ダイハツ・ムーブ軽自動車インプレ(試乗レポート)

自動車購入の試乗比較、中古車選びにも・ダイハツ
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ムーブ(LA150S)P1
 

(2015年記事 ダイハツ ムーブ
著:桃花)

ダイハツ・ムーブ・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び。ココでご紹介している自動車比較・試乗レポートはダイハツ「Move(ムーブ)LA150S」。2015年式でグレード「L・スマートアシストパッケージ」。とってもフレンドリーで気軽。良くも悪くも、従来から続く軽自動車らしい走行感覚を最も強く感じさせる一台です。


  1. このpage - ムーブ試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - ムーブ試乗「1-2」・動力性能やハンドリング特徴
  3. 分割page - ムーブ試乗「1-3」・ラゲッジやライバル比較、評価総合
ムーブ・コクピット1ムーブ・コクピット2
ダイハツ
  • グレード:“L SA”
  • 型式:LA150S
  • 車両価格:120万円
  • デビュー年:2014年12月〜

ムーブについて

ムーブ・ボディサイド

今回の試乗車は2014年12月デビューで実質2015年から発売の150系ムーブ。軽自動車全般で「価格が上がったけど質感も上がった」という時代背景と、高級軽自動車が人気という中でデビューしたクルマです。
そんなムーブのボディデザインを見て感じる事、ハイパーありきだね。この一言。軽自動車のいわゆるカスタム系って、無理にごつくアクも強く。ってわけですが、このムーブでアクが強いのは寧ろベースグレードの方。前後左右と大きめのパネルで見れば見るほど、ハイパーの為のボディデザインって感じです。

ということで、高級グレードをメインに据えてきた、そんな印象を受けます。
これでチープだったら魅力は全くなし!

また大事なのはライバル比較。運転または同乗した感想は、従来の軽自動車らしさが最も色濃く残る。これが長所であって短所でもあるんじゃないかなと思います。

試乗車概要

ボディ・フロントクォーター試乗車は2015年式ムーブ、L・SA。ミッションはCVT。SAとは「スマートアシスト」の略(通称スマアシ)でお値段120万円。内容的にほぼベースグレードで、それなりにお買い得感も高いグレード。使用期間は3ヶ月で新車に近い状態です。
このようなムーブを最大、男女4人乗車でチェック。市街地だけでなくアップダウンの強い山道を走ったり、テンション高く会話しながらのドライブなど、通勤利用以外の環境をシミュレートしてみました。

オーナーは仕事でワゴンRスティングレーも運転するという25歳の女性。走りやすさなどアベレージドライバーによる生の声も盛り込んで、単純かつ理由のハッキリした評価レポートを目指します。

試乗:内装について

ダッシュボード(インパネ)周辺について

インパネあんまり写りの良くないこの写真を見ると、インパネの印象はごくごく平凡。良くもないけど悪くもない、そんな評価しか頭に浮かびません。

でも実車もしくは特徴をうまく捉えた写真を見ると、印象は全然違います。

思った以上に細部の起伏が強く、またそれがけっこうアクの強さを感じさせます。つまり全く平凡というわけじゃありません。ダイハツらしいアクを持ったデザインです。

この試乗車「L」などベースグレードでは、明るめの色合いで親しみやすい印象ですが、このアクは各部が装飾させる上位グレード、「カスタム・ハイパー」の方がしっくりまとまって見えます。
外装はもとより内装を見ても、今回のムーブはハイパーありきかな?メインはどっちだ?なんて疑問が頭から離れません。

リアシート居住性について

リアシートリアシートの居住性、前後方向が十分以上に広いのはもう当たり前だけど、座りやすさも改善されてきているように思います。

リアシートに座った際、乗員のドア側が狭く、腕が不快とか置き場に困るという点は、少しずつ改善されています。4人乗車の際、男性なら腕を組んでしまえば、自身の右側も左側も、腕が不快と感じる事はかなり減ってきているみたいです。女性だったら間にバッグを置いてしまえば、最低限、プライベートな空間構築が可能です。

軽自動車の横幅は広がることはありませんから、ドア内張の工夫やシート形状が最適化されてきているのでしょう。しかしまだまだ満足できる座りやすさはありません。前後方向の広さだけなら先代ムーブだって広かったわけです。今後はリアシート座りやすさをもっと詰めていって欲しいものです。

現状で考えると同じダイハツのタント、最も自然に腕を置ける場所が確保されています。ちょうど良い位置にドリンクホルダーがあって、内張がくぼんでる。そこに腕を置くというか逃がすというか、うまく考えられています。

試乗:静粛性や乗り心地など快適性

フロントシートムーブの乗り心地を単純に固いか柔らかいかで表せば、、筆者的には4人乗車でちょうどいいと感じるくらい。つまり想像より固めでした。他の軽自動車と比較すれば、固さはちょうど中間くらい。

ドコがゴツゴツしているかといえば、リアサスがゴツゴツ。ゴツゴツとドタバタがどちらも目立つ、よくあるタイプ。昔はフロントが滑らかならリアは気にならないと思っていたけれど、ボディ剛性感の向上などによって、リアサスの安っぽさがドライバーに伝わりやすくなったと思います。

一方でフロントサスペンションの質感は合格点フロントは良し、リアはだめ。タントなどでも感じるこれがダイハツ的な乗り味ということでしょう。コーナーリング時の動きも含めて考えれば、ムーブはタントより全然質感あります。タントがギリギリ合格点ならムーブは普通に合格点。

ドコが良くてドコがダメかと考えてみれば、まずサスペンションダンパー、フロントサスの方が動きが良いです。それからシート座面、やはりフロントシートの方が振動を減衰しています。

これら総合すれば、最も快適な場所は助手席。次いで運転席。運転席は軽自動車全般で一緒ながらマトモなドラポジが取れない点で疲れます。座りやすさより車内スペース優先の設計みたいです。

シャシーリアシートは左右ともヒドイ乗り味です。端的に言ってミライースのリアシートと大差ありません。正確にはミライースほどペカペカなシート座面ではなく、シートバックもしっかりしていますが、すぐにお尻が痛くなるのは一緒!
ムーブとミライースのリアシートに乗る度に思うこと、お尻が痛い!しかも30分足らずで痛くなる。広さはあるといってもやっぱりエマージェンシー。デイズのリアシートが恋しくなります。

そんなムーブのリアシートも、静粛性だけはライバル車より高かったりしますから、静粛性の高さは長所。だけどチンプンカンプンだよね、乗り心地悪くてお尻も痛くなって、でも静かだよってwww

ムーブ・コクピット3メータームーブ・コクピット4

ウインカーレバーの操作感

ムーブ指名買いなら気にする場所じゃない。でも他車と比較しているなら気になるポイントが、ウインカーレバーの操作感覚。普通の国産車じゃあまりみられない方式が採用されています。

どんな感じかと言えば、操作後すぐに、レバーが自動的に中央に戻る。で、ウインカーが点灯を続ける。意図して止める時はレバーを反対側に動かします。ちょっと動かした際は3回点滅する機能付き。
新しい仕組みになり、操作感が変わること自体は別に良いと思うし、それが新鮮だったりもします。また、電子ブザーによる作動音は、従来より質感アップ。

だけど疑問点が2つ!
  1. 実用車でわざわざ新システムがいる?ウインカーなんて無意識に操作出来ればそれでいいでしょ。
  2. そもそも操作性が悪い!レバーの動作量が大きすぎて、ウインカー出すのが面倒くさいw 手の大きい男性が乗るクルマじゃないのよ。

つまりそういうことです。新しい操作感は別のクルマにして欲しいし、どうせやるなら従来より進化して下さい。そして、ムーブのお客様の手の大きさを考えて下さい。

エアコン操作部同じようなポイントで長所となってるのは、エアコン操作部。地味だけど単純明快。おじいちゃんでもおばあちゃんでも簡単に操作出来そう。

もちろんこれをチープだと思えばハイパーを選択すればOK!

ダイハツ ムーブ

ダイハツ

move (ムーブ)

  • 年式:2015年式
  • 車両型式:LA150S
  • 試乗グレード:“L SA”
  • ミッション:CVT
  • 新車時価格:120万円

エンジン概要

  • 排気量:660cc
  • エンジン型式:3気筒KF型

その他概要

  • 新車時価格帯:113万円〜
  • 発売時期:2014年12月〜
  • ボディサイズ:3395×1475×1630mm
  • 車両重量:820kg
  • ホイールベース:2455mm

車両型式

  • LA150S - 標準
  • LA160S - 4WD
当記事は「桃花」がお届け致します
桃花

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

ムーブ

LA150S - KF-VE 660cc 2015年〜
確認中

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

ダイハツらしい音。パワー感はある。

駆動系質感 5段階評価

CVTによる不快感が少ない。

足回り質感 5段階評価

フロントはOK。リアサスがねー。

内装質感 5段階評価

無骨すぎ。ハイパー向け。

外装の質感 5段階評価

ハイパーありきでデザインされたような。

快適性 5段階評価

昔ながらの感触で、肩肘張らずに乗れる。

お買い得度 5段階評価

ライバル車より安っぽい。あとスマートキーオプションはずるいよ。




辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。