コンパクト比較P4/長所と短所まとめ

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > 特集ライバル比較 > 0005コンパクトカー比較(スポーツ)P4

2013~14 コンパクト比較(スポーティグレード編)「4」

コンパクトカー比較2013年〜2014年板のコンパクトカー比較。スポーティモデル及びスポーティグレードの比較と評価。
Bセグメントなどと呼ばれる「全長3800〜4200mm」クラスからヴィッツG's、フィットRS、デミオ・スポルト、コルトラリーアート、スイフトスポーツ、また同サイズのクーペとしてホンダCR-Zをピックアップ。

当ページでは「比較まとめ」をメインに掲載しています。

2013~14コンパクトカー比較・スポーティグレード

  1. 比較評価・基本ページ
  2. 内装質感・室内スペース比較
  3. 走行感覚・乗り心地や静粛性の比較
  4. 今ココ!細部特記事項・長所と短所まとめ

その他、ちょっと気がついた部分

準備中

 

長所と短所、30秒チェック

ヴィッツRS G's

  • 長所・・・アフターパーツの様なエアロにサスペンションをトヨタ保証付き純正状態で購入可能。挙動変化に落ち着きがあり、逆に振り回せたり。
  • 短所・・・実用車そのままのエンジン、ミッション。

フィットRS

  • 長所・・・固いサスが好きなら意味あり。超個性的なオレンジxブラック系カラーデザインの内装。唯一4人乗れる実用性は最高。
  • 短所・・・あまりにもなんちゃってスポーツ的な内容で、けっこう高価。ミッションのぐにゃぐにゃシフトフィールも商用車のよう。

デミオ・スポルト

  • 長所・・・思い通りに走りやすい=スポーティならこれが一番。路面インフォメーションも感じやすい。日常での取り回しも良く、他車比較でスポーティなドラポジを両立。
  • 短所・・・わざわざ高価なスポルトを選ぶ意味がほとんどない。

コルト・ラリーアートバージョンR

  • 長所・・・低速域での加速力と、剛性感すごいゲトラグ製ミッション。
  • 短所・・・生い立ちと能書きは凄い。でも運転すれば洗練度MINで旧世代的。

スイフト・スポーツ

  • 長所・・・新車で買えるモデルの中ではスポーティなエンジンに、ワンランク上の上級車的感覚。
  • 短所・・・おもちゃのようなミッション。MT好きでも本気でCVTとMTを迷ってしまう。

CR-Z・アルファ

  • 長所・・・全てにおいて実用コンパクトとは次元が違う。
  • 短所・・・小さな高額車。内容からすれば破格に割高。多大な愛が必要。

比較評価をまとめてみる

趣味性が高いモデル・グレードは魅力に優劣なし。どんなクルマにも長所短所あるわけだから、それをわかって購入すれば後悔少なし。あとはコストパフォーマンス的な部分だね。安ければ許せる部分も多々あると思う。

ハンドル握った感触も内装も上級車的な質感を持ち、エンジンのフィールも悪くないのがスイフトスポーツ。だから、車庫が狭くて良いクルマを所有できないというのなら本命はこれ。欠点はMT関連の操作フィール。実用車的MTだからある程度の妥協はいる。

インプレはこちら:スイフト基本グレード少しスポーツ


デミオ・スポルト。直進性が高くそれでいて自然なコーナーリング感覚。一度味わえばがんばってるクルマという事が理解できる。加速時なんて、フロント伸び上がると言うよりリアが沈む。思い通りに走れる=スポーティ。そう感じればコレ。日常域のアクセル特性だけは閉口。特に前期モデル、神経使います。
この特徴はベースグレードとそう変わらないから、わざわざスポルトを買うこともない=コスパ最悪。加速力の違いはあれど、多少ハイレベルな内容を持つ、なんちゃってスポーツ。

インプレはこちら:デミオ1500ccスポルト


フィットRSとヴィッツRS、正当派のなんちゃってスポーツ。間違いなくエクステリアの違いが一番でかい。しかも自分で選んだエアロパーツではなく、メーカーが勝手に作って割高な価格。どちらも乗り心地の質感は最悪。
ヴィッツは「G's」となれば、サスペンションがまた違ったモノに。中級レベルの車高調と同じくらいの質感を持つサスペンションに変わる。ショックアブソーバーはこっちが全然イイ!ただしクルマの内容からすると高価。やはり見た目のデザインが気に入ればって事に。

インプレはこちら:フィットRS

インプレはこちら:ヴィッツRS G's


コルトラリーアート、ターボ付けて〜スポット増しして〜と生い立ちは本格派。でもアクセレーションやコーナーリング時の挙動など荒っぽいよね。ボディ剛性感だって体感出来るのは乗り心地の部分。サーキットではダラダラ走りを強いられる。日常ではエンジン振動が多かったりで非常に安っぽい反面、気配りの感じる装備は充実。
いつでも簡単にホイールスピンするし、こうした部分で楽しみたければコルトしかない。MTの出来はコンパクトカー1番。エンジン緩いからシフトチェンジ簡単。加速減速を楽しめる。

インプレはこちら:コルト・ラリーアートver.R


実用コンパクトを基本にサスペンションを固めたのが「なんとかRS」とか「なんとかスポーツ」。もちろん細部を念入りに煮詰めるなど手間かけてはいるだろうけど、実はエクステリアの意匠違いがメインだったりする。
そんな中にCR-Zを入れて比較すれば、やはりCR-Zだけ異質。ハッキリ言えばこれだけまともなスポーティ車。もう全然これだけ。
2人乗りだっていえばスイスポだって実質2人乗り。オタクっぽいっていえばこのジャンル全てがオタクっぽい。

ただしご予算的には、86/BRZと大差なくなる。もし購入されるなら勇気出してMT推奨。CVTは予想通り、ハマリました。

インプレはこちら:CR-Z試乗レポート

支払総額、減税対象などにご注意を

特殊なモデルや人気のグレードだと条件面が厳しいことが多かったり。例えばスイスポ、値引き5万円まったく譲らず。ただしマイチェン時期で旧モデルならナビゲーション無料だった。また例えばコルトラリーアート、値引き無し!用品サービスのみ。
条件優先の実用車と違い、指名買いに近くなるとどうしてもしょうがない。こうなれば、焦って購入せず、キャンペーンや営業マンの都合に合わせて引き出すしかないね。自分の都合ではなく売り手の都合。

そしてエコカー減税という取得税・重量税の減税措置。場合によってはグリーン税制というやつで自動車税も安くなる。車種だけでなくグレードによっても異なるから、支払総額に差が出る。

知ってる中では、スイスポは減税対象外。スイフトRSはMTのみ対象外。デミオは「スカイアクティブ」と名前が付かないグレードは減税なし。フィットだとRSハイブリッドなら最大。

それからCR-Zと86/BRZ、車両価格は近くても総額は違ったり。ただしホンダはナビゲーションが高い事が多い。気になったらとりあえずお見積もりって事ですね!

当ページは4ページ目です。続きのページがあります

  1. コンパクトカー比較基本ページ
  2. 内装質感・車内スペース比較
  3. 走行感覚や乗り心地、静粛性
  4. 当ページ!長所と短所、比較まとめ
乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。