DE型デミオ・用品取付など目次

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > タイヤやメンテ特集一覧 > デミオ・メンテナンス目次

デミオ「オプション取付・交換・メンテナンス」目次

マツダのコンパクトカー、デミオ(3代目DE型)、用品取付や消耗品交換メンテナンスの様子をまとめました。

どちらかといえばご自身の駐車場で簡単にできる作業がメイン。人力もなるべく必要ない作業をピックアップし、画像付きでまとめます。

1.純正アームレスト取付

アームレスト取付

  1. アームレスト取付1・分解と加工
  2. アームレスト取付2・車内へ取付、完成

後期から純正オプションに設定されたフロントセンターアームレスト。これを前期型デミオに取り付けました。
車体からセンターコンソールを取り外し、そこに固定し、また車体側にはステーを付け、元に戻せば完成です。必要か不必要かはともかく、手頃なドレスアップパーツとして、小さな加飾にお金を使うより効果的でしょう。

12.運転席をレカロシートに交換

レカロシート

  1. レカロシートに交換1・取付概要
  2. レカロシートに交換2・作業と注意点

シートを交換するメリットはサポート性の高さだけじゃない!クルマの挙動が伝わりやすくなり、より滑らかに走行が可能。純正に戻すと怖くて運転できないほどだから効果絶大。デミオはドライビングインフォメーションを伝えてくれる方のクルマ。だからこその、シート交換を行ってみました。

13.200mmサイズのナビを交換取付

ナビゲーション

  1. 200mmナビに交換1・取付概要
  2. 200mmナビに交換2・小加工が必要な箇所

横幅180mmの純正ナビを最近増えてきた200mmナビに交換してみました。簡単に取付可能なキットを使用して取り付けます。
加工は最小限、仕上がりも違和感なし。ネット上に前例が見つけられなかったため、あえて試してみました。

7.ステアリングの交換

ステアリング交換

  1. ステアリング交換1・エアバッグ取り外し
  2. ステアリング交換2・ステアリング取り外し
  3. ステアリング交換3・再利用パーツの移植・脱着

クルマの直進性が悪化したと感じたら、実はステアリングが原因なんてことも!手に不要なチカラが入ると良いことは何一つありません。適度なグリップと滑りやすさ、そして重量バランスが考えられたハンドルに交換すれば驚くほど良くなります。

8.スロットルバルブのクリーニング

スロットル清掃

  1. スロットルバルブのメンテ1・周辺パーツ取り外し
  2. スロットルバルブのメンテ2・清掃のポイント、効果

電子制御スロットルとなった最近のクルマでは、スロットルバルブの汚れがドライバビリディに直結。汚れれば自動で調整され、運転しづらくなっていきます。コストはわずか!メンテを行うことで運転しやすく大変身。

5.リアバンパーにリフレクターを取付

リフレクター

  1. リフレクター取付1・穴開け
  2. リフレクター取付2・完成ついでにマッドフラップ取付

ローコストで何かやりたいという欲求をかなえてくれる、適度な作業量と違いがわかりやすいビフォーアフター。
デミオのヨーロッパ名は「MAZDA2」このMAZDA2のパーツを利用し、リアバンパーにリフレクターを取り付けます。

2.エアコンスイッチなどメッキ加飾

エアコンパネル加飾

  1. 室内加飾・エアコンスイッチ等1・パネル外し
  2. 室内加飾・エアコンスイッチ等2・隠しネジなど〜完成

前期型モデルは寂しげ内装が特徴。シフトセレクターのバックライトもありません。
純正パーツを利用して室内にちょっとだけ彩りを。今回はエアコン操作部のスイッチ(ダイヤル)をシルバー塗装のタイプに交換、エアコン吹き出し口のメッキリング取付、シフトノブをシルバーカラーの入ったタイプに交換を実施。

3.スパークプラグの交換

プラグ

  1. スパークプラグの確認と交換

中古車で購入したデミオ、プラグはどんな感じだろう。変化を望む訳じゃなくて、興味本位でチェックしてみました。
焼け具合、減り具合、錆び具合、さてどんな感じか?

4.マフラーの交換(サイレンサー部分)

マフラー

  1. マフラー(サイレンサー)交換

デミオのマフラー、購入時点で後付マフラーが付いていた。オートエグゼってやつ。全然うるさくはないんだけど、発進時のアクセル特性に難あり。
ということで純正マフラーに交換します。作業はいわゆるタイコ、サイレンサー部分だけ。通常のマフラー交換作業である中間パイプはそのまま。

11.フューエルキャップハンガー取付

ハンガー取付

  1. フューエルキャップハンガー取付

ガソリン給油時、デミオにはキャップの置き場がありません!
給油完了後、キャップに神経を集中させる。さらに発進後も忘れてないか不安になる。そんなストレスを感じる方にぜひオススメしたいのが、後付ハンガー取付。今回はLEXUS扱い部品の流用品です(価格800円位)。簡単な加工を行って取り付けします。

9.エンジンフード(ボンネット)ダンパー取付

ボンネットダンパー

  1. エンジンフードダンパー1・概要と失敗例
  2. エンジンフードダンパー2・取付作業

マツダ・デミオ、エンジンフードが簡単に開閉できるダンパーを取り付けました。エンジンフード=ボンネット。
多くの高級車に付いてるあのダンパーです。低価格でD.I.Y.が楽しめ、さらにラク=頻繁にボンネットを開ける方にも良し。

10.ショックアブソーバー交換

ボンネットダンパー

  1. サスペンションダンパー交換1・フロント1準備と工具
  2. ダンパー交換2・フロント2取り外し
  3. ダンパー交換3・フロント3分解と組み付け
  4. ダンパー交換4・リア

先だって新品のサスペンション・スプリングに交換したのですが、やっぱりショックアブソーバーも交換したくなった。特定場面でのフワフワ感改善と、ゴムブッシュを動きやすい状態にして乗り心地向上を目指しました。
ショックアブソーバー交換と1G接地状態での結合部締め直しの模様。スプリング交換も同手順で行えます。

6.後付の燃費計を取付

燃費計

  1. 燃費モニターテクトム「FCM-NX1」を取付。

デミオ・スポルトには車載燃費計がない!ということで、後付の燃費計(モニターツール)の取付。OBD2車両検診コネクターに接続するタイプ。多くのアイテムで同様の取付方法になります。

3代目デミオ(DE型)の試乗レポートはこちらでぜひ

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。