スロットルバルブのメンテ/目的・コツ・ポイント

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > タイヤやメンテ特集一覧 > デミオ用品取付目次 > 0004デミオ・スロットルバルブのメンテ2

デミオ(DE型)スロットルバルブ清掃メンテ「2」

「元自動車整備士」がお届けするメンテやカーオーディオと用品取付コーナー
マツダ・デミオ、純正パーツを利用して室内を加飾。D.I.Yで工賃節約。メンテナンスで走りやすさ復活。
今回は吸入空気量を調節してエンジン出力を調整するスロットルバルブの清掃を行いました。

08-01メイン08-1108-19

電子制御スロットルとなった最近のクルマでは、スロットルバルブの汚れがドライバビリディに直結。汚れれば汚れただけ自動で調整され、運転しづらくなっていきます。コストはわずか!メンテナンスを行うことで運転しやすく大変身。

  1. 分割ページ - スロットル清掃P1・周辺パーツ取り外し
  2. このページ - スロットル清掃P2・清掃とコツ・ポイント

クルマはこの型のデミオ(DE型)。
参考 : デミオ1500cc試乗レポート

参考 : デミオ1300cc試乗レポート
他の車種でも同じマツダ車など近い部分があると思います。なので購入前の参考にして頂けると思います。

3.掃除の目的と意味

前ページの感じでインテークホースを外すと、スロットルバルブがお目見えします。

08-10

この写真で言うと、真鍮のような金色をしてる部分がスロットルバルブ。これが開閉し、空気を吸う抵抗を作り、エンジン出力が調整されます。

新車時など綺麗な状態では全閉にならず、小さな隙間があります。この隙間から空きこむ空気でエンジンはアイドリングします。

フライバイワイヤー以前のクルマでは、別にアイドリング専用のバルブが着いていました。現在の多くのクルマでは、このバルブ一つにまとめられています。中央の黒い軸を中心して、クルクルと回ります。ちょうど、鉄棒の逆上がりができずに落ちてくるような動きです。バタフライバルブと呼ばれることもあります。

まとめると、バルブ全閉時の隙間がよごれで詰まってしまうと、スロットル特性やエンジンの安定性が大きく悪化します。実際には汚れに合わせてコンピューターが学習、自動調整を行い、最悪の事態を避けようとします。これがドライバビリティを悪化させる弊害を引き起こすと考えます。

08-1908-20

左:ビフォー。かなり詰まってました。
右:アフター。大事と思われる部分はしっかり。

ということで、電子制御スロットルを採用しているクルマでは、特にココを気を付けなければいけません。2015年現在、かなり多くのモデルが電子制御スロットルを採用しています。
電子制御スロット津でも例外としてトヨタ・バルブマチックやBMW・バルブトロニック、その他同じようなシステムでは、スロットルバルブ以外で吸気量を調整しているため、メンテナンスは気にしなくて良いと思われます。

4.清掃方法は2種類どちらか

スロットルボディを車両に付けたままメンテナンスするか、または取り外してメンテナンスするか、選択肢は2通りあります。
どちらも手間という部分では大差ありません。ワイヤーのないフライバイワイヤー方式だと、付けたままの作業も結構神経とパワーを使います。

4-1.スロットルボディを車両に付けたままメンテナンス

インテークホースまでを外し、スロットルボディは車体に付けた状態でメンテナンスを実施します。パーツの脱着に不安を感じる方は、こちらでいきましょう。

08-1108-12

キャブクリーナーをバルブの隙間に吹きかけます。最初はとにかく、必要最小限の量を吹き、固い汚れを溶かすような感覚でどうぞ。

電子制御スロットルではモーターを動力にしてバルブが回転します。そのため軸には特殊なグリスが使用されています。クリーナーでグリスを流してしまわないようご注意下さい。

08-13

写真は柔らかな内装ハガシを挟み、掃除を実行している最中です。

内部に傷を付けにくいような柔らかい物質で、かつ、ミスをしてもゴミを残してしまわないことをしっかり考えてメンテナンスを行います。

汚れの拭き取りには今回、整備用に最適なウエスを使用しました。

家庭用ティッシュやボロタオル、中途半端な布きれはご注意下さい。棒に巻き付けてバルブを押しながら作業する場合など、できればさけたいと思います。

4-2.スロットルボディを取り外してメンテナンス

バルブの裏側のスロットル清掃や作業しやすい状態でのメンテナンス。安定感ある方法はスロットルボディを外してから清掃に入る方法です。精神的な疲労という面では、外してしまった方がラクです。

08-14

スロットルボディを取り外すためにはデミオの場合、ゴムホースを抜き、ボルト4本を外すことで取り外せます。

08-1508-16

ゴムホースのうちの1本は、冷却水が回っています(画像左)。

ホースを外したら、計の合うボルトなどを差し込み、一時的に蓋をします。今回はちょうど良いボルトが見当たらなかったため、3番のプラスドライバーを差し込んでフタをしました(画像右)。

08-1708-18

ボルトは4本。このような位置で固定されています。

08-19

外してエンジン側からみてみた状態。

詰まってしまっている部分を綺麗にし、隙間を作るのが第一目的。ウエスにキャブクリーナーを染みこませ、それを汚れに染みこませるなどの方法で、溶かして除去すれば安全です。

クリーニングにあたり、丁寧に傷を付けないよう、また軸部分左右の隙間にクリーナーが入らないよう、心がけると良いと思います。

4-3.リスク覚悟でやるならこれも

08-21

エンジンに吸い込んでいるホースのどれかを外し、キャブクリーナーを吸い込ませます。これを行うことにより、吸気経路〜エンジンまでクリーナーが回り込みます。

昔から定番の方法で、クリーナーを吸い込ませる事に問題はありませんが、場合によっては弊害を引き起こす可能性もあるかもしれません。クリーナーは強力ですし、中途半端に汚れを落とすことでトラブルを引き起こしてしまう可能性など、ゼロじゃありません。

08-22

基本、やらなくてもいいけどやってみたいならリスクを覚悟で。エアフロセンサーのクリーニング。
写真のスプレーは安くはない価格で専用のクリーナーとして販売されていますが、これを利用したからといってリスクが少ないとは思えません。使ってみた感じは速乾性のブレーキクリーナーという感じです。

筆者はいままで、エアフロセンサーを掃除して調子よくなったことがありませんので、効果と必要性はわかりません。今回はついでとして、ちょっと1本買ってみました。

5.元に戻して作業終了、試乗インプレなど

07-02-2

取り外したパーツを元に戻してメンテナンス終了です。

メンテナンスが完了したら、バッテリー端子を外して待つこと数分、コンピューターをリセットさせてみると無難だと思います。

時計がずれるなど電装品を考えればバッテリーは外したくありませんが、現代のナビや高性能オーディオは、設定した内容をかなり記憶していてくれます。筆者は迷うことなくバッテリーを外すタイプです。


メンテナンスを終えて、ドライバーが感じる変化があったか? 効果大あり!クルマに興味のないおばちゃんでもわかるほどの大きな変化を得られました。やって良かったと報われる瞬間ですね。

そもそも、もともと好みでないスロットル特性が大幅に悪化し、事故の危険性を感じるほどに。飛び出し感が強くなり急遽、作業予定を組みました。アクセルが「0%」の次が「10%」とかになってしまい、駐車場だけでなく渋滞中さえ神経を使うように。
これ、オーバーな言い方じゃないんです。デミオは元々早開きが強いので、とんでもないことになってました。

滑らかな発信が出来ない、神経使うとか、燃費を考えたエコランがしにくいという方は、まずはスロットルバルブ清掃を考えてみるといいかもしれません。「自分の車は大丈夫!」もしかしたら新車の頃のフィールを忘れてるだけかもしれませんよw

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。