BMW116(初代)試乗と評価評論・基本ページ

自動車購入のための評価評論・BMW
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報ヘッダー画像
乗り心地や燃費、エンジン質感評価・間違いいっぱいの自動車選び
自動車評論・評価 > 試乗一覧(他) > 116i(E87)P1
 

(2014年記事 1series 116i
著:ヒラリー男爵)

BMW
  • グレード:“標準”
  • 型式:UE16(E87)
  • 車両価格:299万円
  • デビュー年:2004年10月〜

BMW 116i・試乗インプレッション「1」

間違いいっぱいの自動車選び、当ページ試乗車は、BMWの初代1シリーズ。グレードは1600ccの116i。モデルコードは「E87」
末っ子といってもBMWらしさは十分。現代では貴重な、プレミアムというよりスポーティというキャラクターの持ち主。10日間ほど試乗しての試乗レポートをお届けします。


  1. このpage - 116i(E87)試乗「1-1」・試乗詳細レポート
  2. 分割page - 116i(E87)試乗「1-2」・エンジンやミッション、ハンドリング
  3. 分割page - 116i(E87)試乗「1-3」・乗り心地や静粛性、装備関係
  4. 分割page - 116i(E87)試乗「1-4」・車内装備や参考データ
初代1シリーズの内装1初代1シリーズの内装2

試乗車概要

BMW1シリーズフロント

今回試乗した1シリーズはE87と呼ばれる初代。グレードは116i。1600ccエンジンに6ATを搭載し車両価格299万円のグレード。2010年式で総走行距離は約2万キロ。タイヤは新車時のランフラットタイヤが装着されています。

このE87は2004年デビュー。この試乗レポートの執筆は2014年。なんでいまさらE87なの?それは、初代1シリーズと2代目1シリーズを比較すると、初代の方がスポーティ特化だから。もちろん2代目の方が快適性は高いしパワーもある。しかし回頭性の高いライトウェイトスポーツのような乗り味を持つのは初代

個性の強さは輸入車の強力な魅力。中古車を購入するなら年式の新しいこの辺りがピッタリ。
走りが良いって何が良いの?このあたり、後でじっくり後述。

「E87」って何? これはモデルコード

BMWって、「E87」とか「F20」とか、一見すると車両型式のような品番で呼ばれる。クルマ好きの間では、会話に社名なんて出てこないw。でもこれ、車両型式じゃありません。116iの車両型式は「UE16」。

これは、モデルコードと呼ばれる品番。BMW社内で呼ばれる名前ということ。

BMWらしさは十分

初代1シリーズのグリル1シリーズはBMWの末っ子。きっとコスト重視で妥協が重ねられたと同時に、如何に安くてもブランド感を損ねるモデルは発売できないでしょう。実際に試乗してBMWらしさはどうか??

筆者ヒラリー、BMW派というよりはメルセデスベンツ派。だからBMWには詳しくない。それでもBMWらしさは伝わる。外装や内装はもうそのままの世界。ドアを開閉してもアイドリングしてもメルセデスやポルシェの音とは違う。走行してもやっぱりBMW。ほんと、ドイツのクルマというよりBMWのクルマだ。

過剰なほどFRらしい運転感覚、楽な走行よりスポーティ走行重視。それでも渋滞中でも運転しやすい。一方で犠牲になっているのは静粛性や乗り心地、便利装備。快適性能は最低限。実用車のフリして1人前のスポーティカー。こんなあたりがやっぱりBMW

ひとつの魅力はわかりやすいハンドリング性能

ゆっくり走行しても交差点でわかる自然なハンドリング。1シリーズに限らずBMWのクルマは、いつでもどこでもわかりやすい。他車ではハイパフォーマンス車って、全開走行をして初めて凄いって思えたりする。こんな場合、割高な価格分だけ楽しめるユーザーは一握り。

そして今では貴重な回頭性重視のハンドリング。低速でニュートラル、高速ではアクセルOnでオーバーステア。116iの評評判を見ると、アンダーパワーでリアが出ないなんて良く書いてあるけど、実は全然そんなことない
パワーがないのは事実で、注目はグリップレベルの低いタイヤの採用。全開走行しても、らしさがわかりやすい。

ひとつの魅力はドライバビリティの良さ

ミッションが通常のステップ6ATだったり、早開きに感じないスロットル特性により、滑らかな加速はお手の物。ギクシャクなんて気にせず加速できる。ステアリングも切りたい位置で切り始めれば良いだけだし、またスポーティで速度を感じさせないドラポジなども含め、基本的に運転しやすい。VWのようなギクシャクとの戦いはナシ。
気になるのはブレーキや各スイッチの操作性だけど、慣れれば大丈夫。

輸入車は運転しにくいというイメージ、あると思います。確かに渋滞中や市街地レベルの走行だと国産車はよく考えられていると思います。輸入車は基本、地方の道路事情にピッタリ。1シリーズ、そんな中では滑らかに発進しやすく、フロントの見切りもいい1シリーズは、市街地でも運転しやすいと思う。

試乗:内装

内装1内装2

一目でそれとわかるBMWファミリーのスタイル・デザイン。この内装が1シリーズを選択する理由であっても全然不思議じゃない。クルマを買って一番長く目にするのはやっぱり内装だからね。

内装3サイズの小さい1シリーズでは特にセンタークラスターがワイドに感じる。センタークラスターとは中央のエアコン操作部など集まる場所。高級なFR車ってみなここが広く取られているから、そこから感じる高級感もある。

あちこちをパカパカ叩いてみる。なるほどカッチリ付いているのは流石。詰まっているような印象でバラしてみたくなる。ダッシュボードとドアトリム全体、極薄ながらソフトパッドで仕上げてある。触らないとわからないから質感は低いけど、叩けばわかるからこういうのは通好みっていうのかな。

それからフロアのカーペット。Cセグメントクラスとしては厚いカーペットが使用されている。足下に伝わる振動低減とか、下からの低い音が響かないなど期待できる(実際はうるさい)。

総合的な質感に関しては最低限。BMWを知らなければ間違っても300万円のクルマには見えない。デビュー時には3シリーズ譲りの造形で普通くらいの評価だったと思うが、型落ちとなった現在では流石に厳しい。古ぼかしいじゃなくて安っぽい。メーターの質感なんて今の軽自動車にも負ける。

運転席まわりのスイッチについて

スイッチ全体

レバー左レバー右

BMWのウインカー、ワイパー、スイッチの使い方はちょっと独特です。

  • 1.システムスタートスイッチ(エンジンスタート)。
  • 2.リモコンキーを差し込む場所。
  • 3.ウインカーレバー。3-1.液晶切り替えや設定決定ボタン。3-2.上下コントロールキー。
  • 4.ワイパーレバー。4-1.間欠ワイパースイッチ。4-2.間欠時間調整。
初代1シリーズのメーター1初代1シリーズのメーター2

エクステリアのデザインについて一言

エクステリア(フロント)1シリーズのエクステリアデザイン。「ヘンチクリンなスタイル」とか「ブサカワイイ系デザイン」とか評価される変態度が高いデザイン。筆者も確かにその通りだと思うし、間違っても万人受けするデザインとは思えない。

それでも見方を変えればBMWらしさは十分。エンブレムを取ってキドニーグリルを取っ払ったってBMWらしさを感じさせるプロポーションだと思う。伝統を感じさせる風格というか、ノスタルジックな高級感というか。歴史あるブランド品といってもいい。もちろんBMWの歴史や伝統、ブランドコンセプトなんてしりませんwww。

ロングノーズのハッチバックスタイルだし、フロントはボリュームあるし、パネルはうねっていてアクが強い。現代的なカッコ良さがない反面、クラシカルな高級感を感じさせてくれるかなと。
クラシカルなプロポーションは実用上のメリットもあり、ドライバーからボンネットが視認でき、かなり前の方まで見える。フロントを壁に寄せる時などラクチン。

BMW 1series 116i (E87)

BMW

1series 116i

  • テストグレード:“標準”
  • ミッション:6AT
  • 年式:2010年
  • 型式:UE16(E87)
  • 価格:299万円

エンジン概要

  • エンジン排気量:1600cc
  • エンジン型式:N43B16A(4気筒)

その他概要

  • ボディサイズ:4240×1750×1400mm
  • 車重:1390kg
  • 発売開始時期:2004年10月〜
  • 新車時価格帯:288万円〜
当記事は「ヒラリー男爵」がお届け致します
ヒラリー男爵

系列サービスでご紹介中!

「自動車保険一括見積り」の比較。見積もりはメールか郵送で安心。
保険一括見積りサービスの比較サイト

系列サービスでご紹介中!

法人、個人事業主の「ETCカード」。複数枚契約が可能。審査無し?
セディナなど法人ETCカード

適合バッテリー

-

インターネットでバッテリー価格を確認
国産車バッテリー
ライバルと比較しての評価
エンジン質感 5段階評価

BMらしさといえば音くらい。少し振動もある。NAらしさは魅力。

駆動系質感 5段階評価

6AT。デビュー年を考えると流石の性能。

足回りの質感 5段階評価

ランフラットタイヤが原因と思われる。

内装の質感 5段階評価

BMWらしさ満点。ドラポジが良い。

外装の質感 5段階評価

伝統を感じさせる。アクは強いけどね。

快適性 5段階評価

狭い、うるさい、ゴツゴツ拾う。

FRらしさ 5段階評価

非力でも勝手にリアがでる回頭性の良さ。低出力でも関係なし。

お買い得度 5段階評価

末っ子でもBMWらしさは健在。



エクステリアは想像以上にアクが強い。しかし伝統的なプロポーションは魅力。スペース効率は見るからに悪そうだが、そんなことはどうでもいいでしょ。




辛口試乗レポートと合わせ、独断と偏見による5段階評価。同価格帯の車との相対的評価を掲載。

仕事柄ホンネを書けない?自動車評論家さま。対して閲覧ユーザー減少が怖い私達ウェブ制作者。
私達はアクセスしていただくために、ユーザー様のお役に立てることを優先します。

自動車のイメージ
長所短所を明確に、辛口評価(言いたい放題)
中古車購入にも役立つ自動車評価評論・試乗レポート。同価格帯で5段階評価。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」
「快適性」「コストパフォーマンス」

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。

試乗比較しにくい中古車購入の時こそ、中古車購入時にも役に立つレポートを送り続けて16年。これからもドライな試乗レポートでお楽しみ下さい。