BMW116(初代)P4/車内装備や参考データ

自動車購入のための評価評論・BMW
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > 116i(E87)P4
 

(2014年記事 1series 116i
著:ヒラリー男爵)

BMW 116i・試乗インプレ「4」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、BMWの初代1シリーズ。グレードは1600ccの116i。モデルコードは「E87」。 2代目よりスポーティ感が強いキャラクター、2010年式1シリーズの試乗レポート。

当ページは4ページ目です。「車内装備や参考データ、総評」などを掲載中。

初代1シリーズの内装1初代1シリーズの内装2

BMW

  • グレード:“標準”
  • 型式:UE16(E87)
  • 車両価格:299万円
  • デビュー年:2004年10月〜
  1. 分割page - 116i(E87)試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - 116i(E87)試乗「1-2」・エンジンやミッション、ハンドリング
  3. 分割page - 116i(E87)試乗「1-3」・乗り心地や静粛性、装備関係
  4. このpage - 116i(E87)試乗「1-4」・車内装備や参考データ

※内容は辛口評価です。試乗して購入の際のチェックポイントとしてお役に立てれば幸いです。

タイヤはランフラットタイヤ

タイヤ試乗してまず気になったこと。タイヤが固い!もしやランフラットタイヤかもしれないということで、帰宅してラゲッジをごにょごにょすれば、やっぱりパンク修理キットがない!これはランフラットタイヤだ。

ランフラットタイヤとはパンクしてもそのまま一定距離を走れるタイヤのこと。乗り心地が固いとかグリップレベルが低いといったデメリットと引き換えに、急なパンクによる事故を減らすことが期待される。また以前はパンク修理に特別な技術が必要だったが、歴史が長くなってきたことで、修理を受け付けるタイヤショップ店舗が増えているらしい。

1シリーズに装着されるタイヤ銘柄は「ピレリ・euFori(ユーフォリア)」。タイヤに触ってみればサイドウォールもトレッドもカチカチ。そんなランフラットタイヤを履いた1シリーズに試乗すれば、やはり荒っぽい乗り心地がたまらない。乗り心地の悪さの半分以上はこのタイヤのせいだと思える。

乗り味の他に絶対的なグリップレベルも低い。固いタイヤ+固いサス+ハイグリップでバランスが取れるとすると、明らかにちぐはぐ。しかし116iに限っては意外なメリットがある。
通常の市街地走行レベルだと運動性能に問題はなく、スポーティ走行すればエンジンパワーとのバランスがいい。トラクションコントロールが付いている意味がわかる。豪快なホイールスピンはしないけどオーバーステアが出る(出せる)。タイヤからのインフォメーション少ないのが欠点。

同じBMWでも2代目1シリーズや3シリーズなど、ブリジストンブランドのランフラットを装着しているモデルもある。こちらはこのタイヤまでは固くない印象。

車内装備面

日本車と比較してもしなくても、お世辞にも扱いやすい操作系とはいえない各種スイッチ。それ以外でも妥協されている部分が見受けられるし、また日本車より流石と思える部分もある。1シリーズは末っ子良くも悪くもBMW流儀を継承している。

微妙なカップホルダー(フロント)

カップホルダーフロントカップホルダーは2個あるのに使えるのは事実上の1個。写真みたいな感じでアームレストが邪魔をする。
コーヒーショップのカップ、どうがんばっても2個置くのは厳しい。

微妙なカップホルダー(リア)

カップホルダーリアリアシート用のカップホルダーはご覧の通り。マガジンや車検証を入れるネットがカップホルダーを代用している。
筆者的には思いっきり伸ばすところがパンパンの下着みたいで興奮するw。

電子キーは差し込み式

電子キー最近のBMWはコンフォートアクセスというスマートキー。しかしこの初代116iは、リモコンキー。ロックと解除はボタンで、システムスタートは写真のようにキーを差し込んでプッシュスイッチを押す。

音質を重視したスピーカー配置

スピーカーレイアウトスピーカーの配置は市販状態としてはかなり良好。ミッドレンジのようなフルレンジがかなり高い位置にレイアウトされる。
写真で言うとドアノブの部分。エネルギー損失的にも音像定位的にも悪くない。肝心の音は、う〜んドイツのオーディオらしい音。

ボディは厚い?振動減衰??

フロントドア・ドアパネルボディ各部のパネルを叩く。まるで制振材が貼られているよう(ちょっとだけね)。何らかのカタチで振動を減衰しているか、鉄板自体が厚いか、折り目が多いと思われる。
洗車時には大理石に水を掛けているような音がすると思う(大げさ)。

説明書には役立つ運転テクニックが掲載

車検証入れ付属のマニュアルには運転に役立つテクニックが記載されている。例えば、慣らし運転の方法、暖機運転の考え方、燃費効率の良い運転についてがわかりやすく記載される。
ただゆっくり走れっていうんじゃない。メーカーの姿勢が好印象。

参考データ(各部寸法)

手元のメジャーを利用して気になる部分の長さを測ってみました。

各部の寸法

  1. ステアリング直径 35cm
  2. ダッシュボード中央手前からガラスまでの長さ 32cm
  3. Fシート、フロアから座面先端 リフト最大時25cm、リフト最低時22cm
  4. Rシート、フロアからシート座面先端 31センチ シートバック高さ 68cm
  5. センターコンソールまたは左右シート間の距離 23cm
  6. シート座面の長さ F・51.5cm、R・45.5cm
  7. リアシート開口部、座面先端〜ドア内張までの最短距離 23cm
  8. 左右ドアミラーいっぱいの長さ 195cm
  9. ラゲッジ寸法 奥行き79cm、幅95cm、入り口最低地上高68.5cm
  10. アンダートレイ寸法 なし

数値からわかること。Fシートの着座位置は低く、狭いリアシートもシートサイズはでかい。またラゲッジはそんなに狭くなく、一般的な広さがある。

車内スペースとカップホルダー

身長182センチのドライバーがドライビングポジションを取った状態で、リアシート2列目をチェック。

  • 身長172cmの筆者 ・・・ ヒザ前 コブシ 0個 / 頭上 コブシ 1個
  • 身長182cmの男性 ・・・ ヒザ前 コブシ -0.5個 / 頭上 コブシ -0.2個

コブシはマイナス表示。足は食い込み、天上内張は凹みます。

カップホルダーの数

  • フロント 2個(実用できるのは1個) / リア2列目 0個(マガジンネットに挟める)

カップホルダーは事実上1つ。ドライバーの分だけ。ジュースは一口飲んだらラゲッジにポイ!この余裕がプレミアム!私のような庶民なら水筒持参。

初代1シリーズのメーター1初代1シリーズのメーター2

総評

エクステリア(フロント)一見すると実用的なコンパクトハッチバック。しかしその中身はスポーティな走行性能を重視したクルマ。そういえばどこかの国産車にもこんなクルマあった。2代目ストリームとか。
2代目1シリーズと比較しても、このスポーティ感という部分では初代が勝っている。

だから初代1シリーズはファミリーを同乗させるには相当な覚悟がいる。楽しく家族旅行なんて考えると、奥様の器量がものすごく重要になることでしょう。

快適性能は低く、リアシートも狭い。便利装備も貧弱。良い部分はBMWのバッジを始め、BMWらしい内装、ハンドリングのキャラクター。あくの強いエクステリアだって見方を変えればクラシカルな高級感と評価できる。具体的な部分は本文参照。

そんな感じだから、300万円からBMWの世界が味わえるというのが一番のメリットだろう。一方で快適性や同乗者からの評価、ひいては高い所有満足度を求めれば3シリーズを選択した方が正解。

ということで、言葉にすると厳しくなっちゃうけど、この価格でBMWの世界観を味わえるってのはすばらしい事。好きな方ならいつもの駐車場に停めて置くだけで満足感を得られると思うし、そもそもステップAT+FRのCセグメントハッチというだけで代わりがない。不便な部分は試乗して割り切っていきましょう。

BMW 1series 116i (E87)

BMW

1series 116i

  • 試乗グレード:“標準”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2010年
  • 型式:UE16(E87)
  • 価格:299万円

当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー

エクステリア(フロント)



給油中のフェーエルキャップは、外して刺すだけ簡単。迷うことナシ。

フロントドア

辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。