ウィッシュカーオーディオP3・アンプとアンプボード

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

カーオーディオ取付・配線 その3

ヒラリー男爵がお届けするカーオーディオと用品取付コーナー
トヨタ・ウィッシュにカーオーディオを取付。スピーカー交換、プロセッサー、アンプ、USBオーディオなど。できるだけ安価なフロント3Wayで楽しみます。自作だし車内だし、目指すは「良い音質」じゃなくて「楽しめるシステム」。当ページは3ページ目です。

カーオーディオ3-01カーオーディオ3-01-02カーオーディオ3-02

アルパインの「マルチメディアマネージャー」を使用し、デジタルサウンドプロセッサー兼プリアンプとし、比較的安価にフロント3Wayオーディオを構築しました。価格以上に遊べる、車内でちょっといじって退屈しないオモチャです。

  1. 分割ページ - システム概要や配線のイメージ図
  2. 分割ページ - 電源引き込みとケンウッドKOS-A300
  3. このページ - ラゲッジアンダートレイにアンプボード設置
  4. 分割ページ - クロスオーバーなどプロセッサーの調整

クルマはこの型のウィッシュ(20系)。
参考:2代目ウィッシュ1800cc試乗レポート

他のトヨタ車でも基本的な部分は参考にして頂けると思います。

5.ラゲッジにアンプボード設置

ウィッシュにはラゲッジ(トランク)の一番後にアンダートレイがあります。蓋を外すと出てくる秘密のスペースですね。ここにアンプとプロセッサーを設置します。

5-1.アンプボードを作ってみる

まずはアンプ等を固定するアンプボードから制作。マジックテープなどで底に直に固定する方法もありますが、実用性も考えてこの方法に。というより、ウィッシュのアンダートレイには底がない!カーペット剥がすと、そこは鉄板(笑)

カーオーディオ3-03カーオーディオ3-04

写真の黒い部分がアンプボード。作るのは簡単です。最初から付いていた底のカーペットを型にして木材をカット。レザーを貼って配線固定具を裏から固定すれば完成。

実際にはMDFをカットして(いやファルカタでもいいかも)、ニスを塗ってボンドを吹いてレザーを貼り付けます。

カーオーディオ3-05カーオーディオ3-06カーオーディオ3-07カーオーディオ3-08

絶対に守りたいお約束は4つ
  • 木材は小さめにカット。なんと!ウィッシュのここは「上が小さく下が大きい」。垂直に見て、そこに行くに従って広がっている。後下がりに斜めに入れていき、ギリギリ入るサイズに現車合わせ。
  • 隙間が出来るから、エプトシーラー(防音スポンジ)を周囲に張り、ノイズやズレ防止をする。
  • 左右から配線を通したあとのアンプボード設置だから、配線よけも考える。保護にはコルゲートチューブや防音スポンジを使用し、車両火災対策もしっかり。
  • アンプボードの下、車体側は平らじゃない。固い「ウレタンチップスポンジ」を間に挟み、圧力分散。

あまり良い写真がなくてごめんなさい。

※内張の外し方や配線通しについては、デッドニングのコーナーで掲載しています。
ウィッシュデッドニングP2・内装の分解
※作業に必要な工具類は、コントローラー設置ボックス作成のコーナーで掲載しています。
オーディオコントローラー設置、自作例P2・工具や材料

5-2.アンプボードに機材を設置

アンプボードができたら現時点で可能な配線を繋ぎ、ドリルでねじ穴を開けて固定していきます。
電源分岐に使うヒューズブロックやディストリビューションブロックなどもネジで固定します。

カーオーディオ3-09

やたらと配線が目立ちますが、余裕を持っているからだけです。実際は普通にシンプル。ラベルシール使えばとっても簡単です。

配線図は当コーナー最初のページで確認下さい。

カーオーディオ3-10カーオーディオ3-11カーオーディオ3-12

アンプ2枚にプロセッサーでも、こんな簡単に設置できます。飾りにするならアクリルボードどLEDが必須。それから二重底で配線隠しですね。チャレンジしがいあります。

写真左がミッドローとウーファー用4chアンプ。思いっきり安物だし国産ブランドでかっこわるし。
写真中央がミッドハイとツイーター用4chアンプ。アゼストだけどお気に入りです。見た目だけなんとかして。
写真右がマルチメディアマネージャーの本体部分。見せることは全く考えられていません。

電源マイナスはここに接続できる

マイナスアースはこの部分から簡単に取れます。
ワイヤーフックを外して、ボルトだけ使用します。プラス側はバッテリーから直接接続、一方でマイナス側がボディ金属部に接続する方が良いと考えます。

5-3.アンダートレイの上蓋と放熱

アンダートレイの上には蓋を被せなければシャドーインストールにはなりません。オマケにこのままでは適当な配線が目立ってしまいます。
しかし熱い車内、放熱の問題があります。筆者、以前にダイヤモンドのアンプが壊れた経験上、熱対策はやや慎重
念のため、上蓋にファンを設置しました。上蓋の左右の小さい部分を木材で作り直し、ここにファンを設置。左右で2個。自作パソコン用の12V・12センチファンです。回転数は1500rpmくらいがよろしいかと。

カーオーディオ3-13熱について結論から言えば、今回は心配ありませんでした。ファンの風を吹きつけにしようか吸い出しにしようか試している最中、なくても大丈夫そうなことに気付きました。

結局、左右の小さい上蓋を外した状態で、上にトランクマットを引いちゃいますが(写真のような状態)、1時間使って休ませたりで問題なし。夏場の昼間も平気でした。

このウィッシュ、2年間で7000km走行し、うち3分の1位、音楽を再生しました。つまりオーディオは2500kmくらい使用。1回50km走行したとして、使用は50回??

500時間かけて製作し、50時間使用して取り外しw そんな感覚ですね。新車買ってオーディオ自作される方は、ぜひ長く楽しめる計画を立てて下さい。筆者みたいにいじるためにクルマ買うようじゃいけません(笑)

次のページは「P4・スピーカーやプロセッサー設定」

カーオーディオ3-14カーオーディオ3-15

プレーヤー、プリアンプ兼プロセッサー、メインアンプとくれば、残りはスピーカーの取付。詳しくはスピーカーとドア内張分解のページにゆずりますが音的な話題など。

カーオーディオ3-16

取付が出来たら音のセッティング。これがカーオーディオならではの楽しみ。

渋滞中の暇な時間や待ち合わせの待ち時間が苦でなくなります

  1. ご自身でオタ的にのめり込むのも良し!
  2. 彼女のためのベストポジションを作っても良し!
  3. 意中の彼女がクルマに乗りたいと思わせるスペシャルなステージを構築しても良し!

どれも本命ですね。筆者はもちろん3番!セッティング、やってみたくなってきたでしょう〜。


次のページ!スピーカーとプロセッサー設定

乗り比べがしにくい中古車購入の時こそ、辛口の自動車評価と比較で、賢いくるま選びを。
試乗評価は不定期増加中!
評論家の皆様が口が裂けても言えないことを、
独断と偏見も含めて、辛口に評価。
言いたい放題こそ信用出来るがモットー。
中古車購入にも役立つ自動車評価評論
同価格帯の他車と相対的評価・5段階評価付き
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。独断と偏見による5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。これからも率直でドライなレポートでお楽しみ下さい。