ウィッシュ・カーナビゲーション取付・配線

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

ウィッシュ、ナビゲーション取付その1

ヒラリー男爵がお届けするカーオーディオと用品取付コーナー
トヨタ・ウィッシュにカーナビゲーションを取付。下の写真のインダッシュナビを取り外し、システムアップに優れたオンダッシュナビを取付。2DIN一体型ナビでも作業内容は一緒です。

カーオーディオ1-01カーオーディオ4-45カーオーディオ1-04

なるべく短時間に、かつ安全に取付できることを目標にカロッツェリアのナビを取り付けます。オンダッシュナビということでプリアンプもないんでCD/DVDプレーヤーとして使用し、ナビが取付出来たらオーディオも取り付けます。

  1. このページ - ナビ取付のための内装の分解
  2. 分割ページ - ナビ取付のための電源の取り出しや信号線の配線
  3. 分割ページ - 別体ユニットの取付とオーディオ

クルマはこの型のウィッシュ(20系)。

参考:2代目ウィッシュ1800cc試乗レポート

他のトヨタ車でも基本的な部分は参考にして頂けると思います。

1.作業内容の概要

現在付いているインダッシュナビを取り外し、システムアップに優れたオンダッシュナビを取付。なんでかといえば、知人から譲って貰ったオンダッシュナビを付けて、別の知人にクルマを売却します。

このナビゲーションにはプリアンプが付いていないので、単純にメインアンプを追加するだけでは音楽は鳴らせません。なのでナビの後はヘッドユニットをシート下に取付。別にオーディオがないと、内蔵のCD/DVDプレーヤーの音はモニター後のモノラルスピーカーで再生されます。
別に取り付けるヘッドユニットを
プリアンプとして使用し、ラゲッジにメインアンプを設置します。

2.完成予定図

取付完了後はこんな感じになります。

カーオーディオ1-02カーオーディオ1-03

カーオーディオ1-04カーオーディオ1-05カーオーディオ1-06

こんな感じで、1DINスペースにモニターステーを取り付けし、モニターを固定します。前に倒すことでディスクを挿入することも全然OK。この方法は、PND(ポータブルナビ)でも利用できると思います。オマケでマイクの配線も隠せます。
プリアンプ(音量調節)がないことに後から気付き、オーディオヘッドユニットはシート下に設置。ドライバーは着座位置より、そおっと腕をおろすとあら不思議。ちょうど中指でボリューム調整ができるではありませんか!

3.ナビ取付のスペース確保と分解

ナビをどこに付けるかを確認します。本体、モニター、別体式ユニットなど。2DIN一体型ナビでも、別に取り付けしなければならないパーツがあることがあります。

3-1.DINスペース周辺の分解

カーオーディオ1-07

DINスペースのカバーを外します。

カーオーディオ1-08カーオーディオ1-09

カバーは5つのツメで止まっています。黄色い柔らかいツメです。筆者はいつも手で外します。
カバーを外した後のスペースには、左右に計4個のボルトが刺さります。このねじ穴を利用し、ナビゲーション本体を固定します。
奥まっているので、ラチェットと少し長めのエクステンションが必須です。

写真の穴とナビ本体をつなげるために、間に金属のステーがあります。ナビ本体とステーをくっつけ、それをここに取り付けます。ステーがない場合、ディーラーで注文すると、だいたい1000円で購入できます。

丁寧に作業するなら、周辺パネルも分解

カーオーディオ1-10カーオーディオ1-11カーオーディオ1-12

この辺りも外しておくと傷の防止になります。実際はシフトノブだけでもイイです。

カーオーディオ1-13カーオーディオ1-14

ついでにこの部品を変えちゃってもOK。ぴかぴかパネルはだいたい5000円くらい。

3-2.グローブボックスの分解

カーオーディオ1-15カーオーディオ1-16

DINスペース裏側の作業のため、グローブボックスは外しちゃった方が簡単です。
写真の丸印にある引っかかりが外れれば簡単に取れます。

グローブボックス、詳細な取り外し方法はリンク先でご紹介中。
グローブボックスの取り外しとエアコンフィルター交換

カーオーディオ1-17カーオーディオ1-18

こんな感じで外れます。

3-3.必要に応じて分解

カーオーディオ1-19カーオーディオ1-20

足下中央部分の奥のパネル。簡単に外れます。通す配線が多い場合は外した方が良いです。またこういった、左右がある内装パーツは、裏にテープを貼って、マジックで左右を書いておくと後々ラクです。

カーオーディオ1-21カーオーディオ1-22カーオーディオ1-23

カーペットの下に配線を通す場合はこの部分、左の写真2枚の内装を外す必要があります。ここは内装ハガシがないとなかなか難しいです。
カーペットの下に配線を通す場合は、クッション材か防音材で人間の体重を分散するように工夫したり、コルゲートチューブを使用してショートの危険性を出来る限り減らしてください。できれば、制振材をフロア一面に貼ってしまえばリスクは相当軽減されます。

カーオーディオ1-24

シート下の作業がある場合は、シートも外します。

写真はリアシートまで外していますが、通常はココまでは必要ありません。フロントシートだけでOK。

次のページは「P2・配線について」

カーオーディオ2-09

カーナビゲーションは基本、プラスとマイナスの電源を繋げば電気が流れます。これはどんなカー用品も一緒。これにスタートボタンに連動させるためのイグニッション/アクセサリー電源を繋げば電源が入ります。

そんな電源線と機能面で使用される信号線について。


次のページ!電源や信号線の配線について

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。