比較2ページ目/内装質感と使いやすさ・車内スペース比較

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > ライバル比較 > 0013コンパクトカー比較2016〜17-P2

2016〜17 Bセグ・コンパクト比較「2」内装

コンパクトカー比較2017年前半版のコンパクトカー比較。人気の売れ筋、ベーシックグレードを基本に比較と評価をまとめます。
いわゆるBセグメントなどと呼ばれる「全長3800〜4200mm」クラスから、ヴィッツ、フィット、マーチ&ノート、デミオ、スイフトをピックアップ。

前回からデミオを4代目に、ヴィッツはエンジンなど大きく変わったビッグマイチェン後に更新。ノートとデミオはそれぞれe-powerとディーゼルも少し触れます。都合上、スイフトは2016年までのモデルです。2016年1月登場の4代目は今回お預けです。ご了承下さいませ。

2016〜17Bセグメント・コンパクト比較

「2ページ目・内装質感と使いやすさ、車内比較」

  1. コンパクト比較基本ページ・ボディサイズや取り回し
  2. 今ここ!内装・質感と使いやすさ、車内スペース比較
  3. 走行感覚・運転感覚と乗り心地、静粛性
  4. 比較まとめ・長所と短所の短評マルとバツ

室内の質感を比較

※横長の画像はクリックで拡大します。

インパネ:ヴィッツインパネ:フィット

左がヴィッツ、右がフィット
ヴィッツのインパネはマイナーチェンジにより、アクが和らいだのが好印象。質感というよりデザイン的にまとまった。同時にカラフルに塗装されていた助手席前のパネルが一体感ある塗装に変更されたのも効いていると思う。ただし他車と比較すればまだちょっとチグハグ感残るデザインに見えてしまう時もある。

フィットはそのボリューム感からして立派。インパネもシートもドアトリムだって、造形とか細部というよりまるで1クラス上のクルマに座っているようなボリューム感。コンパクトカーらしからぬ印象から、質感とはまた違った上級感を受ける。もちろん安っぽいという意味ではなく、奥行きが表現された部分などは最近の重要項目をしっかり抑えている感がある。さらにシートも悪くないしカップルディスタンス(左右シート間距離)も広い。

インパネ:マーチインパネ:ノート

左がマーチ、右がノート
質感より価格が重視されたであろう事が容易に想像できるマーチの室内。デザイン的にも相当にアクが強い部類だろう。車両価格に割高感を感じてしまう大きな理由はここかな(現在は他車が値上がった影響でそうでもない)。そして見た目だけでなく各スイッチの操作性だって想像以上に渋く扱いにくい。この操作性に関してはフィットも良くないんだけど、エアコン操作部はオートエアコンありきというところか。

ノートの内装は大きな加飾なしでも魅力を感じる点に惹かれる。上級グレードとなる「e-power」などの内装パネルを見ると、立派な部分が目立つ反面、パネル表面の安っぽさも目立つわけだったりする。そういった点から考えると、ベーシックグレードでのまとまり感は清くお上品。落ち着きあって上級車からのダウンサイジングでも抵抗なく受け入れられそうだ。

インパネ:デミオインパネ:スイフト

 

左がデミオ、右がスイフト
インパネを始めとする車内質感でクラストップを争うのがこの2台。デミオは兄貴分達との共通イメージを持つ点から、高級感を感じやすく、ちょっとした茶目っ気というか遊び心は子供っぽくなく、欧州車ライクな印象さえ与えてくれる。コンパクトカーらしさを感じる”軽さ”も忘れずに、そんな方向性というのが良い。
ただし実際に試乗すればテカりやすいパネルは少々残念だし、グレードによりメインメーターの差別化が大きかったりする点は、大いに悩ませてくれる。

インパネやドアトリムの質感という点で評価すればスイフトは完璧。写真では特別良く見えないかもしれないが、実車を見ればビックリの質感。当たり前の造形で質感高いこれは、ノーブルという表現がピッタリだ。素材感よく仕立てよく、各スイッチやシフトセレクターの操作感も良し。
スイフトはベースグレードから文句無いのもまた魅力。ここがデミオより優れている一方、あまりにコンフォート寄りなデザインはユーザーの世代により全く魅力を感じない可能性も否定できない。なおメインメーターはマイチェンで意匠が変わり、新世代風デザインが強調される。

持論を元に順位を付け評価

1位・・・スイフト&デミオ
内装でもインパネの質感を評価させて頂けば、スイフトの内装が立派。面白みがない造形なのに作りや素材感で立派と思えるところが凄い。これがベースグレードから変わらないから、妥協することなく購入しやすいし、知人にもおすすめしやすい。

逆にインパネのデザイン的な造形で魅力的なのがデミオ。大人っぽさと遊び心が同居するデザインは国産コンパクトでは数少ないタイプだと思う。内装パネルの安っぽさはシボや反射処理の問題だろうか。立て付け剛性が気になる部分もあり、質感より造形が魅力。でもそれが重要でしょう。そしてコンパクトカー離れしたドラポジはフロントシート優先系で、ここも大きな特徴。

3位・・・フィット
知らなければコンパクトカーとは思えないボリューム感。ダッシュボード奥行きあるしセンタークラスター張り出してるし、この奥行きと厚みにはビックリ。さらにはシートも大きいし、左右シート間距離も広い。単純に体で感じる立派さっていうのかな、そういう立派さは1番。

4位・・・ノート
基本的に落ち着いた雰囲気でこれも全然悪くない。ワンポイントの加飾よりバランスの高さこそ高質感に繋がるのではないかと大いに考えさせられる。ダッシュボードなどパネル質感は今ひとつながらもパッ見は気になりにくい。センタークラスターあたりのクセが強い形状だけ、好みが別れるかも。

5位・・・ヴィッツ
ビッグマイナーでインパネ形状がまとまり、抵抗感なく受け入れやすくなったのは大進化。初期型ヴィッツの、安直に個性や遊びをもたせたデザインって、クリエイティブ分野全般で厳しいわけで。今度は前回の当コーナーで記させて頂いた点がすっかり普通ぽくなってくれた。それでも気合入った他車と比較すれば、上級クラスとの差別化を重視しているように感じてしまうイメージは大きい。

6位・・・マーチ
これは相変わらず。ただし、前回までとは状況が異なる。デミオのモデルチェンジ、ヴィッツの大幅値上げ、さらにはノートだって高くなったおかげで、相対的にマーチは割安になった。デビュー当時はタイ生産でこのクオリティでこのお値段。お得感なんて全く無かったマーチが、他車の都合により俄然お得に。
価格は2017年6月現在、なんと106万円〜!同クラス他車比で30〜40万円安いわけだけら、単純比較は厳しいかな。

その他、ちょっと取り上げたい部分

インパネ:スイフト夜間メーター:スイフト夜間

写真はスイフト(夜間)。スタンダードな造形で質感が高い=ノーブルなのは夜間でも一緒。上級感ある色使いは落ち着きがある。好みが合えば中古車世代になっても全然イケてるはず。今のところ代わりがないです。

カップホルダー1カップホルダー2カップホルダー・デミオ

カップホルダー、写真左がスイフト、写真中央がフィット。立派なのは収納できる方、パッと使えるのは穴が開いてる方。フィットの安定感高い形状も気軽に使いやすく感じる要因かと。
写真右がデミオ(写真はディーゼル)。カップ形状のドリンクはセンターコンソール部に。スタバのグランデサイズも2つなら安定して置ける。

またヴィッツ、ノート、マーチではシフトセレクターの前方にレイアウトされている。シフト操作の邪魔にならない反面、ドライバーは手を伸ばして取り、手探りで置く感覚。走行中は大変です。筆者はハンドル右前方におけるタイプが最も好み。

シートベルト・フィットカップルディスタンス・フィットカップルディスタンス・デミオディーゼル

写真左、フィットのベルト収納部。走行中に使っていないシートベルトからノイズが出にくいようにデザインされている。ココが無造作なクルマって、もっと高額な車種でも普通にある。こうした部分は気配りとか熱意とか丁寧さとか、さりげないけど密かに重要な部分じゃないのかな。
写真中央、フィットのフロントシートのカップルディスタンス(シート間距離)5ナンバーサイズの上級セダン並みの距離がある。
写真右、デミオのカップルディスタンス。数値だけでなく感覚的にも広さがわかるというのが凄い。シートがやや小ぶりな影響もあるのかな。デミオはこんな部分からもフロントシートの快適性が重視されているように思える。

居住空間のスペース

どんなクルマでもそれなりのスペースは欲しい=コンパクトカーこそスペース効率が重要ということで、小さい割に広い室内を持つクルマはやっぱり人気。
単純な広さだけでなく、タイプとしてはフロントシート優先、リアシート優先が存在し、座り心地の良さなども居住性の比較として見逃したくない部分。

差が出やすいリアシートの居住スペースを比較してみる

車内の広さで大きく差が出るのはリアシートの広さと着座姿勢。広さで選べばフィットかノートという選択肢になる。もう当たり前になってるよね。体感上、この2台が抜けている。

リアシート:フィットリアシート:ノート

写真左がフィット、写真右がノート。足下が広いのはフィット。足を奥ける位置が優れているのもフィット。また5人乗者が考えられているのがフィット。一方でシートにボリューム感あるのはノート、頭上の圧迫感少ないのもノート。4人が快適なのはノート。
乗降性でも同じように、足元がラクなのはフィットで、頭がラクなのはノート。補足としてノートはe-powerだと運転席シート下のスペースがきつくなり、つま先は入れにくい。

フィットはまた写真のように、シート下に大きくスペースがあるから、足下の自由度が高い=違和感少ない姿勢で座れる。かかと引いて座れるからね。
ノートのシート下は構造物が普通に。ホンダのフィット系は特別だ。実際のところノートのココは良い方で、例えば輸入車のVWのポロなど足を自然におろした場所に足を置けないからものすごく苦痛。国産車でもこうしたリアシートはたびたび見受けられる。フィットに着座中は足の自由度が高く、乗降性の高さもある。

なお、フィットのリアシートも手放しで完璧というわけでなく、かなり外側(ドア寄り)に着座させられる。3人掛けの意識が強いのかもと感じた。

その他モデルの特筆点

デミオのフロントシートリアシート:スイフトリアシート:マーチ

デミオ(写真左)、コンパクトカーにしては足を伸ばして座るスタイル。運転席は自然なドラポジが取りやすいプラス、ゆったり座れるといってもいい。他のコンパクトカーと比較すればシート高は低め。助手席だって「ローソファかチェアか」くらいの感覚。フロントシートを優先したければデミオということに。
仕方ないけどそのしわ寄せはリアシートに来る。どうしてもフロントシートの位置は後ろに下がるからね。前席乗員の体格が良ければ良いほど、後ろに下がる割合が大きくなる。

スイフト(写真中)、シートバック(背もたれ)が直角に近い。加えてヘッドレストもキツイ。直角に座って体上部はさらに前に出る感じで座る。筆者は5分と座っていられなかったような。

マーチ(写真右)、シートバックはまるで非常用かと思わざるをえない大きさ。高級軽自動車と比較してもミニマムサイズという表現になってしまう。画像でホワイトアウトしてる部分が身長172cmの男性。シートバックは脇の下より下まで。ヘッドレストは収納したままだと邪魔だし、伸ばしても低く、適正な位置と言えるかどうか...。さらには頭部とリアウインドも近く、残念ながらおまけシートっぽさが強い。

リアシート:ヴィッツ2こちらはヴィッツ。後席センターを除いてヘッドレストを伸ばさなくてもとりあえず座れる。フロントシート背もたれがヘッドレスト一体型でなくなったのもあり、ユーザーに優しい。スペース的には狭め。

ラゲッジのスペース

ハッチバックだからリアシートを寝かして荷物を積むことも出来るけど、商用ワンボックスではないからできれば、4人乗車の状態でそれなりのスペースは欲しいラゲッジ。4人乗車でお買い物に行けるというのが理想だと思う。

ではラゲッジの広さ。リアシートだけでなくこちらも、フィットとノート

ラゲッジ:フィットラゲッジ:ノート

写真左がフィット、写真右がノート。ライバル比較なら一クラス分大きな奥行きがある。
この2台が奥行き実測67〜68cmで同じくらい。一応、形状の違いでフィットの方が便利に利用できそう。ノートは中央部でフィットと同一。端にいくに従い強く絞られている。

ラゲッジ:フィットあと、アンダートレイ。写真はフィット。やっぱりあると何かしらに利用できる。またフィットは構造体ごと取り外してしまえば、ここに広大なスペースができあがる。非常用の非常用。

ラゲッジ:スイフトラゲッジ奥行きが短いのはスイフト。トノカバーがかなり小さいことからもそれが伝わる。 4人乗車でのお買い物なんていえば、特に厳しいことが予想できる。

ラゲッジ:ヴィッツラゲッジ:マーチラゲッジ:デミオ

画像は左からヴィッツ、マーチ、デミオ。どれもリアシートを倒した際に大きな段差ができる。ヴィッツはグレード別標準装備または純正オプションでこの段差を無くすボードが用意されている。デミオはラゲッジ開口部の最低地上高が高く、中が深いのが長所でも短所でもある。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。