自動車比較・コラム「エンジントルクダンパー」

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報

エンジントルクダンパーをFIAT500につけてみた

FIAT500のエンジントルクダンパーFIAT500ツインエア、お馴染み2気筒900ccにターボ過給器を付けた動力源を持つクルマ。

2気筒だけにエンジントルクダンパーの効果もわかりやすいはず?という仮定の下、実際に取り付けてみました。

エンジントルクダンパーをFIAT500で使ってみた

「1ページ目・当コンテンツは1ページ構成です」

取り付け作業したクルマはこちら!FIAT500

試乗レポート:FIAT500比較評価

2気筒エンジンのFIAT500に取り付け

今回エンジントルクダンパーを装着した車両は「FIAT500」。2気筒エンジンで笑っちゃうくらいの振動が心地よい?自動車。

回転を上げれば振動が多いのにも関わらず、アイドリング中はステアリング等に振動が伝わってこないという、ちょっと不思議な一面を持つ。よくよく考えれば「エンジンマウントが柔らかいクルマ」ってことだね。
新車時の状態では、前後左右、丁寧にアクションを起こしてもエンジンの揺れは大きめ。

 


FIAT500のエンジン写真はFIAT500のエンジンルーム。
向かって左側のプラ製ヘッドカバーの下あたりにエンジントルクダンパーは装着される。

それにしてもコンパクトカーと思えないほど立派で満足感さえ感じるエンジンルームだ。ボンネットダンパーが付いていても驚かないかな。
装着は多分どの車種でも、2カ所をネジで固定するだけだから、基本とっても簡単。ちょっとやりにくい場合は薄口のストレートメガネなど、工具が充実している方がやりやすそう。

エンジントルクダンパーってどんなもの?

これはエンジンとシャシーを繋ぎ、エンジンの揺れを軽減するというのを期待して取り付けるパーツ。エンジン側はつり上げ用アンカーなどにボルトで締め付け、ボディ側も適当な穴に締め付ける。
エンジントルクダンパー自体はちょっと伸縮性のある棒のようなもの。エンジンとボディを繋ぎ、突っ張って、揺れを抑える

間違いやすい点が2つ

  1. エンジントルクダンパーはエンジンの「揺れを抑えるもの」、「振動を吸収するものじゃない」。
  2. ダンパーといっても「オイル封入じゃない」。ウレタンやゴムの抵抗を利用した構造をしている。

1つ目、これ重要です。先にお伝えしたいのは、乗員に伝わる振動は増えます
2つ目、ダンパーといえばオイルが入ったオイルダンパーを想像するものだが、実は違う。ビックリしないで下さい。目的に合わせて最良の構造なはず。ウレタンやゴムがダンパーロッドの先に付いていて、これが抵抗を生み出している。多くの場合で、ほとんど棒のようなもの。いちおう手間のネジでイニシャルを調整できそうだけどね。

体感的な変化はあるか?

エンジントルクダンパーを付けたら、日常でも体感的な違いを感じる事ができるか??そりゃいくら安いパーツといってもものを考えれば割高とも感じられる値段がするパーツだから、付けたら違いを感じたいものでしょう。ファッションパーツとしてならあまりに目立たなく残念。

ということで、違いはあったか?答えは超YES!良いか悪いかは別にして、大きな変化が感じられた。
オーナーのインプレッションと筆者の感じた変化をまとめてみる。

良くなった点

  • 加速・減速・コーナーリング時、どれも運転しやすくなった。
  • アクセルオン、オフ時のエンジンの揺れが軽減した。神経質な部分が減って、エンジンの揺れを考慮してのアクセル操作が一定レベルのラフな操作を許容してくれるようになった。
  • シフトチェンジ時のエンジンの揺れが軽減した。急に駆動力を抜かれても前のめりになりにくい。装着前はシフトタイミングに合わせてアクセルを抜く・入れるという動作が必要だったが、装着後はどっちでもよくなった。
  • ハンドルを切るのが楽になった。FIAT500はクルマが小さい上に背が高い、エンジン搭載位置も高そう。そしてエンジンマウント柔らかい。つまりいくら軽量なエンジンといっても、無神経にハンドルを切れるわけではない。手前から丁寧にハンドルを切ってもグラッときやすいわけだけど、エンジントルクダンパーを付けたらかなり楽になった。

悪くなった点

  • エンジンの振動が大幅に伝わってくるようになった
  • アイドリングストップが付いているといっても、アイドリング時はものすごいブルブルする。
  • もしからしたら各部ネジが緩んだり、ステーが折れたり、心配してしまう

結局、なんの為のパーツか?

FIAT500のエンジントルクダンパーエンジントルクダンパー、繰り返しになっちゃうけど、「振動を抑えるパーツ」ではなくて、「揺れを抑えるパーツ」。という訳。

で、何を期待して装着するパーツかといえば、間違っても快適性をアップさせるパーツじゃあ、ない
(事実オーナーは1ヶ月で取り外した)

エンジントルクダンパーは、走りやすい方向に変化させ、運転する楽しみをアップさせるためのパーツだと思う。

効果は絶大。でも快適に走るだけならあまりにも大きなデメリットが残念。価格だって1万円以上〜はする。
どちらかといえば、クルマ好きを自他ともに認める方にピッタリ。
一人でドライブに行くのが好きな方や、3ペダルMTのFIAT500にお乗りの方、ミニサーキットに逝かれる方に最適と思われる。

エンジンマウントを固くするのと同じような効果

ここまで見てきて、「なんだ、強化エンジンマウントに交換するのと同じようなものじゃないか」と思った方はサスガです。
エンジントルクダンパーは実際にそんな感じがその強力版といったところ。

強化エンジンマウントとは、新車時装着のエンジンマウントより硬質なゴムを採用したエンジンマウント。

ではなんで、強化エンジンマウントじゃなくてエンジントルクダンパーを付けるのか?
答えの一つは手軽だから。何しろ、強化エンジンマウントはD.I.Yで簡単にとはいかないから、工賃が掛かる。FF車なら3万〜4万円は必要だったりする。
エンジントルクダンパーなら価格1万円で自分で取り付けできる。強化エンジンマウントよりデメリットが目立っちゃうかもしれないけれど、このコストパフォーマンスは超魅力。
余裕があるのなら、両方付けてみるのもいいかもしれませんね。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。