ミニクロスオーバー試乗P3/内装

自動車購入のための評価評論・BMW
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > ミニクロスオーバー(ZA16)P3
 

(2017年記事 ミニ・クロスオーバー
著:ヒラリー男爵)

ミニクロスオーバー・試乗インプレ「3」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、2代目ミニのクロスオーバー。グレードは「1600ccNAエンジンのワン」。モデルコードは「R60」。SUVタイプそして4ドアモデルになったミニがクロスオーバー。内外装も走行感覚も個性の強さが魅力。

当ページは3ページ目です。「フロントシート周辺とリアシート質感など内装の印象」などを掲載中。

ミニクロスオーバー室内1インパネミニクロスオーバー室内2運転席から
BMW
  • グレード:“ワン”
  • 型式:ZA16(R60)
  • 車両価格:288万円
  • デビュー年:2011年1月〜
  1. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-1」・試乗レポート概要
  2. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-2」・運転感覚と快適性
  3. このpage - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-3」・内装の印象
  4. 分割page - ミニクロスオーバー(ZA16)試乗「1-4」・ドラポジや他車比較、評価総合

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

内装

ミニクロスオーバー・内装

ミニ・クロスオーバーの内装はやっぱりミニ。ならではの世界観に、以外に立派に見える各所。ミニらしいと感じる部分もあれば立派だと感じる部分もあり、そしてやっぱり個性の強さが魅力。

見どころ満載の内装

内装1個性的というか変わった形状をしているのはご覧の通り。でも実際に見ると思った以上に立派だった。
多少レトロ感を演出している部分はあるにせよ、とにかく非日常的な気分を味わえる。購入してもたまにしか運転しないドライバーなら、いつまで経っても特別感を味わえるんじゃないかな。

今回試乗したのは「ワン」という廉価グレード。目立つ加飾などはされてないけど、元のデザインが魅力的だから十分。おせじじゃなくてホントに十分。素材的な質感より元のデザインが重要ということがよくわかる。

内装2オーバーヘッド・トグルスイッチ

機能や装備的にも、エアコン関係を除けば揃っていて、独特のスイッチを操作して使用する事になる。例えばオーバーヘッド部のトグルスイッチなど、普通の実用車では味わえない操作感は逆に新鮮。その他いろいろな形状をしたいろいろなスイッチがいっぱい。メカ好きならワクワクしちゃうポイント。

メーターは2つ、目の前はタコメーター

タコメータースピードメーター

メーターはドライバーの正面に小さなタコメーター。センタークラスターに大きなスピードメーターがレイアウトされている。

タコメーターは小さいといっても実際にはそんなに小さくない。運転中タコメーターをよく見る筆者には嬉しいレイアウトだし、高回転で一気に迫力を増すこのミニクロスオーバーのエンジンにも似合っていると思う。
ついで?というか一応、デジタルで車速が表示される。

スピードメーターはほんとに大きい。視認性どうこうよりインパクトがでかい。助手席やリアシートからでもよ〜く見えてしまう。ここにはガソリン残量が表示されるのと、液晶部分はオーディオの表示がされる。スイッチはオーディオ関係で、操作感はBMWと同じような感じで操作できる。

奥行きの演出と間接照明が素敵

ミニの室内が意外と立派に見えるのは、奥行き感がデザインされているからではないだろうか。一見素朴に見えるノッペリした部分も、深さがある部分とのメリハリだったりして、実際にはあまり気にならず。写真だとどうしても奥行きは伝わりにくいから、実車だと立派に感じると思う。

夜間は間接照明で立体感

フロントドアトリムリアドア・トリム

写真はフロントドアとリアドアのイルミネーション。これ、光るからキレイなんて感想じゃありませんw 昼間と比較すれば個性が見えにくいドアパネルも、光らせることでミニを感じられる。

”おぉ!”と感じるのは光源の場所。ドアトリムの凹んだ部分やドアポケット、ドアハンドルなどに埋め込まれていて、奥行きと立体感が強調される。イルミネーションというと子供っぽさがあるかもしれないけど、これなら如何??使い方はさすがプレミアムブランドってつい納得。これはスイッチ操作で調光が可能です。

リアシート

リアシート1

試乗したミニクロスオーバーのリアシートは3人掛けタイプ(基本は2人掛けタイプとのこと)。
3人掛けは中央に荷物が置けたり、長尺物が詰めたりと、利便性で勝ると思われる。またチャイルドシートを使用するのなら好き不好き問わずこちらを選ぶことになるだろう。ベンチシートだと困ることがあるからね。

リアシートに座ってみれば、納得のスペースが用意されていた。着座姿勢は異なるものの、例えばVWゴルフより広いんじゃないかと思ったほど。”ミニ”という名前から想像できるリアシートって”おまけ”だったわけだけど、いい意味で予想を裏切られた。

いちおう、単純な広さでいえば実際に使えるだけのスペースがあるものの、快適なスペースを追求した国産車と比較すれば、フロアの盛り上がりなど足元に自由が効かない点などある。使い勝手もセンターアームレストを出したり収納したりにやりにくさがあった。
そんな感じだから、広いと言ってもリアシートメインのクルマとは目指す所が違うみたい。ミニクロスオーバーの個性を考えれば、使えるスペースがあるだけありがたい、と思わなきゃね。

リアシート2リアシート3

”使えるスペースがあるだけありがたい”というのは、快適性の面からもそう感じる部分がある。

ミニ=BMWっていうのは今や有名。欧州車それもBMWという響きからすれば、サスペンションの質感が低いなんて想像できないけど、ミニクロスオーバーの動かない足は国産車みたいと思えたりする。加えて振動や路面のザラザラだってダイレクト。

こうした乗り味がお好きな方に特化してるんだろうから、ミニに関しては欠点じゃなく特徴といいたいところ。リアシート試乗中に感じたのは、視覚的なワクワク感。ドライブ中は見どころ満載の内装装備とかで、リアシートでもワクワク感いっぱい。毎日のリアシートでなければ気が紛れて平気だったりする可能性も。

まとめれば、スペース的に使えるからといって、ファミリーカーにイケると直結するのは少々危険。ご主人の好みでミニクロスオーバーをチョイスするのなら、「リアシートの快適性は低いかもしれない」と一言伝えておくのが無難そう。中古車で狙うとすると、試乗できないことは多いからね。

あとは前ページで触れさせていただいた、購入後にタイヤ銘柄を変える方法を試してみるのも良いかもしれない。それからタイヤ空気圧を調整という方法もある。もちろん、本質的な部分は変わらず、クルマ自体ほど大きな違いはない。それでもミニクロスオーバーは趣味性の高いクルマだから、いろいろ考える事が楽しいはず。テスターはご家族w

ドライバーによる快適性の違いも出やすい

筆者にとってミニクロスオーバーは、”いつの間にかペースが上がっちゃうクルマ”。超クイックなステアリング特性でしかもペースが上がりがちとくれば、リアシートの同乗者はキツイことも。

こうしたクルマはドライバーによる違いが目立ちやすく、同じようなペースで走っても同乗者の快適性は全然違う。乗員への気配りある運転はきっとクルマにも優しい。
それからもし、セカンドカーサードカー候補なのなら、クルマに合わせて運転を変える、考えるというのが楽しいかと。いつもの乗用車と同じに運転というだけじゃ、あまりにももったいないです。

ラゲッジスペース

ラゲッジスペース1ラゲッジスペース2

ラゲッジスペースの広さは大雑把に、国産Bセグメントの中で広いといわれる車種と同じくらい。内張りは樹脂の部分が多く、カーペット張りと比較すれば実用車的。形状も左右の内張りで無駄な部分が削られているようで、黒子に徹して欲しいラゲッジルームは実用性重視で好感度高い。

ラゲッジスペース3

ハッチの開閉など特筆すべき部分は気にならなかった。
一応、オープナー(ハッチを開けるノブ)に関する部分として、オープナーはミニのエンブレムが兼ねている。

初めて知ったら感動する可能性あり。慣れるとちょっと、スパンと戻っちゃうところなんかに嫌な感触を受けるとおもう。余談だがリアカメラがここから出てくるかどうかは、ちょっと気になる所w

ミニクロスオーバー・室内3ミニクロスオーバー室内4

様々な種類のスイッチ

オーバーヘッドスイッチエアコン操作部

スイッチの種類って想像できるだろうか。例えば押しこむのプッシュスイッチ、回すのはロータリースイッチ、中央に戻るレバー式はトグルスイッチなど。その他、静電式タッチスイッチなんかもよく話題になる。写真左の頭上にあるスイッチがトグルで、ミニらしい部分。照明関係のスイッチになっている。

ミニでは各種スイッチのレイアウトが独特。しかも、様々な種類のスイッチが使われている。だから、どこをどう操作すればいいか、慣れるまではよくわかない

しかし慣れてくると、迷いなく操作できることに気づく。レクサスみたいに整然と整列されたスイッチは、覚えるのが大変というか、スイッチの絵柄を見てから操作になる。一方のミニクロスオーバーでは各スイッチにヒントがいっぱい。頭の中で無意識に紐付けがされるんだろう。
いつも思う。スイッチは統一感より、機能ごとに考えられた種類や形状こそ、オーナーのためのデザインじゃないかと。

mini ONE CROSSOVER (R60)

BMW

ミニ ワン クロスオーバー

  • 試乗グレード:“ワン”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2014年
  • 型式:ZA16(R60)
  • 価格:288万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー









乗り比べがしにくい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な印象表現を心がけます。
比較のポイントをpickup&評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時にも役立つレポートを送り続けて16年。そして最新記事が最良です。