2ページ目/内装質感・車内スペース比較

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > 特集ライバル比較 > 0005コンパクトカー比較P2

2013~14 Bセグ・コンパクト比較「2」内装

コンパクトカー比較

2013年〜2013年版のコンパクトカー比較。人気の売れ筋、ベーシックグレードを基本に比較と評価をまとめます。
比各対象車にはヴィッツ、フィット、マーチ&ノート、デミオ、スイフトをピックアップ。

当ページでは「内装質感・車内スペース比較」をメインに掲載しています。

2013~14コンパクトカー比較・ベーシックグレード

「2ページ目・内装質感・室内スペース比較」

  1. 比較評価・基本ページ
  2. 今ココ!内装質感・室内スペース比較
  3. 走行感覚・乗り心地や静粛性の比較
  4. 細部特記事項・長所と短所まとめ

 

室内の質感を比較

インパネ:ヴィッツインパネ:フィット

左がヴィッツ、右がフィット
ヴィッツはものすごく安っぽいけど、助手席前のカラーパネルが特徴。黒一緒にならないようにがんばってる。フィットは造形が凝ってるから、加飾でかなりイメージが変わる。上級グレードならファーストカーとしての所有満足度も満たしてくれそう。弊害としてはエアコンスイッチが使いにくい。

インパネ:マーチインパネ:ノート

左がマーチ、右がノート
日産の誇るビッグネーム2台、基本同じクルマとは思えないほど意匠が異なる。マーチはあと20万円安くても良いんじゃないかと思えるほど安っぽい。少なくても日本のデザインじゃないよね。エアコンスイッチも渋く扱いにくい。
またインパネ〜センタークラスターを叩けばパンパン。思いっきりはめ込まれていそう。なんだけど、地方のレンタカーを見ると異音が出やすい可能性あり。

ノートの内装はコンパクトカーとしては良い方だと思う。それなりの質感があるからこそ、普通っぽいデザインも生きてくる。

インパネ:デミオインパネ:スイフト

 

左がデミオ、右がスイフト
マーチ、ヴィッツと同じように内装の質感が低いのがデミオ。ダッシュボード〜ナビパネル周辺まで間延びした面積が大きく、加飾しようが何しようが効果無し。マツダらしいノッペリ感で質感最低レベル。

スイフト、意外にもノート同様に上級指向。しかも単純に落ち着いてるだけのノートとは違い、デザイン細部もパネル質感も全体的に洗練されてる。部品点数少なく軽自動車以下の質感だった旧スイフトからは大きくレベルアップ。
よく見ればそりゃアラも見受けられるが、そこはピラミッドの底辺、これで文句を言うと買うクルマがなくなっちゃう。それくらい、このクラスで現状選べる中ではズバ抜けて最高でしょう。

順位を付けて評価してみる

問答無用でスイフトの内装が1番!車両価格はやや高めながら、ベースグレードでも圧倒的に質感が高い

2番手3番手にはノートとフィット。この2台はベースグレードだと最低限の質感ながら、上位グレードを選択すると加飾で立派に見える。デザイン的には上級感ある造形でノート、ホンダらしい独自性でフィット。

456番手にヴィッツ、デミオ、マーチ。ヴィッツは明るいカラーパネルが使われているが、目を引くその部分が安っぽい。シートカラー含めがんばってはいるけど、叩けばトヨタ車らしくパカパカ。
デミオとマーチは叩けばセンタークラスターなどしっかり固定されている感あり。それでも2台ともノイズ発生。そして2台とも無駄のなさは完璧!軽自動車より華がない

インパネ:スイフト夜間メーター:スイフト夜間

写真はスイフト(夜間)。スタンダードな造形で質感が高い=ノーブルなのは夜間でも一緒。上級感ある色使いは落ち着きがある。

カップホルダー1カップホルダー2

カップホルダー、写真左がスイフト、写真右がフィット。立派なのは収納できる方、パッと使えるのは穴が開いてる方。

居住空間のスペース

どんなクルマでも最低限のスペースは欲しい=コンパクトカーこそスペース効率が重要と考えれば、最も重要なのは室内の広さ。一方で、通勤用や初めての1台として、完全なプライベート用途としても需要もあるという。そうなるとフロントシートの空間が最も重要。どちらのタイプも選べるのが嬉しい。

リアシート:フィットリアシート:ノート

写真左がフィット、写真右がノート。車内の広さで大きく差が出るのはリアシートの広さと着座姿勢。広さで選べばフィットかノートという選択肢になる。体感上、この2台が抜けている。

なんで?着座姿勢がアップライトといっても、他のコンパクトカーも多くは同じような感じだから特別というわけじゃない。あと望むのは座りやすさとかゆったり感の向上か。コンパクト界のミニバン的存在だね。

ボディサイズを見れば、ノートは競合車より大きい。フィットと比較しても20cmほど全長が長い。ある意味ノートは広くて当然。凄いのはフィット。フィットはまた写真のように、シート下に大きくスペースがあるから、足下の自由度が高い。輸入車になるがVWのポロなど足を自然におろした場所に足を置けないからものすごく苦痛。フィットの方が座りやすい。

フィットとノート、優劣を付けるとすればノートの方が前後長は余裕ある。ドライバーがポジションを取った状態でね。でも残念なのは、どっちも落ち着いては座ってられない。滑ったりそわそわしたり。

デミオのフロントシートリアシート:スイフトリアシート:マーチ

デミオ(写真左)、コンパクトカーにしては足を伸ばして座るスタイル。運転席は自然なドラポジが取りやすいプラス、ゆったり座れるといってもいい。他のコンパクトカーと比較すれば低め、クルマ全体だと標準的。フロントシートを優先したければデミオということに。
仕方ないけどそのしわ寄せはリアシートに来る。どうしてもフロントシートの位置は下がるからね。

スイフト(写真中)、シートバック(背もたれ)が直角に近い。加えて、ヘッドレストを伸ばしてないと背中を押し出す形状をしている。それにより、直角に座って体上部はさらに前に出るカタチに。大人は5分と座っていられません。

マーチ(写真右)、シートバックは座椅子くらいの大きさでミニマムサイズ。ホワイトアウトしてる部分が身長172cmの男性。シートバックがあるのは脇の下より下らへんまで。ヘッドレストは収納したままだと邪魔だし、伸ばしても低く、適正な位置と言えるかどうか。。。これも完全におまけシートみたい。

リアシート:ヴィッツ1リアシート:ヴィッツ2

こちらはヴィッツ。見て下さいこの立派な邪魔な、シートバック一体型ヘッドレスト。

リアシートに人が座れない訳じゃないけど、圧迫感はものすごい。なんというか、精神的とか視覚から来るイメージ的にね。

ラゲッジのスペース

ハッチバックだからリアシートを寝かして荷物を積むことも出来るけど、特別な場合を除いてあんまりスマートじゃない。賢い収納はやはり外から見えない収納でしょう。できれば4人乗車の状態でそれなりのスペースは欲しい。

クルマの用途として、ファミリーで旅行に行くなら、一クラス上のCセグメントでもパンパン。なので基本、普段のお買い物とかでどれくらい荷物を積むことがあるかがポイント。コンパクトカーは気軽に近所のお店に行けちゃうからね。

ではラゲッジの広さ、リアシートだけでなくこちらもフィットとノート

ラゲッジ:フィットラゲッジ:ノート

写真左がフィット、写真右がノート。ライバル比較なら一クラス分大きな奥行きがある。
この2台が奥行き実測67〜68cmで同じくらい。一応、形状の違いでフィットの方が便利に利用できそう。ノートは中央部でフィットと同一。あと、アンダートレイ。やっぱりあると何かしらに利用できる。

ラゲッジ:スイフトラゲッジ奥行きが短いのはスイフト。トノカバーがかなり小さいことからもそれが伝わる。

ラゲッジ:ヴィッツラゲッジ:マーチラゲッジ:デミオ

ヴィッツやマーチ、デミオ、リアシートを倒した際に大きな段差できるのが弱点。ヴィッツは純正オプションでこの段差を無くすパーツが販売されている。デミオはラゲッジ開口部の最低地上高が高く、深いのが長所でも短所でもある。

当ページは2ページ目です。続きのページがあります

  1. コンパクトカー比較・基本ページ
  2. 当ページ!内装質感・車内スペース比較
  3. 走行感覚や乗り心地、静粛性
  4. 長所と短所、比較まとめ
乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。