ローハイトミニバン比較4P/長所と短所

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

2013~14 コンパクトミニバン比較「4」

コンパクトミニバン比較2013年〜2014年版のミニバン比較(コンパクト&ローハイトクラス)。手ごろな価格のステーションワゴン的クラスの比較と評価。
「全長4600mm、全高1600mm」サイズのミドルクラスとして、ウィッシュ、ストリーム、アイシス、そしてプレマシー及び一部ラフェスタハイウェイスターをピックアップ。

当ページでは「クラス対象車で評価する長所と短所」を簡潔に掲載しています。

2013~14ミニバン比較・コンパクト&ローハイト

  1. 比較評価・基本ページ
  2. 内装質感・室内スペース比較
  3. 走行感覚・乗り心地や静粛性の比較
  4. 今ココ!細部特記事項・長所と短所まとめ

その他、ちょっと気がついた部分

準備中

 

長所と短所、30秒チェック

ウィッシュ

  • 長所・・・質感高いエクステリア、充実の安全装備。廉価グレードなら割安感ある車両価格。クラス一番と感じるの静粛性の高さ。
  • 短所・・・フラフラ感+反応悪いステアフィールによる直進の走りにくさ。高速域で感じる安っぽいハンドリング。発売時期やグレードにより劣悪な乗り心地。

ストリーム

  • 長所・・・スポーティというよりレベルの高い走行性能は1クラス上。1点豪華主義といえるほど特出。他のホンダ車と比較しても走りやすいし、タイヤ滑る領域でも落ち着いた挙動で同乗者の安心感高し。
  • 短所・・・実用車とは思えぬ快適性の低さ。固い、うるさい、揺すられる。着座姿勢やスペース含めて評価すれば一言。同乗するなら運転してる方が快適。

プレマシー

  • 長所・・・ベースグレードから優れた乗り心地。ゆっくり走るだけなら良好なハンドリング。高回転の一部で響く、ツヤのあるエンジン音。便利な可変シートレイアウト。
  • 短所・・・締まりのないエクステリア。4ATと5ATモデルのもっさり感。逆に良質なれど価格が上がってしまうスカイアクティブグレード。

アイシス

  • 長所・・・Bピラーレススライドドアによる高い利便性。一目瞭然のわかりやすさ。
  • 短所・・・走行に関する部分は様々な部分でウィッシュに劣る。例えば乗り心地、ウィッシュより柔らかめ、かつ荒っぽさも顔を出す。そして一クラス上と被る車両価格。

ラフェスタ・ハイウェイスター

  • 長所・・・エクステリア。プレマシーのあくの強いフロントマスクがわかりやすくスタイリッシュに。内容はプレマシーに準じる乗り心地の良さや6AT選択すれば加減速フィールも良し。
  • 短所・・・車両価格。廉価グレードじゃないから、割高感がある。

比較評価をまとめてみる

ウィッシュ、シンプルな上級指向を感じさせるエクステリアは、厚化粧でないのがポイント。顔面厚化粧でシルエットにすると平凡な自動車、いっぱいある。シルエットってボディを真っ白に塗りつぶした状態ね。

またイニシャル&ランニングコストの安さ。総額190万円で購入出来れば売却価格含め、コストパフォーマンスはとても高い。割安といえばプレマシーがライバルだけど、ウィッシュは売却時に有利。乗り心地でプレマシーに軍配。
内装はチープだけど静粛性はなかなか。安いが魅力かつ、ボディパネルの大きなこのクラスで、オーリスに少し劣るだけなのはサスガの一言。

インプレはこちら:ウィッシュ(1800cc)

ストリーム、モデル途中から「RS-Z」というグレードしかなくなった点が、特徴を全て物語る。これ、エンジン除けば正当派スポーティ。なんちゃってじゃないんです。デビュー後8年が立とうとしている現在、未だにこの魅力は健在。

旧世代的なミッションなど100%走って楽しいモデルじゃないけど、例えば雨の日など、ズルズル滑った時の安定性にはビックリ。接地感高くドライバーが余裕持てるあたりは素晴らしい。そうじゃなくても、ちょっと走れば素性の良さは感じるし、ドアを締めただけでも質感ある演出。オデッセイより素晴らしい。
一方で、実用車としての魅力は完全に失っちゃってる。同乗者が感じる乗り心地や静粛性、半端ありません。いくらウィッシュより高級感あっても、これでは誰も乗ってくれない。ミニバンルックのスポーティカー。そんな割り切りが素晴らしい。

インプレはこちら: ストリーム(1800cc)

プレマシー、とにかく市街地レベルでの乗り心地は一等賞。人を選ぶエクステリアを除けば、誰にでもオススメしたいクルマ。価格も含めてね、購入したら満足感高いと思う。

欠点は重ったるさ。4WDモデルの車重は実に1580kg。加速感や速度を上げた際のハンドリングに難あり。エンジンは高回転でほんの500回転の間だけ、マツダらしいキラメキを発揮。味わえるシチュエーションはほんのわずか。ご家族やお友達とゆっくりドライブがあってる。

ご予算許せば、新エンジン&6ATの「スカイアクティブ」というグレードがある。2013年に追加ラインナップされたこちら、キャラクターは全然別物。エンジン&ミッションの質感良好。一方でサスペンションは固めかつ質感低い。乗り心地はいただけないがハンドリングはスルスルと曲がりやすいタイプなので評価は一長一短。
総合バランスはアップし、モノとしての評価は上昇。お値段アップと同乗者に厳しくなった点が厳しい。

どちらを選択するにしても、不安は売却・下取り価格。これを調整するのも値引きの役目。大幅値引きを引き出せたら良い選択肢だと思います。

インプレはこちら:プレマシー(2000cc・4WD)

アイシス、このクルマの魅力はもう単純明快。誰が見てもすぐわかる、Bピラーレススライドドアを採用している事。スライドドアが生きてくるのは、やっぱりこのクラスからだね。

内容的には、ウィッシュと兄弟車っていわれるけど、試乗した感想は初代ウィッシュに似ている。乗り心地は2代目ウィッシュ以上に厳しく、固くはないんだけど足回りのドタバタ感とかものすごい。ウィッシュの1800ccと車重を比較すれば、実に100kg以上重い。アイシスは1470kg。この車重だともう少ししっとり感を期待してしまうだけに残念。
お値段も車格的にもアイシスの方が上級車的位置づけ。ボディサイズはやや大きく、内外装のデザインは落ち着きあるタイプ。飽きにくさと実用性で選べばこっち。

インプレはこちら:アイシス(2000cc)

燃費について

比較として取り上げたウィッシュ、ストリーム、プレマシー、アイシス。筆者及び試乗スタッフの環境において、この中で燃費が良かったのはウィッシュ。
エコラン(省燃費運転)を心がけてのドライブではコンパクトカーとそう変わらぬ高燃費をキープ。車載の燃費計で表示される燃費は、市街地で12〜13km/L、郊外での走行を含めると長い期間、17km/Lあたりが表示された。ウィッシュは長い期間の平均が表示されるタイプ。

この燃費は、瞬間燃費計とニラメッコしつつ走行した時の数値だけど、普通に走っても意外に燃費良いことがわかった。免許取って初めてこの同じウィッシュを所有する女の子、なんと15km/L弱が常時表示されているらしい!
走行パターンは、市街地2割、信号の少ない通勤路8割。月500kmほど走行。先読みなど気にしなくても普通に燃費イイ。

ストリーム、雨の日含む数日間試乗し、燃費を気にしての走行は約600km。この時の燃費は、車載の燃費計で12.4km/L、満タン法で12km/L。普通でしょう。一方であまり良くなかったのはプレマシーの2000cc(4WD)。走行パターンを忘れちゃったいい加減計測だけど、同じような道を走って9km台〜10km。この燃費なら3000ccクラスだって大きく変わらないわけだから、走行距離が多い方はスカイアクティブに期待です。

当ページは4ページ目です。続きのページがあります

  1. ボディサイズや取り回し
  2. 内装質感・車内スペース比較
  3. 走行感覚や乗り心地、静粛性
  4. 当ページ!長所と短所、比較まとめ
乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。