コンパクト比較P2/内装質感・車内スペース比較

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > 特集ライバル比較 > 0005コンパクトカー比較(スポーツ)P2

2013~14 コンパクト比較(スポーティグレード編)「2」

コンパクトカー比較

2013年〜2014年版のコンパクトカー比較。スポーティモデル及びスポーティグレードの比較と評価。
Bセグメントなどと呼ばれる「全長3800〜4200mm」クラスからヴィッツG's、フィットRS、デミオ・スポルト、コルトラリーアート、スイフトスポーツ、また同サイズのクーペとしてホンダCR-Zをピックアップ。

当ページでは「内装質感・車内スペース比較」をメインに掲載しています。

2013~14コンパクトカー比較・スポーティグレード

「2ページ目・内装質感・室内スペース比較」

  1. 比較評価・基本ページ
  2. 今ココ!内装質感・室内スペース比較
  3. 走行感覚・乗り心地や静粛性の比較
  4. 細部特記事項・長所と短所まとめ

室内の質感を比較

インパネ:フィットインパネ:フィット2

インパネ:ヴィッツG's

上がフィット、続くのがヴィッツ(G's)。
ヴィッツはものすごく安っぽいけど、助手席前のカラーパネルが黒系になりました。ベーシックグレードと比較し、どちらかといえば普通ぽくなっています。
フィットはホンダらしく造形が凝ってる。部品点数も多そう。ちょっと加飾が加わることで立派に見える。RSではオレンジのシート表皮だったり本革コンビだったり、写真とは細部が異なります。RSの内装は別ページに掲載。

インパネ:デミオインパネ:コルトラリーアート

左がデミオ、右がコルト。
デミオ、室内全体で、最上級グレードといってもベースグレードとほとんど変わりなし。メーターのみゴージャスになる。ただこのメーター、針が太くて動きにもっさり感を感じる。総合して演出という面では全然ダメ。
コルトは意外と上級指向のデザイン。装備も充実。ただし質感は今一つ。各操作から異音がしたり隙間が目立ったりパカパカだったり。エアコンスイッチも渋くて気になる。

インパネ:CR-Zインパネ:スイフトスポーツ

 

左がCR-Z、右がスイフト。
CR-Zはそれなりに凝ったデザインにそれなりの質感。元ネタはインサイトだろうけどうまくオメカシ出来てる。スイッチ多かったり明るい色使いだったり演出もうまいね。
スイフトは凄い。いやスイス”ポ”の値段を考えればダメダメだけど、ベースグレードの価格や車格を考えるとものすごい。普遍性の高いデザインに質感勝負。これぞノーブル!正当派!

順位を付けて評価してみる

問答無用でスイフトの内装が1番!車両価格はやや高めながら、ベースグレードでも圧倒的に質感が高い

インパネ:スイフト2

上部スイスポの写真は写りが悪くごめんなさい。
こちら、スイフト(XG)の内装インパネです。

インパネ:スイフト夜間メーター:スイフト夜間

写真はスイフト(夜間)。スタンダードな造形で質感が高い=ノーブルなのは夜間でも一緒。上級感ある色使いは落ち着きがある。


インパネ:CR-Zメーター夜間

2番手にはCR-Z。こちらはまぁ、お値段高いですから参考まで。明るいシート色などスペシャリティ感あって、やっぱり実用コンパクトとはちょっと違う。コクピットに収まるだけで喜びを得られるクルマまであと一歩。惜しい!見た目以外では安全に直結するスイッチの押し心地などは悪くない。

3番手4番手にコルトとフィット。お上品なまとまりで選べばコルト、個性的なホンダらしさで選べばフィット。機能性まで含めると、各部スイッチの操作性の高さ、視界の良さ、異音の出にくさでフィット。

5番手にヴィッツ。チープ&チープ。200万円近い車両価格を考えれば許されないレベルでしょう。

6番手にデミオ。質感はヴィッツといい勝負。違いは、ベースグレードとの差別化がほとんど無い点。ヴィッツはパネルカラーが異なっていたり。気にされる方には大事なポイントでしょう。

カップホルダー1カップホルダー2

カップホルダー、写真左がスイフト、写真右がフィット。立派なのは収納できる方、パッと使えるのは穴が開いてる方。

居住空間のスペース

コンパクトカーのスポーティグレードって、どれも割高感が強い。イコール趣味性の高いクルマっていってもいい。だからそんなに車内スペースが注目されるわけじゃないみたい。
とりあえず、非常時に少し乗れればいいかってことなら、どれでもOK!

リアシート:フィット車内の広さで大きく差が出るのはリアシートの広さと着座姿勢。広さで選べばやっぱりフィット。頭3つくらいリード。

前後方向のスペースは、そのボディサイズを考えればガマンしなきゃいけないレベルに近づいた。あと望むのは座りやすさとかゆったり感の向上か。フィットはコンパクト界のミニバン的存在だからね。


フロントシート:CR-Z

CR-Z。前席はドライビングポジションの自由度が高く、好みに合わせたポジションが取りやすい。下げると不自然なVWなどと違い、下げても上げてもバランスが取れている。テレスコピック作動量が大きいのは嬉しい。
リアシート、全く期待しないで下さい。前期モデルではフロアマットが用意されなかったほどで。。。

デミオのフロントシートデミオのリアシート

デミオ、コンパクトカーにしては足を伸ばして座るスタイル。運転席は自然なドラポジが取りやすいプラス、ゆったり座れるといってもいい。他のコンパクトカーと比較すれば低め、クルマ全体だと標準的。フロントシートを優先したければデミオということに。
仕方ないけどそのしわ寄せはリアシートに来る。どうしてもフロントシートの位置は下がるからね。

フロントシート:スイフトペダルレイアウト:スイフトリアシート:スイフト

スイフト、フロントシートは小柄な方にはゆったりといってもいいサイズで、比較すれば座り心地悪くない。MTの場合はペダルレイアウトに少々クセありかも。
リアシートはシートバック(背もたれ)が直角に近い。加えて、ヘッドレストを伸ばしてないと背中を押し出す形状をしている。それにより、直角に座って体上部はさらに前に出るカタチに。大人は5分と座っていられません。

リアシート:ヴィッツG's1リアシート:ヴィッツG's2

こちらはヴィッツ。シートやドラポジなど違和感少なく馴染みやすい。個人的にはペダルレイアウトもそう感じる。
トヨタ車が初めての方でも、きっとすぐ馴染みと思うこの良さ、地味だけど侮れず。

フロントシート:コルトラリーアートリアシート:コルトラリーアート

コルト、ミニバンと同じようなアップライトな姿勢を取らされる。他車と比較すれば車高全高も高い。
その分、リアシート足下に余裕があるかといえば、ない。残念。一応、少々のスライドとリクライニングは可能。

ラゲッジのスペース

サラッといきます。評価というより感覚。見たまんまでw。

ラゲッジ:フィットラゲッジの広さ、リアシートだけでなくこちらも余裕あるのはフィット。
ライバル比較なら一クラス分奥行きがある。

ラゲッジ:スイフトラゲッジ奥行きが短いのはスイフト。トノカバーがかなり小さいことからもそれが伝わる。

ラゲッジ:コルトラゲッジ:コルトラリーアート

狭い〜コルト。しかし他車とは違った方法でリアシートを折りたたむのがコルト。いわゆるダブルフォールディングというタイプで、フロアがフラットなラゲッジスペースを作ることができる。他車ではコンパクトSUVのラッシュ&ヴィーゴが同様のタイプを採用。荷物積んだ際、防御壁として使える。

ラゲッジ:ヴィッツG'sラゲッジ:デミオ

ヴィッツとデミオ、広さ的に大差なし。ヴィッツはハッチ開閉が渋い。デミオは開口部地上高が高い。ショッピング時は共にリアシートに積む方を多用しそう。

フロントシート:CR-Zフロントシート:CR-Z

CR-Z、ハイブリッドだからバッテリーを積載。トランクフロアが高い。奥行き的には、フロントシートを後ろに下げてもこんな感じでゴルフバッグは入る。

次のページ!3ページ目、室内の質感、車内スペースについて

当ページは2ページ目です。続きのページがあります

  1. コンパクトカー比較基本ページ
  2. 当ページ!内装質感・車内スペース比較
  3. 走行感覚や乗り心地、静粛性
  4. 長所と短所、比較まとめ
乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。