ミニクロスオーバー試乗P4/ドラポジや他車比較、評価総合

自動車購入のための評価評論・BMW
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ミニクロスオーバー(ZA16)P4
 

(2017年記事 ミニ・クロスオーバー
著:ヒラリー男爵)

ミニクロスオーバー・試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、2代目ミニのクロスオーバー。グレードは「1600ccNAエンジンのワン」。モデルコードは「R60」。SUVタイプそして4ドアモデルになったミニがクロスオーバー。内外装も走行感覚も個性の強さが魅力。

当ページは4ページ目です。「ドラポジや他車比較、評価総合」などを掲載中。

ミニクロスオーバー室内1インパネミニクロスオーバー室内2運転席から
BMW
  • グレード:“ワン”
  • 型式:ZA16(R60)
  • 車両価格:288万円
  • デビュー年:2011年1月〜
  1. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-1」・試乗レポート概要
  2. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-2」・運転感覚と快適性
  3. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-3」・内装の印象
  4. このpage - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-4」・ドラポジや比較と評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

ドラポジとボディ見切り

個性的なボディデザインをしているクルマは運転しにくい事が多々ある。ミニクロスオーバーはどうだろうかということで、意識的にチェックしてみました。

視界1視界2

写真はドライバーからの目線をイメージした左右斜め前方。特別運転しにくそうなところはない。Aピラーと呼ばれる一番前の柱が、ドライバーに近いところから伸びているのが良さそう。またフロントガラス縦方向は小さく、後付タイプのナビは邪魔そうな感じがしたが、意外と平気だった。
輸入車では純正ナビげージョンがオンダッシュに付く事もあるが、運転しづらいクルマもあれば、けっこう気にならないクルマもある。

視界3

ミニクロスオーバーはカタログ上のボディサイズでは、決して”ミニ”とはいえないだけの横幅がある。全幅は1790mmとなっているからけっこうデカイのを連想してしまう。

ただ運転した感覚はコンパクトだし、外から見ればBセグとCセグの中間というか、VWゴルフなど小さめなCセグメント車と同じような感じに見える。ボディサイズが大きいのは例えばドアハンドルの盛り上がりだったり、フェンダーの膨らみだったりとちょっとした部分なのだろう。

写真のドアミラー、クーペみたいに内側に付いていて、これはバックで寄せやすいタイプ。ボディラインに合わせてバックした際、飛び出ているミラーの心配をしなくていい。国産5ナンバーサイズの一般車だと、どうしてもボディラインがノッペリしがち。そこでミラーが当たりやすいけどミニクロスオーバーはその逆。

視界4

フロントの寄せ、見切りはやりにくかった。ほんとは着座位置が高いと感覚が取りやすい場合が多いんだけど、ここは今ひとつ。

まず当然だけど、着座位置の関係からか低い位置が見えにくい。

つぎにボンネット中央が大きく盛り上がった形状で、感覚が掴みにくい。

ちょっとした何かとか

息抜きにでもぜひw

バッテリーはどこ??

バッテリー1バッテリー2

バッテリーは前。ボンネットを開けて一番室内寄り。カウルトップの下にレイアウトされていた。御存知の通りバッテリーは重い。重量あります。メンテナンス性よりコダワリが重視された流石のデザイン。とうなずきました。

ブレーキフルード

反対側の同じ場所には、多分ブレーキフルード。交換時にはもしかして、カウルトップを外すのかな?非常に気になります。

オートドアロックが解除されない時は?

ドアハンドル

基本的には停止して「Pレンジ」にすると、オートドアロックは解除されていたように思うんだけど、たまに開かない事があった。助手席に乗った時ね。

で、どうしたら開いたかといえば、ドアノブを2回引いたら開きました。とっても単純な方法で、誰でも試す方法。これを最初に出したきたメーカーってどこ?開発したのはどこ??
人生のヒント!くらいに素晴らしく感動しました。

個性的なクルマと比較

近いボディサイズで個性的と言われる他車と簡単に比較してみます。

VWビートル

ミニのライバルとしてやっぱり最適なのは、VWビートル。今回の試乗レポートはクロスオーバーだからちょっと違うけどお許しをw

レトロ感とか昔ながらのファンを大事にした1台というのは、ビートルも一緒。だから乗り味にもちょっとした個性を感じることができる。

ビートルはゴルフのボディデザイン違いとも言われているが、実はレトロ感を感じさせる味付けをしていると筆者は思っている。乗員に聞こえてくる音や乗り心地という部分で、わざとレトロ感を演出したような部分が見受けられた。
簡単にいえばゴルフよりざらつきがあるんだけど、ぶっ飛んでないというのかな、ミニクロスオーバーよりは大人な味付け。例えビートルターボというモデルに試乗しても、ミニと比較すれば長時間ドライブも大丈夫。

変わったクルマが欲しいけど、一般的なクルマとそう変わらぬ乗り味が欲しい方にはこっちじゃないかな。

参考:VWザ・ビートル試乗レポート

FIAT500&アバルト500

イタリアのレトロチック個性派といえば、やっぱりFIAT500。ボディサイズはコンパクトだけど質感ある内外装はミニとはまた違った魅力の持ち主。

個性的で味が濃いいわれるFIAT500は、エンジン&ミッションが特徴的。そして乗り心地は普通。ハンドリングも楽しいけどスポーティ走行で快感というタイプじゃない。つまりこのFIAT500、ミニとは逆の部分に個性を持っている。

2気筒ターボエンジンを搭載するモデルをチョイスすると、コトコトにガックンというのを味わいながら、微笑ましく走行できる。なにも田舎道までいかなくてもいい。都市部をただ走るだけで楽しい。もちろんコツをつかめばある程度滑らかに走行できる。オシャレ感あるクルマを所有しながら、ある種ポンコツ車的楽しみを味わえるのがとても凄い。

ミニにはジョンクーパーワークスなんてモデルがあるけれど、500にはアバルト500というモデルが発売されている。アバルト社がチューニングして発売とアピールされるモデル。
このアバルト500は、物凄く凄いクルマ。スポーティとかチューニングっていうと、ゴツゴツとかキビキビを想像しがちだけど、これは全くの逆。ハンドリングは落ち着き、上質にレベルアップ。もちろん素早く回せば応えてくれるし、それなりの安定感もある。エンジンは低回転抜けているのが逆に走りやすく、微調整もしやすい。ギクシャク感も軽減され、さらに乗り心地だって立派で、まるで高級ダンパーみたいによく動く。

参考:FIAT500試乗レポート / アバルト500試乗レポート

VWシロッコ

VWの中でも趣味性の高いクーペ風ボディを持つのがシロッコ。ミニクロスオーバーのみならずビートルの乗り心地も耐えられないという方におすすめしたモデル。

ミニに高性能エンジン搭載車があるように、このシロッコにも一般的なモデルと高性能モデルが用意されている。

ベーシックなシロッコは、5型6型時代の普通のゴルフのように、ジェントルな乗り味が魅力。ボディスタイルや希少性高い存在感を楽しめつつ、普通に快適というキャラクターの持ち主。
シロッコRと呼ばれる高性能エンジン搭載モデルは、乗り心地やミッション制御に多少の粗さをみせ、特別なモデルという事をアピール。そして特別なデファレンシャルが使用されていて、これによるハンドリングが個性。ワインディングを全開走行時にのみ味わえるこの特徴は、現代的テイストというべき感覚で、アクセル全開で内側に吸い寄せられるようなフィーリングを味あわせてくれる。

ミニもシロッコも同じ前輪駆動でありながら、違う方向でハンドリングに個性を出しているのが面白い。

参考:VWシロッコ試乗レポート

国産車で近い部分を持つクルマ

CR-Z

ホンダCR-Z。ミニクロスオーバーとはボディタイプこそ違うものの、ボディサイズ近くお値段も近い存在。マイチェンの度に値上されたCR-Z、随分お高くなったのねw

実はミニクロスオーバーとCR-Z、走行感覚的にも似ている部分があって、超クイックなステアリングギヤレシオとヨーの立ち上がりが早い部分が似ていたりする。ドラポジが違うから全く異なる印象を受けるかもしれないけど、同じように楽しめるんじゃないかと。2台の比較では、CR-Zの方が大人のハンドリングで乗り心地も無視されていないバランス。走行中の静粛性も高い。

CR-Zを選択すればハイブリッド車というオマケと、ミニクロスオーバーより快適な室内空間が付いてくる。これこそ背の低いボディスタイルによるメリットかな。

参考:ホンダCR-Z試乗レポート

3代目フィットRS

高回転で迫力あるノイズを出すミニクロスオーバーのエンジン。欧州車らしいノイズレベルの盛り上がりには思わず、うぉ!と声が出てしまうほど。

国産車でもこんなエンジンあったかな?と考えていたら思い出しました。3代目フィット世代のホンダ1500cc。ハイブリッドではないエンジン動力のモデルに搭載されるエンジンの方。

そこでフィットRS。乗り心地やハンドリングにはクセがあり、そこは筆者の好みでないものの、エンジンは別。高回転域ではタコメーターを見てなくてもしっかりその領域を表すノイズを出す。国産車というより欧州車的にノイズレベルが盛り上がるといってもいい。

ミニクロスオーバーの1600ccと比較すれば、アイドリングや低回転での音質的質感はミニのほうがウワテ。だからよりメリハリがあるのはミニクロスオーバーの方だし、ついでにトルク感も高い。
フィットの1500ccは低回転でトルク感薄い事もあり、パワー的な盛り上がりでウワテ。CVTでもホールドモードを利用すれば回転によるパワーの盛り上がりを体感できる。特別なスポーティエンジンじゃないけど、思わず回したくなる貴重な存在。

参考:ホンダ・フィットRS試乗レポート

ミニクロスオーバー・室内3ミニクロスオーバー室内4

ミニクロスオーバー総評

ボディ・リアクォーターこのミニクロスオーバーは”ミニらしくない”なんて言われているけど、特別な思い入れのない筆者にとっては十分個性的に思えた。これだけの個性を持つならば、ミニというネーミングでなくてもきっとイケるはず。

なにもボディデザインやおしゃれなイメージが個性的というわけじゃない。走行感覚を含めて個性的なんだよね。国産車でよくある、ボディデザインだけ変更してきたようなモデルとは違う。

内容はスポーティカーのノリで気持ちよく曲がれるハンドリングが魅力。僅かな気になる部分を除けばとても楽しく走れる。その分、快適性は犠牲にされているようで、そこが個性。快適性に関しては試乗後、いつもの国産車に乗り換えた際、同行したスタッフみんなで思わず”ほっ”としてしまった。長時間の乗車は疲れるから、パワーを持って乗りたいクルマ。

お値段的には、これだけ個性的なモデルが288万円〜というのは納得プライスじゃないかと。お得感はミニクロスオーバーを気に入ればこそ、だけどね。
なお、ファミリーカーとしては快適性の部分でややキツイだろう。リアシートが使えるからといって即決は危険かも。ご家族も同乗されるならその旨、確認してから購入されるのをオススメします。

mini ONE CROSSOVER (R60)

BMW

ミニ ワン クロスオーバー

  • 試乗グレード:“ワン”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2014年
  • 型式:ZA16(R60)
  • 価格:288万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー








乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。