HIDバーナー交換P2/実作業と感想

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

HIDバーナー(バルブ)交換「2」

「元自動車整備士」がお届けするメンテやカーオーディオと用品取付コーナー
明るいヘッドライトも劣化したら明るくないw 長寿命なHIDもやっぱり劣化します。
今では非常に安価になったHIDのバーナー、いわゆるバルブ的な部分を交換して明るさを取り戻します。

04-01メイン04-17s04-04s

メンテナンスは効果が体感できなければ過剰整備という考え方があるものの、試してみなきゃ分からないという一面も。オーナー自身が暗くなったと感じるヘッドライトは安価に改善できる可能性高いです。

  1. このページ - HIDバーナー交換P1・概要とカバー外し
  2. 分割ページ - HIDバーナー交換P2・主要作業

クルマはこのスカイライン(CPV35)。
参考:日産スカイラインクーペ試乗レポート

フェアレディZやフーガなど関係が近い車種でも近い部分があると思います。

3.バーナー(バルブ)にアクセスする

04-04

ここまでカバーがめくれたら、主要な交換作業に入れます。

背を低くしてちょっと覗き込めば、ヘッドライトユニット裏側が見えると思います。

04-010s

こんな感じですね。今回交換を行うのはロービーム側なので、画像でいうところの上側です(クリックで拡大)。

3-1.外側のカバーを外す

04-11

外側のカバーを外します。

回転させることで緩み、外すことが可能です。ネジ部には防水のためと思われる加工がされているので、もしかしたら強くくっついて回しにくいかもしれません。
回す量は少なくて外れますので焦らず、ネバっという感触を感じながら、ゆっくり回して下さい。

3-2.大きなコネクターを外す

04-12

カバーを外すと大きなコネクターが見えます。

軽く捻って外します。これがちょうどバーナーの後ろ側になります。

04-13

画像はコネクターを外したところです。

4.バーナー(バルブ)を交換する

04-14sバーナーを交換する作業に入ります。

バーナーはフック状の金属ストッパーによって固定されています。最も下の辺りでフックがかかっていて、ここを外して金属ストッパー全体を上に持ち上げると、バーナーを引き抜くことができます。

※ご注意下さい。ここの作業の多くは手探りでの作業になります。仕組みはハロゲンバルブのヘッドライトなどと同様なので、経験がお有りの方は手探りでわかると思います。
初めての方は可能なら、ボンネット側からバルブ、バーナーを交換できる車種で確認してからの作業が望ましいです。よく見える車種ならすぐ、仕組みがわかると思います。

04-15s04-16s

画像は抜いたバーナーです。

バーナーの一辺に、棒のような飛び出てている部分があるので、バーナーを抜く時にこの位置を確認しながら抜くといいです。
新しいバーナーをはめる時に楽だと思います。

抜いたらハメる。これでバーナー交換が完了です。逆の手順で元に戻しますが、プラス側と思われる配線が剥き出しだったりするので、配線に負担を掛けないよう丁寧に考えながら戻していくのが安全です。

完成とあとがき

04-17s04-18s

左側が新しく交換したヘッドライト、右側がまだ未交換なヘッドライトの画像です。

カメラには自動補正が掛かりますから、見たままの明るさとは異なりますが、バーナー交換後は相当に明るくなっています。

レンズカットの中の光型を見て下さい。左側は広く広がっているのに対し、右側には偏りがあります。

交換後の試乗感は、ビックリするほど明るくなりました。対向車とすれ違う時にも前方が見やすく、狭い場所では足元を照らしてくれる範囲が全然違います。色温度は6000kという割に青っぽいです。筆者としては予想していたので問題ありません。すぐ慣れます。
一応別のクルマではベロフのHIDユニットを使っていまして、そうした高級なブランドを選択すれば色温度のケルビン数が信用できると思います。

最後に、切れないと言われるHIDですが、劣化で暗くはなります。一方で、このスカイラインクーペのように古くなると、ヘッドライト表面が黄ばむ事もあり、黄ばみによる明るさ減少も言われます。
ですが他の照明など考えてもカバーの透過率低下は吸収より拡散という部分も大きいです。つまり明るさ減少はバーナー(バルブ)の劣化の方がかなり大きいと考えます。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて17年。常に最新記事が最良です。