ダイハツ・タントカスタム軽自動車インプレ

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > タントカスタム(LA600S)P1
 

(2017年記事 ダイハツ タントカスタム
著:桃花&ヒラリー男爵)

ダイハツ
  • グレード:“ターボRS SA3”
  • 型式:LA600S
  • 車両価格:170万円
  • デビュー年:2013年10月〜

タントカスタム・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。ココでご紹介している自動車比較・試乗レポートはダイハツ「タント・LA600S」。2016年式でグレード「カスタムRS・SA3」ターボエンジン搭載車。購入意欲に直結する立派さと若々しさ。走行性能や乗り心地ではなく、本能で選びたくなるカスタム系。タントの上級グレードです。


  1. このpage - タントカスタム試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - タントカスタム試乗「1-2」・乗り心地など快適性とドライビングフィール
  3. 分割page - タントカスタム試乗「1-3」・インパネとリアシート、内装
  4. 分割page - タントカスタム試乗「1-4」・ラゲッジスペースと燃費、総評
タントカスタム・・コクピット1タントカスタム・・コクピット2

試乗車と概要

タントカスタム・フロントマスク

ダイハツのスペース系軽自動車がタント。軽自動車だからボディ全長と全幅は一般的なモデルと同一ながら、全高を高く取って広い車内空間を確保しているのが特徴の一台。

そんなタントの上級グレードがカスタム系で、一般的に「タントカスタム」と呼ばれるほど、ベーシックなモデルと差別化が図られている。
正確にはクルマ的に大きな違いがあるというよりは、CMなどからブランドイメージで差別化されているといったところだけど、軽自動車全般でこのカスタム系というのは特別なブランドになっていて、同時に注目度が高くなっている。

感覚的にはまるで、トヨタ車に対するレクサス車。装備や質感、それから価格などをチェックして試乗すれば、そこまでの印象を抱くほど。そんなタントカスタム、クルマを実用品兼ファッション用品と考えれば、素のタントより魅力は数倍。ほんと贅沢な一台です。

試乗車概要

ボディ(サイド)今回の試乗車は、2016年式タント。グレードは「カスタムRS SA3・ターボエンジン搭載車」。2013年にモデルチェンジされて3代目となったタントのカスタム系。車両価格は170万円。最もベーシックなモデルは120万円ほどから用意されているから、装備とエンジンの違いで50万円ほど高価な値付けがされたモデル。

このクルマのオドメーターが示す距離数は2000km台で、新車から各部が馴染んだもっとも美味しいところ。試乗は都市部を離れ田舎道を目指して1日走ってきました。

クルマのキャラクターを端的に

タントカスタムを見て思う。”カッコいい!”そして”若々しい!”。それはボディデザインが良いからというわけじゃない。クルマの持つイメージが良いんだ。

ボディ(フロント)カスタムといえどタントはタント。エクステリアなんて実際にはベーシックなモデルとは細部の違いしかない。カッコいいのはブランドイメージであって存在そのもの。これこそ軽自動車メーカーが長年育ててきた”カスタム系”というブランドなのだろう。実車を見る前から!実際に試乗する前から!イメージだけで欲しくなってしまう。

ユーザーはディーラーに行く前からほぼ、購入が決定していて、実車を見れば3秒でノックアウト。タントは数あるカスタム系の中でも特に内装が魅力的なのよね。インパネの意匠なんてまさに!ブランドイメージにピッタリ。だから3秒で購入決定。メーカーの戦略半端ありませんw

インパネ軽自動車に興味が薄い筆者ヒラリーだって、タントカスタムが頭から離れません。カッコいいのが欲しいでしょ?って本能に響いてくる。

例えばカローラがどんなに優れていても自分で購入する気にはならない。同じようにヴィッツが同じ価格で優れた走行性能を提供していても欲しくない。よ〜くわかります。タントカスタムが欲しいユーザーからすれば、ヴィッツなんておばちゃんクルマになっちゃう。

っていうか、お恥ずかしながらも初めてのクルマ選びなんて思い出してしまったw 乗り心地や質感なんてわからない最初の一台、コスパなんていうのも頭になくて、欲しいものは欲しい。カタログをずっと眺めていた時代。そんな一台を購入できた時の喜びはレクサス購入にだって劣らないはず。

試乗:エンジンと加速感

エンジンルーム冒頭からイメージ的な話になってしまいすみません。内容なんて関係ないなら、試乗記自体が意味ないじゃないかというわけですが、折角なので試乗感想にもお付き合いください。

試乗車のエンジンはターボ付き。絶対的な性能が限定的な軽自動車だから、通常のNAエンジンとの差は大きい。ミッションがCVTになってからの軽自動車は、NAエンジンでも非力過ぎるという場面は少ないけど、ターボついていると動力性能の差はどこでも体感できる。例えどんなに気にしないユーザーでも、上り坂では差を感じることになるだろう。

この動力性能の差について的確な言葉を探せば、”速い”というより”困らない”と表現したい。クルマが小さいから加速感は強いんだけど、実際の加速力よりどちかといえばそれはイージードライブのための余裕。よくある場面としてはNAエンジン搭載車が先読みして速度コントロールをしなければならないシチュエーション、ターボエンジンなら必要になってからアクセルペダルを調整すれば事が済む。つまりラクだよね。
これはドライバーの快適性に直結。逆にそんなシチュエーションを感じたことはない、といえばターボ付きを選ばなくても良いんじゃないかな。

ターボ付くと快適性にも違いがある

といったところで実は!違いはもう一つある。それは快適性の差。ターボ付きエンジンの方がエンジンノイズが静か。ターボって消音機能も備えてたりするわけで、市街地でも過給されることの多い軽自動車では明確な違いになって乗員に快適性の違いを伝えてくる。

このあたり、特にダイハツの場合は印象の違いが大きい。ベーシックなタントを試乗した時はNAエンジンだったのだが、ダイハツのエンジンてガサツな音なんだよね。だから静かに感じるだけじゃなく、音質的にもマイルドになったような違いを感じる。音質的に気にならなければ、ホンダのN-boxなどよりも静かという魅力が強く残る。

エンジン周辺からの微振動は少なからずある。ただ路面からの振動が大きいため、気になるのは舗装状態が特に良い路面に限って、という印象。路面からの振動が気にならない時はハンドルへの微振動が気になるという、なかなか微妙な関係だが、2000cc以下クラスでは珍しくもなんともない事だから仕方ない。
一応、筆者の場合はハンドルを軽く握る関係もあり、15分くらい運転したら手に軽いしびれを感じた。

試乗:ミッション

シフトセレクター最近はターボ付き軽自動車でもドライバビリティが良い。エンジンの改良もあるだろうが、それ以上にCVT方式のミッションによるところが大きいだろう。品良く乗りやすく調整されていて、不快感を感じる場面はほとんどない。

CVTになる前は思い通りに加速させるのに一苦労。一定に加速させるにはアクセル調整する作業が必要だったのだけど、これはそんな心配なく運転できる。言うならば寧ろ、コンパクトカークラスのCVTより思った通りに運転しやすいほどだ。

味付けとしては他メーカーのCVTと同じように高回転まで使ってくれる。それでいてダイハツのCVTは特にマイルドな方向性で筆者含む編集部スタッフにとっては好み。

逆に言えばシャキッとしたフィーリングを好むユーザーにはもの足りないかもしれない。またこのような”カスタムRSターボ”というグレードにも関わらず、ポジションを疑似ホールドするような機能がなかった(7速CVTなどと呼ばれる類)のも、ユーザーによってはタント自体が選択肢外になるかもしれない。もしかしたら契約してから気づく可能性も。お気をつけ下さい。

シフトレバーの操作感

運転席に座って「D」をセレクトして・・・。クルマを運転する時に必ず行う動作。そんなシフトレバーを操作する時のフィーリングはどうかという点について。

タントのそれは、操作感は常識的に渋い。音は多少滑らか。といった評価。操作感を具体的に表現すると、パターンがストレート式だから下に下ろす時はゆっくり操作になり、ゴリゴリしながらも普通に「D」レンジに入れられる。逆に「D」より下にある「B」にセレクトしてから「D」に戻すのはやりにくい。丁寧に操作したつもりでも、行き過ぎて「N」まで行ってしまう事が度々あった。

オドメーターが2000kmというとこで、これから操作感が軽くなっていく可能性もあるんだけど、現状では残念ながら「B」や「S」の使用をためらうほどだった。これもミドルクラス以下だと、スムーズで褒められる車種は限られるんだけどね。

ライバル車と比較すれば、ホンダ車は動きが渋いクルマが多く、N-BOXも試乗した車体ではやはり。タントの方がマシだろうと感じで渋かった記憶がある。

タントカスタム・メーター夜間タントカスタム・メーター(昼)

長いホイールベース

リアオーバーハング軽自動車のホイールベースは長い!横から見ればほんとビックリ!

ホイールベースとは前輪から後輪までの前後長。調べてみればタントでは先代タント、2490mmもあるらしい。これは一昔前のコンパクトカーサイズ。広大な室内スペースもなるほど納得。軽自動車って決して背が高いだけじゃないのね。
ホイールベースが長いとスペース的なメリットだけでなく、振動を打ち消すのが早いとか走行安定性が高いとか言われるから、短いより長いほうが良いというのが最近のトレンド。

しかしここでクエスチョン。3代目タントを始めとする世代のダイハツ勢は2455mmと短くなっている。ホイールベースは長ければ良いも限界なのかな。
参考までに、乗用タイプ軽自動車でダントツだったのは三菱のアイ。若干特殊なアイを除くとホンダNシリーズが来てその後に最近のスズキ勢が続く。その他、日産三菱連合のデイズなどは一世代前レベル。

参考:三菱i/i-mive試乗 / ホンダN-box試乗 / 日産デイズハイウェイスター試乗

ダイハツ タント(カスタム)

ダイハツ

tanto (タント)

  • 年式:2016年式
  • 車両型式:LA600S
  • テストグレード:“ターボRS SA3”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:170万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:3気筒KF型

その他概要

  • 新車時価格帯:153万円〜(カスタム)
  • 発売時期:2013年10月〜
  • ボディサイズ:3395×1475×1750mm
  • 車両重量:960kg
  • ホイールベース:2455mm

車両型式

  • LA600S - 標準
  • LA610S - 4WD
当記事は「ヒラリー」と「桃花」がお届けさせて頂きます。
ヒラリー男爵桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

タント・カスタム

LA600S - KF 660cc 2015年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ターボが付くと質感もグッとアップ。

駆動系質感 5段階評価

ターボとCVT、お互いの弱点を埋め合わせているような感じ。

足回り質感 5段階評価

フロントはOK。リアサスがねー。

内装質感 5段階評価

これは指名買いあるでしょう。試乗せずの指名買いだっておかしくない。

外装の質感 5段階評価

細部は立派だが多少バンぽさを感じる部分もある。

快適性 5段階評価

普通のタントと比較してアラが目立つように。

お買い得度 5段階評価

カスタム系は理屈じゃないよね。装備は充実。




辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。