コンパクトカー比較2016〜17・基本グレード編

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > 特集ライバル比較 > 0013コンパクトカー比較2016〜17

2016〜17 Bセグ・コンパクト比較「1」

2017年版のコンパクトカー比較。人気の売れ筋、ベーシックグレードを基本に比較と評価をまとめます。
いわゆるBセグメントなどと呼ばれる「全長3800〜4200mm」クラスから、ヴィッツ、フィット、マーチ&ノート、デミオ、スイフトをピックアップ。
前回からフィットを3代目に更新。デミオはすみません、2014年の旧モデルです。

コンパクトカー比較

2016〜17 Bセグメント・コンパクト比較「1」

当ページは1ページ目です。続きのページがあります

  1. 当ページ!ボディサイズや取り回し
  2. 内装質感・車内スペース比較
  3. 走行感覚や乗り心地、静粛性
  4. 長所と短所、比較まとめ

※2014年春・執筆

対象車はこんな感じ

ヴィッツ(130系)F 1300cc 新車時価格 約150万円

優雅さをウリにしていた先代から端正路線に大変身、キリリとしたエクステリアは正当派コンパクトカーなイメージ。

インプレはこちら:ヴィッツ1300cc試乗レポート

フィット(GE系)13G 1300cc 新車時価格 約130万円。

3代目となったフィット。車内スペースの広さに特徴有り。1台で全て満足なクルマを目指す。

インプレはこちら:フィット1300cc試乗レポート

デミオ(DE系)13C 1300cc 新車時価格 約115万円

デミオのみ前世代モデル。アグレッシブなエクステリア、そして一段低いドラポジは乗用車ライク。運転すれば長所短所はっきりで個性有り。

インプレはこちら:デミオ1300cc試乗レポート

マーチ(13系)X 1200cc 新車時価格 約120万円

秀逸なエクステリアを持つ先代から一変、ブサカワ系なんて呼ばれる個性派に。ノートに迫る魅力はあるのか。

インプレはこちら:マーチ試乗レポート

ノート(12系)X 1200cc 新車時価格 約130万円

同クラスでワンサイズ大きいから立派に見える。ココに着目すればコストパフォーマンスは上々。車内広さと3気筒エンジンが特徴。

インプレはこちら:ノート試乗レポート

スイフト(72系)XG 1200cc 新車時価格 125万円前後

こんな子供向けスタイルでも中身はコンパクト界きっての上級指向。質感も併せ持っているから凄い実力派タイプ。

インプレはこちら:スイフト試乗レポート

ボディサイズ比較

モデル・グレード ヴィッツ フィット デミオ スイフト マーチ ノート
1300 F 1300 G 13C XG 12X X
全長 3885mm 3955mm 3900mm 3850mm 3780mm 4100mm
全幅 1695mm 1695mm 1695mm 1695mm 1665mm 1665mm
全高 1500mm 1525mm 1475mm 1510mm 1515mm 1525mm
ホイールベース 2510mm 2530mm 2490mm 2430mm 2450mm 2600mm
トレッド(前) 1485mm 1490mm 1475mm 1490mm 1470mm 1480mm
トレッド(後) 1470mm 1480mm 1465mm 1495mm 1475mm 1485mm
車重 990kg 970kg 970kg 970kg 950kg 1040kg
タイヤ 165/70R14 175/70R14 175/65R14 175/65R15 165/70R14 185/70R14

※外寸、車重などグレードによる違いやマイナーチェンジで変更される場合があります。

一口にBセグ・コンパクトカーといっても、車種によりけっこうボディサイズが異なります。特にコンパクトなのはマーチとスイフト。逆に大きいのはノート。また室内が広いフィット、外寸は一般的です。

見切り、ボディ感覚、取り回しを比較

実用性重視のコンパクトカーだからこそ期待したい取り回しの良さや車両感覚の取りやすさ。ここはドライバーの体型や慣れによっても差が出る部分。当サイトでは男性2名、女性1名による意見を総合してまとめました。

コンパクトカーでは車体後方の感覚が取りやすいのはどれも一緒。そしてボンネット先端近くが見えないのと、ピラーが邪魔なのも一緒。つまり前方と左サイドの感覚は”特に”取りにくい。
そのほか着座位置の関係からドアミラーも見づらいなど共通の特徴があり、全体的な傾向として車両感覚が取りにくい。狭いところでラクというより、適当に回しても余裕が大きいだけ。ミドルクラス以上のクルマの方がギリギリまで寄りやすいなんて事もよくある。

だから基本、見切りは”あまり良くない”と思っていた方がいい。

デミオ、窓そんな中で運転しやすいのはデミオ。真正面を除きボディの感覚が取りやすい。特にボディ左側は寄せやすく、気付いたらドアミラーがギリギリ寄っていてビックリすることもあるほど。
そして道路の中で自車位置がわかりやすい。さらに着座姿勢は普通乗用車の感覚で、ドアミラー視認性もそんなに悪くなく、Aピラーもそんなに邪魔にならない。

もし、運転は苦手だけど狭い場所を走らなきゃならないって方はデミオ!イチオシ!!

逆に最も駐車場で困るのはコルト(この中にないけど)。前も、右も、左も、寄せにくい。ボディ左側なんて、コルトにどんなに慣れても恐る恐る適当に寄せるしか出来ないから、毎回、壁までの隙間が異なる。
それだけでなく、Aピラーが邪魔で上半身を揺すりながら斜め前を確認しなきゃならないし、ミニバンのような着座姿勢でドアミラーも見づらい。これなら上級セダン+バックカメラの方が100倍簡単。

それ以外の車種ではスイフト、良い方です。Aピラーが立っていてドライバーに近いから、コーナーでも狭い住宅街でもピラーが邪魔になりにくい。
マーチ、昔ながらのコンパクトカーという感じで、まさに等身大。見切りが良いワケじゃないけどクルマが小さく感じる。

フィットやヴィッツ、車幅感覚が取りにくく、ピラーも邪魔。特にフィットではインパネ形状からも感覚の取りにくさを感じる。ドアミラーとドラポジの関係から、交差点の信号待ちで神経使う場面もしばしば。3代目になってさらに感覚が取りにくくなった可能性も。一クラス上のような包まれ感はあるんだけどね。

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。