ウィッシュ車内制振、静粛性向上P1

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

デッドニングと制振材・防音材・吸音材その1

ヒラリー男爵がお届けするカーオーディオと用品取付コーナー
デッドニングを直訳すれば、何かを消し去るとか無益にするという意味。ということで、サウンド・デッドニングといえば雑音を消し去るみたいな感じになるのかな。よくわかりませんが車内の静粛性を上げる作業と思っています。

静粛性向上1-01静粛性向上2-13静粛性向上2-18

筆者は今まで何台かのクルマで情熱を燃やしてきました。しかしデートの為のデッドニングが、作業に追われてデートできなるという笑えないハナシも(笑)。作業はものすごく時間がかかるので、できるだけ簡単にこなすのがコツ。もしくは車格アップでクルマ買い換えちゃった方がいいです。
それでも興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。総額26500円の物量作戦など。

  1. このページ - デッドニング各材料の使用箇所と数量、金額
  2. 分割ページ - 内装の取り外しとデッドニング重点項目

クルマはこの型のウィッシュ(20系)。
参考:2代目ウィッシュ1800cc試乗レポート

他のトヨタ車でも基本的な部分は参考にして頂けると思います。

1.作業内容の概要

車内に制振材・防音材・吸音材を取り付けます。内装を分解し、「鉄板と内装の隙間」「鉄板とカーペットの隙間」に材料を貼り付けていきます。
今回、作業を行う部位はフロア、Fドア、Rドア、Rフェンダー、リアハッチです。それからフロントホイールハウスにスプレー式制振材を塗布。ボンネットやルーフ、Fフェンダー周辺は手間の都合上省いています。ウィッシュを始め実用系で小さめな車種では内装と鉄板の隙間が狭いので、無理をしないことがポイント。場合によってはプラスティックの内装裏側に、スポンジ状のエプトシーラーを貼るだけということもあります。

2.材料の知識

デッドニングを行うのに必要な工具やケミカルは最小限。お金も掛かりませんし日常的なモノです。デッドニングに使用する材料は様々な商品がいろいろなところで様々な種類が販売されているので、最低限の予備知識を持って準備した方がいいと思います。

2-1.車内デッドニングの基本的な考え方

下記の数種類の材料を使い、デッドニング作業を行います。基本的な材料は制振材・防音材・吸音材。この3つが基本。

  1. 制振材 ・・・ 振動を熱に変えるのが役割。音は振動で伝わります。ボディや内装に(裏から)直接貼ります。例えば金属に制振材を貼れば、厚くて重い金属に変えたような効果を得られます。
  2. 防音材 ・・・ 隙間からの音を遮ったり、吸音材とは異なる周波数の振動を低減します。遮音+吸音効果が期待できます。制振材の上に貼り付けて使用します。吸音材との違いはゴムやウレタンを原材料とした厚みのあるシートであることが多い。足下にしっとり感をプラスしてくれる効果も。
  3. 吸音材 ・・・ 主に耳障りな高い周波数帯を吸音します。制振材の上に貼ったり隙間を埋めます。他の材料より軽量で安価なのがポイント。クーペなど内装の大きな隙間を埋めるのにも最適。
  4. おもり材 ・・・ 重いモノ=振動しにくい。軽いモノを重くして振動を低減したり、穴をふさぐのに使用します。

3.手頃で使いやすいデッドニング材料

車両の重量増を考えなければ、なんだかんだいって”物量作戦”が有効なデッドニング。カー用品店で3000円分とか5000円分とか購入しても量が足りず効果を体感出来ないことが多々あります。
またオーディオ専門店で高価な材料を揃えれば、確かに作業の手間は減りますが合計コストはかなりの額に。1クラス上のクルマを考えられたり。。。

筆者が考えるベストは、インターネットやホームセンターで”気軽に量が買えるお得な材料”で作業を行うこと。そして作業部位を限定することで手間を抑える。まあ自分でできる物量作戦です。

3-1.筆者がウィッシュクラスで使用する材料と、数量、大まかな金額

制振材
  • レジェトレックス ・・・ 日東電工。エーモンサイズ換算で20枚。価格は20000円くらい。
  • レアルシルト ・・・ 積水化学。縦30cm×横40cmを5枚。価格は5500円くらい。
  • おとなシート ・・・ 日本特殊塗料。縦30cm×横40cmを5枚。価格は2000円くらい。
防音材
  • エプトシーラー ・・・ 日東電工。エーモンサイズ換算で6枚。厚さは10ミリ。価格は7500円くらい
  • ウレタンチップスポンジ ・・・ 90センチ幅を8メートル。価格はホームセンターで特売なら3000円。
  • 防水スポンジテープ ・・・ エプトシーラー風の2メートル巻きを5つ。価格はホームセンターで1500円。
吸音材
  • ニードルフェルト ・・・ 90センチ幅を4メートル。価格は10メートル買って3000円。
  • スポンジ吸音材 ・・・ エーモンのグレーっぽい吸音材を1箱。価格は1500円。
  • シンサレート ・・・ 住友3M。洋服からバラしたら手に入ったり。彼女に聞いて下さい。
その他
  • 鉛テープ ・・・ 適当な1巻き。価格は3000円分。
  • アルミテープ ・・・ 適当な1巻き。価格は500円。
  • スプレー制振材・・・(完全オプション)8000円分。なくていいです。

以上、全部買ったら「47500円」。けっこうしますがこの金額から想像出来ないような材料でお部屋はいっぱいになります。もちろん、一昔前だったら間違いなく倍以上のお金が必要でした。他の専門ページで勧めているメニューからしても圧倒的低価格で体感出来る静粛性(中速度以上)と満足感が得られます。筆者ヒラリー男爵を信用して下さい。

さらに節約するなら、レアルシルトとおとなシート、エプトシーラー、ウレタンチップスポンジ、鉛テープは節約できます。節約コースのお値段はなんと!「26500円!!」。節約コースでも実際の所、比べなければわからない位の差で仕上がると思います。後は作業の質次第。

とりあえずデッドニングしてみたいということなら、節約コース推奨。26500円。

それとなんで物量作戦?以前セルシオを分解してデッドニングをした際、勉強しました。ポイントは、「脅威の厚さをもつカーペット」、「小さな隙間を埋める」、「配線や内装がガサガサしないように配慮」。なんともわかりやすい。

3-2.各材料の特徴と使用箇所

上記で、複数の材料を上げさせて頂いたのは、用途に応じて使い分ける必要と、可能な限りローコストで効果を得たいが為。どういう箇所に使用するか材料ごとに考察します。

  • レジェトレックス ・・・ メインで使用する制振材。多くの場所で使用。どこにでも多重に貼る。
  • レアルシルト ・・・ 高性能なのは間違いなし。手がは入りにくく貼りにくい場所にはこちらで代用。レジェトレックスを3重4重に貼るのが面倒な場所に。
  • おとなシート ・・・ 薄いのと、ベタベタしにくいのが特徴。狭い場所かつ、再分解の頻度が高い部位に。固くて割れやすいから、曲面やデコボコ面には向かず。
  • ウレタンチップスポンジ ・・・ 防音/吸音のメイン。足下に敷き詰めるだろうから、フロアの感触もシットリして前々良くなる。フロアマットの裏側に貼り付けることも出来る。
  • 防水スポンジテープ ・・・ ドアスピーカー周囲とガサガサいうコネクターや配線に巻くのが主な用途。その他細部にも利用しやすい。
  • エプトシーラーとスポンジ吸音材 ・・・ 水に強い特性を生かし、ドアのアウターパネルに防音/吸音材として使用。室内足下など見える部分でも使おうと思えば使える外観も、生かせる時もある。
  • シンサレート ・・・ 薄くい材料でないと付けられない場所に。ドア内張の一部分や内装裏側など。
  • 鉛テープ ・・・ 穴を埋めたり、軽くて気になる部分に。一番下に貼る。上から制振材、防音材で施工。
  • アルミテープ ・・・ ブチルを目隠しする。車両に残っているブチルやレジェトレックスのはみ出したブチルに上から貼る。

次のページは「P2・内装分解やおすすめ箇所をpickup」

カーオーディオ1-13スピーカー交換1-08

次のページでは内装各部の分解やオススメの場所と優先順位についてなどを掲載します。


次のページ!内装の取り外しとデッドニング重点項目

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。