「セルシオ」モデルチェンジとマイチェン、車両型式

トヨタ セルシオのモデル遍歴
自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
乗り心地や燃費、エンジン質感評価
(モデルチェンジ、マイナーチェンジの変更点や比較、追加グレード)

セルシオ・簡単モデル遍歴

トヨタの高級セダン、セルシオ。最大級の全長を持ち車格もトヨタ最大級。エンジンはすべてのグレードで8気筒でブランドイメージも国産車では最高クラス。30系セルシオの後はレクサスチャンネル専用車種となり、LSの名称でモデル継続。
モデルチェンジ・マイナーチェンジ、追加グレード特徴などを記載しています。

30系セルシオ

排気量がアップされたエンジン、ホイールベースが延長された車体、空気抵抗の大幅低減と大きく進化した3代目セルシオ。また内装は質感だけでなくデザイン自体が魅力を感じさせる優雅さを手に入れ、快適装備も充実。

2003年8月マイナーチェンジ

細部の変更だけでなくミッションの変更など大幅な変更が行われた。ビッグマイナーチェンジと呼ばれるほどの変更。

  • 外観デザインの変更・ヘッドライト、ボンネット、フェンダー、テールライト、トランクリッドが変更。
  • ミッションの変更・5ATから6ATに変更。
  • 細部変更・リヤコンビネーションレンズがLEDに変更。
  • 細部変更・タイヤのサイズ、ホイールのサイズが概ね1インチアップ。
  • 全長変更・全長は5015ミリと若干延長。
  • グレード構成変更・eRバージョンが廃止。代わりにeR仕様がラインナップ。

2000年8月デビュー時の基本グレード

  • A仕様・・・コイルスプリング(バネ)サスペンション。
  • B仕様・・・コイルスプリング(バネ)サスペンション。装備が充実。eRバージョンが用意される。
  • C仕様・・・エアスプリング(エアサス)サスペンション。Fパッケージ及びインテリアセレクションが用意される。
30セルシオ基本スペック
  • 全長・全幅・全高 4995/1830/1470mm
  • ホイールベース 2925mm
  • 車重 1830kg
  • エンジン 3UZ-FE V8-4300cc

20系セルシオ

トヨタ

2代目となったセルシオ、外観デザインの変更は最小限。オーナーでなければ初代セルシオとほとんど見分け付かない可能性あり。

中身はエンジンパワーアップに大幅な軽量化、特別なアルミキャリパーを備えるブレーキを採用。乗ってわかる官能的な面も含めドライバビリティは大幅向上して登場。

装備は一部簡素化されたが、内容はカタログデータに出ない部分も含め、きちんと進化させている点から決して軽薄なモデルチェンジでない点が非常に好ましい。
1997年のマイナーチェンジではエクステリアが大きく代わり、エンジンとミッションも変更に。20セルシオデビュー時のモデルチェンジよりわかりやすい変更が受け、人気は一段と増した。

1999年4月 特別仕様車

10thアニバーサリーが登場。C仕様およびB仕様eRバージョンをベースにシンプルな専用モノトーンカラーが用意。内装も一部専用。ホイールはBBSアルミホイールが装備される。

1997年7月マイナーチェンジ

非常に大きなビッグマイナーチェンジ。クルマとしての基本内容、デザイン、装備、すべてがモデルチェンジ並みに変更された。

  • 外装デザイン変更・ボンネット、フェンダー、バンパー、ライト、グリルの変更、リアのテールライトは高さ方向に「2ミリ」小さくなったとのこと。コレに伴い、トランクリッドもわずかに変更。
  • エンジン変更・可変バルブタイミング機構(VVT-i)が採用されてパワーアップ。
  • ミッション変更・4ATから5ATに変更。
  • 装備変更・エアバッグにサイドエアバッグが追加。
  • 装備変更・横滑り防止装置(VSC)の追加。
  • 装備変更・イモビライザーが標準装備。
  • 装備変更・ディスチャージヘッドライトが標準装備。
  • 車重増加・同グレードで70キロ前後、車重が増加。
1996年8月小変更
  • 衝突安全性向上・トヨタの衝突安全ボディー「GOA」を採用。
  • 装備変更・パワーシート関連の機能が強化。
  • グレード追加・eRバージョンが追加。この時点では本皮シートとサンルーフが装備されたグレード。

1994年10月デビュー時の基本グレード

  • A仕様・・・コイルスプリング(バネ)サスペンション。
  • B仕様・・・コイルスプリング(バネ)サスペンション。装備が充実。
  • C仕様・・・エアスプリング(エアサス)サスペンション。Fパッケージが用意される。
20セルシオ基本スペック
  • 全長・全幅・全高 4995/1830/1415mm
  • ホイールベース 2850mm
  • 車重 1650kg
  • エンジン 1UZ-FE V8-4000cc

10系セルシオ

トヨタで初のドライバーズ高級車としてデビュー。良くできた8気筒エンジン、優れた静粛性が特徴。アメリカではレクサスチャンネルよりLS400として販売。

1992年8月マイナーチェンジ
  • 装備変更・ブレーキローターの大型化。
  • 装備変更・ホイールサイズが大型化。

1989年10月デビュー時の基本グレード

  • A仕様・・・コイルスプリング(バネ)サスペンション。
  • B仕様・・・コイルスプリング(バネ)サスペンション。装備が充実。
  • C仕様・・・エアスプリング(エアサス)サスペンション。Fパッケージが用意される。
10セルシオ基本スペック
  • 全長・全幅・全高 4995/1820/1410mm
  • ホイールベース 2815mm
  • 車重 1750kg
  • エンジン 1UZ-FE V8-4000c

セルシオの歴代モデル変更点などのページ

当サイトで掲載中の試乗レポート
トヨタ・セルシオ(20系・後期) / トヨタ・セルシオ(20系前期)


※ホームページ管理部メンバーによる記憶等を頼りにしている部分が多いため、データには間違いがある可能性がおおいにあります。「運が良ければ確かな情報」という点を前提にお読み下さい。

※一部内容はウィキペディア及び自動車会社ホームページを参考にしています。

トヨタ セルシオ

  • celsior(セルシオ) 30系
  • 車両型式 : UCF30
  • 排気量 : 4300cc
  • 新車時価格 : 590万円(A仕様)
  • 30セルシオの型式
  • UCF30 - バネサス
  • UCF31 - エアサス
  • celsior(セルシオ) 20後期
  • 車両型式 : UCF20
  • 排気量 : 4000cc
  • ボディサイズ : 4995/1830/1435mm
  • 車重 : 1770kg
  • 新車時価格 : 620万円(Bユーロ)
  • 20セルシオの型式
  • UCF20 - バネサス
  • UCF21 - エアサス
  • celsior(セルシオ) 20前期
  • 車両型式 : UCF20
  • 排気量 : 4000cc
  • ボディサイズ : 4995/1830/1435mm
  • 車重 : 1640kg
  • 新車時価格 : 510万円(A仕様)
  • 20セルシオの型式
  • UCF20 - バネサス
  • UCF21 - エアサス
  • celsior(セルシオ) 10系
  • 型式 : UCF10
  • 排気量 : 4000cc
  • 新車時価格 : 500万円
  • 10セルシオの型式
  • UCF10 - バネサス
  • UCF11 - エアサス
適合バッテリー

セルシオのバッテリー詳細


-

インターネットで安くバッテリーを買うなら
自動車バッテリー

競合車との相対的評価を5段階比較で!

「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「総合快適性」「コストパフォーマンス」
同価格帯他車と、7つのジャンルでわかりやすい5段階評価。

試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価します。
(言いたい放題というやつです)
中古車購入に役立つ自動車評価評論
試乗レポート・5段階評価付き

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。