デミオ・レカロシート取付/概要と行程

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

デミオ(DE型)レカロシート取付「2」

「元自動車整備士」がお届けするメンテやカーオーディオと用品取付コーナー
マツダ・デミオ、ペコペコ&フワフワになった運転席シートをレカロシートに交換。
シート交換でクルマからの情報量アップ!DEデミオの特徴であるドライバビリティの良さをパワーアップ。

12-01メイン12-1712-06

正規品だとシート1脚10万円オーバー。車両価格からすれば割に合わずも、、ドライブに与える影響は大きい。クルマの動きが素早く伝わってきて、気持ち良く、かつラクに思い通りに走らせやすくなることが期待できます。

  1. このページ - レカロシート取付P1・概要
  2. 分割ページ - レカロシート取付P2・・取付と完了

クルマはこの型のデミオ(DE型)。
参考:デミオ1500cc(スポルト)試乗レポート

参考:デミオ1300cc(13C)試乗レポート
他の車種でも同じような感じで取付できると思います。なので購入前の参考にして頂けると思います。

4.シート取り外しと、エアバッグ警告灯の対策

4-1.シートの取り外し

シート固定のボルトを外し、シート下のコネクターを抜いたら、シートを車外に下ろす。ココまでが外しの作業。フロントシートは意外と重い。そしてこれを抱えていると視界が悪い。重いからって焦ったらダメ。可能なら別の人に外から見てもらい、シートレールがボディに当たらないように指示を出して貰うと安心。

4-2.警告灯の対策をするならこの時点

サイドエアバッグ付きのシートから、エアバッグ無しのシートに交換すると当然、コネクターを指す場所がない。だから同時に、メーター内にエアバッグ警告灯が点灯(または点滅)したりする。

12-10

12-1112-12

この対策をするなら、車内が広いこの状態で行うのがベストかと。必要なのは市販されているパーツ(価格は約1000円)。ほんとのショートパーツだから、電子部品屋で売ってる電子部品で自作も簡単だと思う。

12-19

今回はこんな商品を用意してくるお店に敬意を表して、このパッケージの商品を買ってみた。定価1500円。部品代は10円だとすると、ほとんど知識料金w でもこうして販売してくれるのは感謝!やっぱり知識にはとてつもない価値があると思うよ!

5.シートとシートレール、準備と完成

5-1.シートにシートレール上部を組み付ける

12-13

シート本体の裏側にシートレール上部を取り付ける。

シートベルトアンカーも純正シートから外して移植。

レカロの説明書はこんな感じ。

12-1412-20

イメージはこんな感じでね(画像はクリックで拡大)。

5-2.シートベルトアンカーを移植する

12-18

外した純正シートからレカロシートに、シートベルトアンカーを移植します。ここは基本的に再利用。ただステーの形状違いが手に入れば、ベルトアンカーの高さを変更することが可能。

接合部のボルトは21mmや17mmヘッドだったりするので、レンチを外れないように押さえ、下にグイッと回すが吉。

※写真はデミオのシートじゃありません。アルテッツァのシート。

5-3.ボディにシートレール下部を組み付ける

12-15

外した純正シートと同じように、車体側にシートレール下部を取り付ける。

4本のボルトは均等に、偏りや変に負荷がかかったりしない状態で締め込めるよう、十分に注意して作業する。

5-4.車内で上下を固定

12-16

シート高を見ながらシートをセット。

前側2本、後側2本、6角(ヘキサゴン)レンチを使用するボルトを固定して取付完了。ここもなるべく、偏りや変に負荷がかかったりしない状態で締め込めるよう、十分に注意して作業する。

5-5.完成

12-01

取付に起因するガタがないかなどチェックし、問題なければ作業完了。経験上レカロはシートレールゆがみによるガタも出るため、問題あった場合は4本の固定ボルトを緩め、均等に締まるように心がけて締め直そう。ボルトやフレームに掛かる荷重を考えながら締めるのよw

レカロシートのシートバック。ゴムの抵抗を利用した調整になっている部分があり、購入後すぐからシートバックに大きながたつきがある場合は、この時点で購入店に即TELをオススメ!

5-6.シートとセンターコンソールの隙間

シート外側は上記の画像のような感じ。内側もそれなりに余裕あります。レカロも最近のモデルでは、コンパクトクラスに付けやすくなっています。そしてまた、コンパクトカー用レカロっていうのも用意されています。

12-21

※画像はクリックで拡大。

6.作業中の注意点とか

今回のデミオに限らず、シート交換時に気を付けたいことを3点。

シートは重い。シート脱着時はボディにキズを付けないよう細心の注意を払う。

シートレールの付いたフロントシートはけっこう重い。そして大きい。だからこれを持ち上げていると身動き取りづらい上に、予想以上に視界が狭くなる。
重いからって焦ったらダメ。可能なら別の人に外から見てもらい、シートレールがボディに当たらないように指示を出して貰うと安心。サイドステップによく、シートレールで付けただろうキズを見るよw

車体とシートの固定ボルトは固く止まってる。無理のない作業と工具を考える。

12mmヘッドや14mmヘッドのボルトで固定されるフロントシート。けっこう強いトルクで締まっていて固い。また車種によって、今は無きセルシオなんかはかなりのチカラで締まっていた。
だから可能ならメガネレンチで。ラチェットを使う場合はそれなりの強度と精度をもつ工具で。100円均一のラチェットなんかだと、ねじ切れてしまうかもしれないよ。
シートベルトアンカーを止めてるネジもけっこう固めなのでご注意を。

エアバッグ警告灯対策、エレクトリップタップは不安定なパーツだと認識する。

市販の「エアバッグ警告灯を消す」ショートパーツには、エレクトリックタップが使われている事がよくある。うまく使えば問題ないんだろうけど、完璧なパーツでは無いことを認識する。
電源線というより信号線だから問題になる可能性は少ないと思う。それでも少しは安全に意識を持って使った方がいい。 うまく通電出来なかったり、抵抗になったり、製品による精度差も少なからずある。

7.レカロシートに交換完了

シートを変えたら何が変わるか?? 簡単なインプレッションを。

12-17

レカロに限らず後付シートに変えると、車体からのダイレクト感が強くなるのが大きな長所

ちょっとした挙動もドライバーに伝わって、今までより早い段階で微調整。だから最小限の調整で澄む。イコール、滑らかに運転出来るようになる。限界付近ではタイヤのグリップ感がわかりやすいし、やっぱり無駄な操作が減るよ。

これは純正シートに戻すと、逆によくわかる。怖くて運転できーん!とw

次に乗り心地。細かなボコボコではすこーし、体が揺すられるようになるけど、大きな段差はマイルドに。結果としてトータルの乗り心地はそんなに悪くならないことが多いと思うよ。

シートバックのサイドサポートは、左足で踏ん張って体を押しつけるようにすると、有効活用出来る。ちょっと緩くてもヘーキ。座面のサイドサポートは、狭い場所での乗り降りがキツイ。これが最大のデメリットかな。

あと、滑りにくいシート表皮を採用されることが多いんだけど、バックスキン系は静電気の恐怖もある。相性の良い生地で作られた服を着ていれば平気だから、もしかしたら洋服が制限されちゃうかもね。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。