タントカスタムP3/内装(インパネとリアシート)

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > タントカスタム(LA600S)P3
 

(2017年記事 ダイハツ タントカスタム
著:桃花&ヒラリー男爵)

ダイハツ
  • グレード:“ターボRS SA3”
  • 型式:LA600S
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2013年10月〜

タント(カスタム)・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び。ココでご紹介している自動車比較・試乗レポートはダイハツ「タント・LA600S」。2016年式でグレード「カスタムRS・SA3」ターボエンジン搭載車。購入意欲に直結する立派さと若々しさ。走行性能や乗り心地ではなく、本能で選びたくなるカスタム系。タントの上級グレードです。

当ページは3ページ目です。「インパネとリアシート、内装」などを掲載中。


  1. 分割page - タントカスタム試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - タントカスタム試乗「1-2」・乗り心地など快適性とドライビングフィール
  3. このpage - タントカスタム試乗「1-3」・インパネとリアシート、内装
  4. 分割page - タントカスタム試乗「1-4」・ラゲッジスペースと燃費、総評
タントカスタム・・コクピット1タントカスタム・・コクピット2

試乗:内装

タントカスタム内装

初めて乗車した時からこのインパネデザインにはビックリした記憶は今でも鮮烈に残る!そして試乗後、タントカスタム最大の魅力はインパネなどフロントシートからの見える内装かなと思いました!デザインその他すごいすごい。

何が凄いって、もっと大きなミニバンみたいに見えるインパネデザイン。ここでいうデザインとは全体の形状。軽自動車の弱点である横幅の狭さを相当に広く見せているのが凄い。

パッと見の質感では、加飾パネルの使用箇所などが多いN-BOXカスタムの方が上なんだけど、筆者としては”大事なのはそこじゃない”と思う。N-BOXカスタムが低価格車の上級グレードらしい仕上がりなのに対して、タントカスタムはミドルクラスミニバンのミドルグレードっぽい仕上がり。
これは偶然か緻密な計算かw 出来上がったものがよければどっちでも良いよね。

メーター(夜間)フロント・ドアトリム

初めて見た時にビックリしたのはインパネだけじゃない。センターに位置するメインメーターのでかさには思わずウォっと唸ってしまったw サイズがデカイというか文字がデカイというか、緻密とは逆の方向性を持つ立派感。ここだけみれば軽自動車らしさは全く感じない。

またドアトリム(内装)のデザインも立派だ。軽自動車のドアトリムといえば、限界まで薄べったいか、平らでノッペリしているのが当たり前。でもタントはそんなイメージより起伏があり、膨らみを感じる。軽自動車という枠組み限定で評価すれば、全然良いよね。

フロントシート(助手席から)

つぎ。”中級車=よく目が行くところだけ立派”。”高級車=見えにくいところまで立派”。これは仕方がない事実。

タントは軽自動車だから当然というか、見えにくい部分は割り切られているのは仕方ないんだけど、開放的なミニバン風車内のためどこもけっこう目立つ。

例えば足元付近、カー用品店で販売されている商品を利用する手もある。ペダルとかフットレストとかレザー調シールとか。今回の試乗車の場合は、多分純正アクセサリーだと思うんだけど、フロアマットがバンみたいなタイプだった。こうした部分は購入後のさり気ない楽しみとして考えるのも良いかもね。

細部の長所短所、試乗してみて分かった点など、次のページで取り上げます。

内装のシボ(模様)が立派!

パネル質感

パネルは当然ながら硬質なプラスティック。軟質ウレタンとかソフトパッドといわれるものじゃない。

だけどね、「だからなに?」って思えるだけの質感がある。そう、触らなければ十分すぎる質感。
よく見れば溝は浅く最小限。でもそれもね、だからどうしたw って感じ。見せ方が上手いよね。

模様としてはヴィトンのエピみたいな横貴重。写真では全く伝わらなくてごめんなさい。実車確認をぜひ!

助手席足元が広い!

助手席足もとが広い

N-BOXと比較した際のタントの長所、助手席足元が広い

ホンダのセンタータンクレイアウトって、広いと言われる割に助手席が狭い。軽自動車のNシリーズだけじゃなくて、その上のクラスでも一緒。
もしかしたらフロントシートを後ろに下げないデザインなのかもしれない。考え方によっては無駄に広いといえるリアシート足元より、使用頻度の高い助手席を広くしてほしいものだけど、そう考えるのは少数派なのかな。

リアシート

リアシート助手席シート

リアシート、特に足元が広いのは御存知の通り。頭上も高くて室内で乗員が立ち上がれる様子は、まるでミニバン感覚。それからタントならではの点といえば、横方向に苦しくない着座位置というか設計。軽自動車のリアシートで当然の弱点が改善されている。このあたり広さに関しては試乗車を見れば誰でもどなたでもすぐわかるはず。

パワーウインドウのスイッチ

タントカスタムターボのリアシートは、乗り心地は悪くシートを見ても質感に特筆すべき点は見つからず

敢えて言えば、ドアトリム(内張り)の構造だろうか。写真はドアトリムでパワーウインドウのスイッチがあるあたり。横に伸びる切れ目の上と下で、パネルの模様が異なっている。
そんなにわかりやすい部分じゃないんだけど、わざわざ部品点数を増している。シボの形状が良いからこそ、意味のある部分。

リアシートの着座姿勢、上半身は余裕あり

タントのリアシートは、横方向に広さがある!軽自動車のリアシートといえば、ドア側の腕がキツイ。これは間違いない事実。でもタントはちょっと違うよ。

リアシート着座姿勢1リアシート着座姿勢2

写真左は、腕がキツイ軽自動車をシミュレートしてみた。最近の軽自動車ではここまでキツくないけど、少し前はこれくらいが当たり前だった。

写真右は、このタントに普通に座った時の腕。写真だとやや大げさかなw そんなにキツくないのはホント。

腕の下はカップホルダーになっているから、ドリンクを置いていればこうは座れない。男の子ならドリンクはオマタにでも挟んでね。なんならズボンの真ん中に仕舞っておけば、立派さもアピールできちゃうw

真面目な話、無理に3人座るように作られたコンパクトカーのリアシートより快適だったりする。3代目フィットなんか、広いと言われつつ、リアシートの作りは窮屈だ。

参考:3代目フィットRS試乗レポ / 3代目フィット13G試乗レポ

リアシートの着座姿勢、下半身は今ひとつ

リアシート着座姿勢3リアシート着座姿勢4

広くて快適というのが当たり前になっているタントのリアシート。もちろん間違いはないんだけど、ここはちょっと・・・という部分を一点だけ。
ここはちょっとという部分は、リアシート乗員の着座姿勢「狭いよりは良いのは当然」という前置きの上で、クルマ選びのヒントにでもして頂けたらうれしいです。

写真左:リアシートスライドを最も後ろに下げた状態。靴の位置を見てお分かりいただけるかな、膝から先を不自然に前に伸ばし、かかとを置く感じになっている。

写真右:リアシートスライドを前に出してみた。すると、膝から下はそんなに不自然じゃない。これでもかかとはギリギリだけどね。
代わりに新しい問題として、太ももの後ろ側に大きな空間ができちゃっている。写真では太めのコーヒーを挟んでみたけど、字は反対側から手で抑えてないと固定できないほどスカスカ。なのでお尻から前は浮いちゃっている感じ。

リアシート着座姿勢5

原因としては、頭上に大きなスペースがあるのに、シート位置が低いんじゃないかと。シートアレンジとか開放感とか重視されちゃったかな。

ってことで、こっちの写真のようにダラッと座るのがピッタリかな。男性限定くらい腰を前に出してます。会社の同僚とか同乗者によってはこんな風には座れないけどね、友達同士ならおっけいでしょw

タントカスタム・3連メータータントカスタム・メーター(昼)

フューエルキャップは紐を引っ掛ける

フューエルキャップ

フューエルキャップとはガソリン給油口のキャップ。どんなクルマでもだいたいこの、外したキャップをなくさないように工夫されているんだけど、タントの場合は「繋がっている紐を引っ掛ける」タイプ。

キャップを引っ掛けるタイプと比較すれば、フタを開けただけだとわかりにくいので覚えておくといいかも。説明書には明記されているかな。こうした部分はできれば、全車種で統一してほしい部分。

フューエルリッド、給油口のフタを開けるレバーの位置は、運転席のドライバー右膝前あたり。ボンネットを開けるレバーと並んでレイアウトされている。

ダイハツ タント(カスタム)

ダイハツ

tanto (タント)

  • 年式:2016年式
  • 車両型式:LA600S
  • テストグレード:“ターボRS SA3”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:170万円

当記事は「ヒラリー」と「桃花」がお届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー






辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。