの兼ね合いもあり、滑らかな加速・減速とはいえない。つまり非常にチープ。コトコトいいながら、カッコンカッコンいいながら加速します。回転数が上がるにつれて振動が増えるのもわかりやすいエンジンらしさ。

しかし非常にチープだけど、それだけじゃない。例えばアイドリング時にハンドルに伝わってくる振動など、トヨタ・日産の4気筒エンジンより少ないくらい。シートもあまりブルブルしない。トヨタなんか、300万円近いクルマを買っても不快度MAXの微振動があったりする。FIAT500はこういった良さがあるから、欠点も特徴として楽しめる(ただし500もお値段けっこう高い)。

加速力は?

排気量は875ccということだが、普通に使用する限りは問題ない加速力はある。体感的に日本のターボ付き軽自動車より速い。絶対的な排気量が小さいから、低回転よりではエンジンのレスポンスが悪いと感じる時がある。スポーティに走るときの姿勢制御にアクセルワークを組み合わせれるのはやや難しい。

室内に伝わる振動は?

音やエンジンフィーリングから伝わってくる感触では、如何にも振動が大きそうなツインエア。でも実際は例えばアイドリング中など、ステアリングやペダルにはほとんど振動が伝わってこない。なんでだろう?
これ、走行中のエンジンの揺れの大きさを考えると一つ答えが想像できます。つまり、エンジンマウントが柔らかいのだろう

エンジントルクダンパー 試しに、エンジントルクダンパーというパーツを取り付けてみると、走りやすさは急上昇。エンジントルクダンパーとはエンジンマウントを固くするような効果を持つモノで、かわりにエンジンからの振動は増大。

エンジントルクダンパーについてはこちらでインプレッション中!

FIAT500のメーター1FIAT500のメーター2

とにかく楽しく走るべし

リアサス2FIAT500、そのボディデザイン等々が好きならば、持っているだけで喜びを得られるFIAT500。それでいてこの乗り味が好きならばガンガン走ってより喜びを得られる。

ポンコツなクルマの楽しみを持ちつつ、所々で洗練された部分があるから、楽しいという印象が多くなる。ほんと、アクセル踏んでもハンドル切ってもチープだけど、それが欠点でなく長所に感じられてしまう。

ということで、挙動を滑らかになんて考えず、「細かい事気にせずガンガン走る」「ダイナミックかつオーバーアクション」笑いながら車酔いするほどの走りで同乗者を楽しませる。こんな楽しみ方がよく似合う。

さらには、後続車には銭形のとっつあんが乗ってると思いましょうwww。

FIAT 500

FIAT

500 (チンクエチェント)

  • テストグレード:”ツインエアスポーツ”
  • ミッション:2ペダルMT(5速)
  • 車両型式:31209
  • 価格:230万円

エンジン概要

  • 排気量:875cc+ターボ
  • エンジン:2気筒ガソリン-312A2

その他概要

  • ボディサイズ:3545/1625/1515mm
  • 車重:1010kg
  • 発売開始時期:2011年3月
当記事は「ヒラリー男爵」がお届けします
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

笑っちゃうほどのポンコツ感。味が濃い!アイドリング時は意外と快適。

足回りの質感 5段階評価

良い面もあるけど総合すれば良くはない。走りやすさが今一歩。

内装の質感 5段階評価

コンパクトカーとしてみれば十分凝ってる。

外装の質感 5段階評価

優雅にスペースを使用したエクステリアを演出。この割り切りこそ500の特徴。

静粛性 5段階評価

日本車と同じ土壌で比較するとこうなる。

パッケージング 5段階評価

これで良いんです。

お買い得度 5段階評価

高い、けどほかに代わりはなし。

メーター1
メーター2
思ったより立派なメーター。液晶表示部を利用して多彩なセッティングも可能。説明書を見るとその機能にビックリする。
この説明だけで10ページは割かれている。



様々な機能が集まったセンターコンソール。太めで幅があるデザインはちょっと高級。
ロータリースイッチの回し心地は今一歩だけど、VWよりは100倍マシ。

白系のインパネ
ドアの厚み
ドアの厚みはちゃんとある。内張は立体感を出しつつ、室内に向かっての張り出しは最小限。
ドアハンドルにエアコンがあたり、降車時に快適なのはぜひお伝えしたい。これもヨーロッパ流のおもてなし。

リアサス1
リアサス2
出来上がったモノが良ければ足回りの型式は何でも良いと思う。

ラゲッジスペース
ラゲッジマット ラゲッジスペースは標準的な軽自動車より広い。ラゲッジフロアマットは想像以上に立派。

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。