バキュームメーター(負圧計)メンテナンス実例

自動車試乗比較・評論メンテナンス情報
間違いいっぱいの自動車選び > タイヤやメンテ特集記事一覧 > バキュームメーター(負圧計)

エンジン負圧計について

エンジン負圧系とは、一般的に負圧系またはバキュームメーター(vacuum mater)と呼ばれます。このメーターはエンジンの負圧を表示するものです(以下、当ページではバキュームメーターと表記)。
バキュームメーターとは何か?わかる方なら一発でわかる解説として、お馴染みターボ車のブーストメーター。これも同じ圧力を表示するメーターですが、ゼロよりマイナスの部分のみ表示できるのがバキュームメーターという感じで考えても大方間違って否ません。ブーストメーターのゼロより先の正圧の部分がなく、ゼロまでを表示すると思って下さい。

筆者の認識で負圧とは、エンジンの空気を吸いたい量を表します。エンジンシリンダー吸引力という感じです。自動車は走行中、ドライバーが思ったとおりに加減速できるよう、スロットルバルブでエンジンに入る空気量をコントロールしています。空気量に応じてガソリンを噴射するようにできていますから、スロットルバルブでわざと抵抗を作ることで、エンジンの出力を調整することになります。
エンジン効率という考え方をすると、負圧=ポンピングロスということもできます。


バキュームメーターの単位は2種類あります。「mmHg」「kg/cm2」です。
ここでは「oHg」で話を進めます。

バキュームメーター、負圧計の役割と示すもの

「1ページ目・当コンテンツは1ページ構成です」

 

エンジンの負圧とは?

負圧というのは先述の通り、エンジンがあとどれだけ空気を吸えるのかを表します。エンジンは簡単にいうと、吸った酸素の量に応じて燃料を噴射し、その燃やしたエネルギー分だけ力を出します。よってバキュームメーターとはエンジンの空気を吸う力を表示するもので、言い換えると、エンジンが今の状況であとどれだけ力を出せるかを表示します。

具体的には?

では少し簡単に、少し具体的に考えてみましょう。例えば発信する時、アクセルを30%位踏んで発進するとします。この時、エンジン全開時の何%の力を使っているのでしょうか。
アクセルは30%しか踏んでないので、あと70%分は力を出せると思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません(排気量と回転数、車重等による)。仮に2000回転とします。スロットル開度とアクセルペダル開度の関係にもよりますが1500cc以下の車ですとだいたいこの状態で負圧は0近くです。

チカラのないコンパクトカーは特にアクセルペダルを少し踏んでも、スロットルは多く開きます。いわゆる早開きです。程度の大小こそあれど、このスロットル早開きと低回転を保ちたがるATにより、このようになります(燃費的な効率は良い)。

4人乗車で上り坂の状況を考えてみて下さい。加速が鈍いからってアクセルを踏んでもウンともスンとも反応せず、踏んでも意味がないって思ったことはありませんか?これがまさに負圧0近くの状態です。


また排気量は大きくても車重に対して余裕がない車でも負圧はゼロに近い状態で加速することになります(例えばの話です)。そうすると、エンジンが空気をめいっぱい吸い込んでいるので、それ以上はアクセルを踏んでも出せる力はほとんど変わらないのです。これ以上はポンピングロスの減少と空燃費がパワー空燃費に変わり、よりガソリンが濃くなって力をだすということになります。

これが大排気量車や排気量に対して軽い車だと、負圧0近くをキープしての加速は、たとえ3000回転くらいでも回りの流れを完全にリードするものになるでしょう。
アクセル開度30%だと負圧は-200〜-350位になります。

オートマチック車の場合、キックダウンすればギヤが下がり、回転数も上がるため、加速します。このように、負圧はエンジンの負荷、回転数も関係してきます。同じアクセル開度を保ったまま、回転が上がっていくとします。そうすると、回転の上昇に伴い負圧は上がっていきます。そのまま回転数が上がらなくなるとこまで来るとします。そうすると低回転で-100とかを指していたとするとこれが-400とか-500とかを指します。

簡単にいうとパワーをだせる高い回転数の方が負圧が大きく、アクセルを開けた時にパワーがついてくるって事になります。
電子制御スロットルのクルマが増え、今まで以上にアクセル開度とスロットル開度が一致しなくなってきました。コンパクトカーや2000ccクラスでは、停止からの加速中は想像以上にこの「ずれ」が大きくなっています。アクセル一定でもスロットルは勝手に大きく開いて徐々に閉じてくるなんていう制御がされています。これも、負圧計をチェックしていると動きが想像できます。
(4気筒クラスではこの方がレスポンス良く感じることが多い)。


まとめるとつまり、バキュームメーターはエンジンの負圧の状態(そのままです)を教えてくれます。負圧がわかると燃費効率の良い加速方法、エンジンの余裕、エンジン内部の健康状態などがわかります。
また、タコメーターと並んで動きが大きいので夜間のイルミネーションとしても楽しめます。バキュームメーター(負圧計)はヤフーオークションだと2000円くらいから手に入ります。ブースト計だってOK。こちらはさらに手に入りやすいはず。興味ある人はぜひ付けてみて下さい。

エンジンの健康状態、目安をチェック

アイドリング時の負圧により、エンジン内部の健康状態を想像することが出来ます。負圧とはシリンダーの吸引力。掃除機のパワーと一緒でしょうか、負圧が高いほど吸引力が強い=密閉性が高いという目安になります。

メーカーやディーラーに問い合わせをすると、アイドリング時の標準的な負圧を教えて貰えます。バキュームメーターやブーストメーターで負圧をチェックして照らし合わせれば、一つの判断材料になります。
新車時に入っているエンジンオイルと出来るだけ近い種類のエンジンオイルを注入し、オイルがほどよく温まってから計測します。

普通にドライブしている限り、走行距離10万キロくらいではそう問題はありません。経験上、この辺りの方がエンジンが元気なんじゃないの?と感じることも。
なので健康チェックはそれ以上の走行距離の場合に絞られるかもしれませんね。

手軽に試すのならカプラータイプのメーター

最近では、クルマの「検診コネクター」というカプラーに差し込むだけで作動する様々なメーターが販売されています。

負圧やアクセル開度を表示させて運転すれば、低燃費走行の技術もメキメキ上達。このタイプのメーターは反応が遅く、見ながら運転するには多少コツがいりますが、低価格な上に取り付け簡単。ほとんど配線を束ねるのが仕事っていうくらい。
エンジンルームから配線を通す必要がないため、あっという間に取り付け完了。まずはこの辺の追加メーターから初めてみるのがいいかと思います。

乗り比べが難しい中古車購入時こそ、辛口の評価と比較をぜひ!
同価格帯他車との相対評価を5段階比較で!

自動車クルマの評価評論・比較レビューの間違いいっぱいの自動車選び。単純明快な5段階評価を続けています。
「エンジン質感」「駆動系質感」「足回り質感」「内装質感」「外装質感」「快適性」「コストパフォーマンス」

感じた点をハッキリ、長所短所を明確に!

ホンネを書けない?自動車評論家さま、閲覧者さま減少が怖いウェブ制作者。私達はアクセスして頂くために率直な感想を心がけます。
独断と偏見も含め辛口に評価。”言いたい放題こそ信用出来る”をモットーに。

総合サイトマップ 間違いいっぱいの自動車選び http://car.oka-hero.co.uk/ 当サイト記事の転載を禁じます。
中古車購入時に役に立つレポートを送り続けて16年。常に最新記事が最良です。