デミオ・ボンネットダンパー取付/概要と行程

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > タイヤやメンテ特集一覧 > デミオ用品取付目次 > 0004デミオ・ボンネットダンパー取付P1

デミオ(DE型)エンジンフード・ダンパー取付「1」

「元自動車整備士」がお届けするメンテやカーオーディオと用品取付コーナー
マツダ・デミオ、エンジンフードが簡単に開閉できるダンパーを取り付けました。エンジンフード=ボンネット。
多くの高級車に付いてるあのダンパーです。低価格でD.I.Y.が楽しめ、さらにラク=頻繁にボンネットを開ける方にも良し。

09-01メイン09-0509-18

最近は似非高級車が多くなってきたと思いませんか?安いクルマの装備を充実して高額にて販売。コンパクトカーじゃなくてもフードダンパーがない高額車が多いです。なので後付のダンパーの出番、というわけです。

  1. このページ - フードダンパー取付P1・概要と失敗例
  2. 分割ページ - フードダンパー取付P2・取付と完了

クルマはこの型のデミオ(DE型)。
参考:デミオ1500cc試乗レポート

参考:デミオ1300cc試乗レポート

他の車種でも同じマツダ車など近い部分があると思います。なので購入前の参考にして頂けると思います。

作業内容の概要

エンジンフードの左右2箇所と、フェンダー固定ボルトにベースステーを取り付け、そこにダンパーを取り付けます。始めから付いてるフードのつっかえ棒(フードサポートロッド)はそのまま残すと安心です。
ダンパー負荷を考え、負担を左右均等にと考えると、2人での作業が確実です。

  1. ボンネット裏側と、フェンダー取付ボルトにステーを取り付けます。計4箇所。
  2. ダンパーを取り付けます。

使用する部品、工具

  • 基本工具(ドライバーやメガネ、ラチェットなど)(今回、10mmメガネは2本欲しい)
  • 可動部グリス(商品によっては同封)

1.使用するパーツはこんな感じ

09-0209-05

オークションで購入した低価格商品です。D.I.Y.は怪しい商品の方が楽しめるw

DEデミオ用 ボンネットダンパーはオートエクゼ(AUTOEXE)などから出ておりますが、値段が21,000円とお高い!!サスペンション用のダンパーが7000円とかなんだから、あり得ないほど高い訳です。製造者の都合は知りません。
いろいろ探していたらお手頃のものを発見。 失敗しても、まぁ、しゃ〜ないと吹っ切れる?位のプライス。 ということで海外製(台湾)のボンネットダンパー5980円を購入。5980円だったから元はいくらで販売されてるんだろうwww

海外の怪しいアイテムは久々なのでちょっと不安。今回は付属の同封パーツ違いにより、説明書の図とパーツが、明らかに異なってます。もう完全に不良品!なので簡単で単純な作業ではなくなってしまいました。

しかし、ちょっとの工夫で無事、取付完了しました。失敗しない注意点を重視し失敗例を紹介しつつまとめます。

2.完成時のイメージなど

ダンパーの基本について、ダンパーは立てて取り付けるほど反発力が強くなります。いわゆるレバー比を減らすというカタチでしょうか。どの車種でも共通で、上手く取り付けられない場合はこれをキーワードにしてください。

09-0209-03

左がパッケージに入った購入時の写真。シンプルかつ普通。きちんとした商品っぽいです(後ほど商品ポイしたくなりました)。
右が取付完了した画像。デミオに同じ商品を取り付ける場合、このようにステーを取り付ければ良いです。
ボンネットの開閉角度によって若干ダンパーの伸び縮みにバラつきがあるものの、コスパ的にも許せる範囲かな。耐久性は不明です。すぐゴミになりそうな予感も。

09-04

このボンネットダンパーに付属している説明書は、「即ポイ」してください。

日本語で説明されていないのはともかく、付属している部品と説明書の画像の部品が異なり、この通りに取り付けると失敗します。

故に説明書ではないのであります。さすが外国製そこら辺は自分で何とかしなさいとのことみたい。同封されるパーツは上部の画像に加え、この他にボールジョイント部分に塗るグリースと綿棒が入っています。

※説明書の間違っている部分は同封パーツが異なっている点。なので工夫して取り付けする必要があります。

3.失敗例(説明書通りに付けたら失敗)

筆者もミジンコ並みの脳の大きさですが考え、失敗しながら取り付けました。おかげさまで脳の大きさがゴマ一粒ぐらいの大きさになりました。そこで誤った取付け方をご紹介。これからもし取付けられる方など少しでも作業時間の短縮、参考にして頂けたら幸いです。

悪い取付場所

09-0809-09

説明書がないため(みたいなものはある)1度失敗しての取付け作業となりました。

繰り返します。説明書の図とは違う部品が入っているため、その通りに付けてもうまく機能しません

左上画像ではフェンダーの取付部分は、黄色い丸の部分。右も同様。付属の説明書(もどき)では赤丸の部分に取付ける写真が載っており、惑わされました。

図の通りに取り付けるとどうなるか?

09-10

下の画像は右フェンダー。このように取り付けると、ダンパーの反発力が足りず、全く機能しません。

ボンネットを開けて手を離すと、そのまま落ちてきます

おまけにボンネットが開く角度が不足し、元々の突っ張り棒さえ掛けられません

※画像上のボルト部分に取付けは間違いです。これでは駄目です。

次のページは「P2・作業で気を付ける点など」

09-1409-15

コツというか取り付け手順がわかってしまえば、作業自体は簡単です。

気を付けるポイントはグリスアップを忘れないことや、ボールジョイントは外れ防止にピンを利用するタイプという点、これくらいです。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。